ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > 知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第12回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第12回】
広告
広告

第12回

東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。

 

東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!それぞれの国で誰かに頼まなくとも良いので、手間もお金も節約できます。

 

ヨーロッパでは、このような知的財産権制度の統一化が進んでいます。ヨーロッパでは、経済規模は異なりますが、各国の経済レベルはそれほど離れていませんよね。しかし、東南アジアは、一言で括れないほど経済のレベルは異なっています。知的財産権制度の強化は、一般的に言って、先進国に有利で、後進国には不利な結果になると言われています。

 

たとえば、先進国のシンガポールは国を挙げて、知財立国に動こうと数年前から活動していますが、まだまだ後進国のカンボジア、ミャンマー、などのこれから工業化が始まる国では、国内産業を保護するために、外国企業や外国個人が権利を取得することに関して、積極的ではありません。一方で、後進国ではないけれども先進国にはなかなかなれないタイ、マレーシア、さらにベトナム、インドネシアでは、シンガポール程ではありませんが、知的財産権制度の強化には肯定的です。

 

東南アジアの知的財産権制度が統合されるのは、時間が経って経済レベルが均一になってからでないと難しいのが本当のところのようです。そのため、各国ごとの制度に応じた権利の取得を、今後も続けていかなければなりません。しかしながら、どのような内容を登録しなければいけないかとか、各国の政府系の機関で協力しようとする仕組み(ASPEC)はスタートしています。2009年6月よりスタート、2012年4月に制度改正があり、いまのところ、うまく進んでいます。このASPECが、さらに発展して、将来はヨーロッパのように知的財産権制度の統一が実現するかもしれませんね。

 

全12回にわたり、下町ロケットを題材に東南アジアで起こっている知的財産権問題について話して来ました。過去、日本企業は、知的財産権の使い方が適切でない場合があって、外国企業に今まで持っていた主要なマーケットのいくつかを奪われてしまいました。現在では、厳しい国際マーケットでの立場にいます。東南アジアでは、しっかりと日本企業の優位性を維持して行けるように、今までとは違う知的財産権の取り方、使い方が本当に必要とされています。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告
広告
広告

その他

今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
今回は「マニラの英語学校ベーシックイングリッシュキャンプに行きました。」です!フィリピンで英語学校、留学と聞くとセブ島なとを想像するかもしれませんがマニラにもあるんです!
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
マニラから南に約50km、カンルーバンゴルフクラブに位置するのがThe Country。会員数が非常に少ないゴルフクラブとしても有名で、マニラゴルフ同様プレーできる機会の少ないゴルフ場です。
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。
フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。
今回僕らは、とあるご縁からROUGEさんのライブに出させてもらう事になりました!ROUGEさんとは…Karaさん(Bass),Princessさん(Violin),Jeriさん(Guitar),Gyanさん(Drums)からなる女性四人組バンドです。
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel