ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第六回 Orchard オーチャード

フィリピンゴルフ! 第六回 Orchard オーチャード
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Orchard

オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。Palmerコース、Playerコースと二つのコース計36ホールからなり、それぞれティーグラウンドも黄、青、銀、白、赤の5種類が用意されておりそれぞれのレベルに合わせて楽しめるコースになっています。個人的にはPalmerのほうが難易度が高いと感じます。

 
コース

Palmerは池などが多く配置されておりパーオンの難しいホールが多く、Playerはフェアウェイが狭くショットの正確性が求められるように感じます。また、右サイドOBのホールが多く、OB杭の代わりに使われているフェアウェイ沿いの白い柵は嫌でも目に入りプレッシャーとなります。ショートホールはPalmer、Player共に比較的長めでグリーンを捉えるのが難しいです。


難易度が高いホールということではPlayerの13番ミドルホールでしょうか。距離は比較的短いのですが、セカンドでグリーンを捉えるのがとても難しい。セカンド地点は左足下がりのライになっており、グリーンの右サイドは池、左には深いバンカー、グリーンも奥に向かって速く、上手くオンしたと思ってもグリーン奥のバンカーまでこぼれてしまいますし、場合によってはOBまで突き抜けてしまうことがあります。ティーショットがウェッジで打てる距離まで飛ばない場合は、グリーン左前の花道にレイアップ、そこから寄せていくのが無難でしょう。このホールはボギーであがれれば万々歳だと思っています。

 

Playerコース13番ミドル。城壁のようなブッシュを超えて
いくと、難しいセカンドが

Playerコース18番ロング。比較的広めで気持ちよくティーショットが打てるホール

 
お楽しみ

Orchardはその名の通りコース内にマンゴー、パパイヤなどの果樹でいっぱいです。マンゴーの季節である5月、6月は熟れたマンゴーがコースのあちらこちらに落ちていますが、Orchardの嬉しいサービスのひとつがこの時期限定の無料マンゴーシェイク。コース内のマンゴーを集めて作ったシェイクがラウンド後のレストランで振る舞われます。これが実に美味しい。一度コース内の茶屋で採れたてのマンゴーを食べさせてもらったことがありますが、これまた絶品でした。

詳細
コース: Palmer 18ホール、Player 18ホール 計36ホール
【Palmer 18ホール】Blue パー72 / 6341ヤード
【Player 18ホール】Blue パー72 / 6452ヤード

プレフィー: 【18ホール】◆ビジター/非居住者(旅行者)

[平日] 9 hole P900 / P1,750 18 hole P1,800以下(※) / P3,500
[土日祝]9 hole P1,600 / P2,250、18 hole P3,200 / P4,500
※平日に18ホールプレイする場合、プレイフィーが時間帯によって異なります。
~9時:P1,800、9時~12時50分:P1,500、13時~:P1,200

 

住所: Aguinaldo Highway, Dasmarinas, Cavite
TEL: 02-982-2000 / 046-416-5931
WEB: www.theorchardgolf.com
 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはボニファシオなどのあるタギッグ市。
マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。
マニラの観光名所イントラムロスはスペイン統治時代に造られた要塞都市で非常に古い歴史を持つ場所です。その周囲を囲む壁や堀を利用して作られたのがイントラムロスゴルフコース。
タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。

その他

『フィリピンで株式会社を作るには?』
今回は前回の検討を経ていよいよビジネスを始めるに当たって100%日本資本で株式会社を設立することになった場合についてご説明させていただきます。
おやつが大好きなフィリピンにはたくさんの甘いスイーツがあります! クリスマスシーズンになると街中でPuto bumbong屋台が出没してきます! Puto bumbongとは紫の餅にココナッツや砂糖をまぶして食べるものです。 今回はこのPuto bumbong作りと販売のお手伝いをしてきました!
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
構えてからじっと固まってなかなか動かない”お地蔵さん”みたいな人がいますよね・実は止まっている時間が長いと、あれこれ考えてしまうので力みやすいんです。私は構えたらなるべく時間をかけ最低でも3秒以内です。
具体的な数字で成長を示しているのが自動車産業。今回は、業界トップに立つトヨタモーターフィリピンのマーケティング部門を統括する後藤雄二さんにお話を伺いました
2013年時点で総資産額約270兆円と、世界中で第二位の規模を誇る三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)。同行の、中尾哲也・マニラ支店長にお話をお聞きしました。
日本国内外での積極的な出店攻勢を続けるコンビニエンスストアの雄、ファミリーマートが4月、フィリピンに上陸。店舗展開の陣頭指揮をとる小泉昌親さんにお話をお聞きしました。
Wack Wack G&CCはマニラゴルフ同様、都心部に位置する名門ゴルフ場。チャンピオンコースでプロトーナメントも開催されるEast Courceと比較的やさしいWest Courceの2コースからなる計36ホールです。36ホール設計のためかマニラゴルフほど都会の箱庭感はないですが、それでも周辺のビル群に囲まれてのプレーは独特の雰囲気で特別感があります。新宿御苑でラウンドしているようなイメージでしょうか。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel