ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第一回 KC Filipinas Golf ケーシー・フィリピナス・ゴルフ

フィリピンゴルフ! 第一回 KC Filipinas Golf ケーシー・フィリピナス・ゴルフ
広告
広告



自己紹介

はじめまして。今号からこちらのコラムを担当させてもらうことになりました大橋直輝です。フィリピン赴任前はゴルフとは無縁の生活をしていましたが、2年前の赴任当時の上司の勧めもありゴルフを始めました。正確には10年以上前に日本で一度始めたのですが、当時20代の僕のお財布にとってゴルフはなかなか厳しいものがあり数回のラウンドで断念。ということでゴルフ天国フィリピンでの再デビューです。

フィリピンの初ラウンドは赴任から3週間後のKC Filipinas(旧TAT)。この時は150近く叩きましたが、上がり3ホールの頃にはすっかりゴルフの虜。それからは毎週土日ゴルフの生活が始りました。フィリピンにはゴルフの上手い方が多く、まだまだアベレージゴルファーの域(90前後をうろうろしています)を出ない僕があれやこれや書くのは恐縮ですが、見たまま感じたままに綴っていこうと思います。コラム内で言及するコース戦略はあくまで100を切ることが目安になると思います。


KC Filipinas Golf

第一回目は、デビュー戦の舞台となったKC Filipinas Golf (以下:KCF)を紹介したいと思います。マカティから40分、アラバンからは15分とアクセスの非常に良いゴルフ場。

山岳コースのため、打ち上げ打ちおろしのホールが多く、グリーンの傾斜もきつめ。左右が狭くプレッシャーのかかるホールも多く、好き嫌いの分かれるコースではないでしょうか。

9番ホールの左側を流れています
同じく17番ティーグラウンド脇のボール売りの子供たち。
彼女のお母さんはKCFのキャディさん



コース

名物ホールはやはり三段池の構える6番ホール(パー5)、ではないでしょうか。ティーショット、2打目、グリーンを狙う3打目と三回の池越え。

2打目の狙いどころとして、キャディは十中八九、広く、グリーンにより近づける右サイドを狙えとアドバイスしてきます。そういう指導を受けているのかもしれません。

しかし僕は右サイドではなく真ん中より左側を狙います。広い右サイドを狙うと出来るだけグリーンまでの距離を稼ごうとして、ついつい打ち過ぎて右サイドのラフ、または林まで転がってしまうことも多々(僕の技術が無いだけです。)。

こうなるとフェアウェイに戻すしかない。ぎりぎりフェアウェイに残ったとしてもグリーン方向の池の上に大きな木がせり出しています。これがコース設計の妙でしょうか。

無理して狙うとたいてい木に当たって真下の池にジャボン。本当によく出来ていますね。

一見簡単なようで難所なのが4番。ティーグランドからピンが見えるほどまっすぐなホール。しかし、フェアウェイの幅が狭く、左にOB、右に林。林は隣のホールに向かって崖。2打目はグリーンをオーバーすると難しい返しが待っています。

よほどの上級者でない限り、2打目は無理してグリーンを狙わずガードバンカーに届かないクラブを選択、三打目のアプローチでしっかり乗せる。2パットでボギーとすればOKではないでしょうか。

バンカーは全ホール共通して砂が無くてとにかく硬い。KCFのバンカーをうまく打つ人もたまに見かけますが、距離感のコントロールは難しいので徹底的に避けるのが得策だと思います。




施設

KCFは併設のレストランが充実していて、美味しい和食、韓国料理を食べることができます。ただし茶屋の飲み物やアイスが付加価値税のため中途半端な値付け。小銭を用意していくと良いです。

デビュー当時、このコースに鍛えてもらったので、僕としては親しみの沸くゴルフコースです。




詳細
コース:18ホール パー72 6703ヤード(青ティー)
プレフィー
会員 平日 1,100ペソ / 休日・祝日 1,700ペソ
非会員 平日 2,700ペソ / 休日・祝日 3,400ペソ
URL: www.kcfilipinas.com
住所: Narra Road, San Antonio, San Pedro Laguna
TEL: (02)868-0267
FAX: (02)847-6669

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

今月はCanlubang Golf & Country Club (カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ)。日本人会コンペを始め各種コンペ会場としての利用されることも多いので日本人には馴染み深いコースです。
南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
「フィリピンの名門ゴルフ場は?」と聞かれて思いつくゴルフ場はマニラゴルフと、今回紹介するサンタエレナだと思います。施設の充実、行き届いたフェアウェイの管理、またプレイフィーの高さも名門と言えるでしょう。
観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。

その他

最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
僕たちには仲間がいます! タイ住みます芸人、ベトナム住みます芸人、マレーシア住みます芸人、台湾住みます芸人、インドネシア住みます芸人です。 みんなそれぞれの地域で活動しています!
今回は「フィリピンのインスタント麺パンシットを日本風にアレンジ」です。フィリピンにいる日本人は、やっぱり日本料理が恋しくなって、よく日本料理屋さんに行くのではないでしょうか?
今回は「フィリピン料理を作ってみよう!」 第2弾ということで前回のシニガンに続いてフィリピン料理シシグを作ってみました。
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
今回は「でっかい魚をつるぞパート2続き!」です。みなさん釣りをしましょう! 前回タイタイに行き釣りをしようとしたのですが、朝しか船は出せれないと言われ、カンコン農家の紹介になってしまいましたが、、 今回はリベンジしてきました!
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
フィリピン全土に支店を展開し、リース、ファイナンスを中心としたビジネスを展開するオリックスのDirector、 佐藤文彦さんにお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel