ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第五回 Tagaytay Midland タガイタイミッドランド

フィリピンゴルフ! 第五回 Tagaytay Midland タガイタイミッドランド

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Midland

観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。シンプルながら綺麗なクラブハウス、しっかりとメンテナンスされたコースも魅力的でマニラからは多少距離があるものの何度でも訪れたいゴルフ場です。また、敷地内にはもう一つのゴルフ場Tagaytay Hilandがある他、テニス、ボーリング、乗馬、プールなどのスポーツをはじめ家族で楽しめる施設も充実しています。これらの施設を利用するには会員になる必要がありますが、会員同伴での利用も可能です。

 
コース

コースの特徴をざっとあげると、OBが無い、グリーンが早い、谷越えとなるティーショットが多い、ドッグレッグのホールが多い、でしょうか。


名物ホールは3番のショートホール。ブルーティーからでも140ヤードと距離は短めですがグリーン手前に池、グリーン奥にはバンカーが配置されグリーンは横長。池に落とすと打ち直しも池越えのアプローチですし、オーバーすればバンカーから池に向かっての返し。また山からの風の影響もありクラブ選択が実に難しいホールだと思います。続いて4番ホールも難所。フェアウェイ左サイドはティーグラウンドからグリーンまでずっと池。池を嫌って右に打ち過ぎればパーオンは難しいですし、3打目も池のプレッシャーを感じながらのアプローチになってしまいます。ボギーで上がれば御の字というホールです。

また、コースは全体的に早いグリーンですが、18番のグリーンは特に傾斜がきつく、下りラインでカップインできないとかなりの確率でグリーン外まで転がってしまいます。

 

ティーグラウンドからグリーンまで池が続く4番ミドルホール

グリーン手前の池が効いてる3番ショートホール

 

朝焼けに照らされ幻想的な雰囲気に包まれる

 

食事処

Midlandの楽しみのひとつはラウンド後の同リゾート内での食事。リゾート内に各種レストランが揃っていますが、ステーキハウスと中華は特にお薦めです。マニラ首都圏で評判の良いレストランにも全く引けを取らないレベルだと思います。

The Highlander Steakhouseのステーキはレアの状態で出してもらい自分の好みに焼くのがお薦め

 
詳細
コース: 18ホール + 9ホール (Lucky Nine)
18ホール】 Blue パー72 6708ヤード
9ホール(Lucky Nine)】 Blue パー36 3029ヤード

プレフィー
メンバー制 月会費 P4,200

[平日] 9 hole P750、18 hole P1,500

[土日祝] 9 hole P1,250、18 hole P2,500

住所:Fairways Drive, Talisay, Tagaytay, Cavite 4120
TEL:046-483-3808
WEB:www.tagaytay-highlands.com
 
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel