ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Sta. Elena サンタエレナ

フィリピンゴルフ! Sta. Elena サンタエレナ
広告
広告



St. Elena サンタエレナ

「フィリピンの名門ゴルフ場は?」と聞かれて思いつくゴルフ場はマニラゴルフと、今回紹介するサンタエレナだと思います。施設の充実、行き届いたフェアウェイの管理、またプレイフィーの高さも名門と言えるでしょう。週末のゲストフィーは4000ペソでしたが、10月から土曜日の午前中は6000ペソへ値上がりしました。メンバーでない限り頻繁に行けるような金額ではありませんが、それでも一度は行きたいゴルフコースです。




コース

コースは1stナイン、2ndナイン、3rdナインからなる27ホール。どのコースも名門の名に恥じない難しいセッティングで、距離もありグリーン周りのハザードの配置も巧妙で簡単にパーオンをさせてくれるホールがありません。

特にパー4のほとんどが300ヤード後半から400ヤード台のホール。よほどの上級者でない限り無理せずボギーオンを狙っていくゴルフをしたほうが良い結果が出そうです。またグリーンの速さも特徴的です。下りパットでカップに蹴られて1メートル以上ボールが転がってしまうことも珍しくありません。

5番ホールグリーン奥より撮影。グリーン手前の池がやっかい。グリーンも池に向かって傾斜しています

 

名物ホール、難ホールはいくつもありますが、1stナインの5番パー4の難しさは群を抜いてます。ティーショットは広くフェアウェイを使えますが、セカンドはグリーン手前に大きな池が待ち構えているためグリーン狙いなのか刻むのか判断が迫られます。またグリーン手前半分の下り傾斜がきついため、短ければ池に落ちていく可能性もあります。逆に、大きく打てば池に向かって下っている早いグリーンに返しのアプローチを打たなければいけません。またセカンドからも、刻んだ場合の3打目となる100ヤード以内のアプローチもフェアウェイが平坦ではありません。腕に覚えのある上級者でも池に放り込んでしまうシーンを何度も見ています。僕の場合は最近の2回のラウンドではダフり過ぎて池にも届かず結果オーライという情けない内容です。。

他にも池とクリークの配置が厳しい26番ホールパー5、隣合わせで景観的に見事な9番と18番など紹介しきれない見どころホールが満載のコースです。




食事処

サンタエレナは併設のレストランが美味しいです。お薦めはシンガポール料理のハイナンチキンライス。チキンはもちろん、付け合わせのご飯とスープもとても美味しいです。 ビールも良く冷えています!

サンタエレナ名物!?ハイナンチキンライス



詳細
コース: 27ホール パー108
プレフィー 要会員紹介
メンバー制 月会費P7,368
ビジター [平日]P1,000(9ホール)/P2,000(18ホール)
[土日祝]P2,000(9ホール)/P4,000(18ホール) (注)土曜日の午前中はP6,000
住所:Bo. Malitlit, Sta. Rosa, Laguna
TEL:049-543-1034/02-890-4653
WEB:www.staelena.com


 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはボニファシオなどのあるタギッグ市。
マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。

その他

今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
 フィリピンでもベストセラーとなっているKOOLFEVER(熱さまシート)を販売している小林製薬。謙虚、感謝の気持ちを持って様々な意見を受け入れながら、フィリピンでの「あったらいいな」を見つけ出し、フィリピン人の生活を豊かにしたい。そんな想いを持つ、KOBAYASHI PHARMACEUTICAL (SINGAPORE) PTE. LTD. MANILA BRANCH の鳥原さんにお話しを伺いました。
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ
比国に進出して50年以上、比国をASEAN地域における中核市場として位置づける「ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション」社長の柴田彦三郎さんにお話を伺いました
フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?
フィリピンでラーメン店のフランチャイズ事業をやろうと計画していますが、契約を締結する際にはどういう点に注意すればよいですか?
今回僕らは、とあるご縁からROUGEさんのライブに出させてもらう事になりました!ROUGEさんとは…Karaさん(Bass),Princessさん(Violin),Jeriさん(Guitar),Gyanさん(Drums)からなる女性四人組バンドです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel