ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第4回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Mark Kooijman

第4回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Mark Kooijman
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

Philippines Urban Living Solutions 共同創業者
Mark Kooijman マーク・クージマンさん

Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。

座右の銘を教えてください。
私のモットーは、「優秀であることを追求すれば、成功は常にやってくる」というものです。常に、優秀でありたいと思っています。
 これは、フィリピンでは少し欠けている考え方だと思います。全力を出し切るよりも、8割の努力で済ませてしまう人のほうがむしろ多い。成功したいなら、自分がなすこと全てで優秀であることが必要だと私は思います。あなたが優秀なら、お金の方からあなたのところへやってくる。自ら持っている力の5割とか8割の努力しかしないライバルに勝てるからです。

 

 

編集部

 

PULSについて詳しく教えてください。

 

Mark Kooijmanさん

 

働く若い人々のための寮を、おもにBGC、またマカティに開発しています。BGCで働く人々の平均給料は22000ペソ前後ですが、BGCで最も狭いスタジオタイプの部屋でも、家賃は25000ペソ前後もします。PULSは、家賃が高すぎて職場の近くに住めないという社会問題を解決しようとしています。

 

 

編集部

 

法人顧客やBGC周辺で働く個人をターゲットに設定したのはなぜですか。

 

Mark Kooijmanさん

 

BGCにオフィスを構える平均的な法人に目を向ければ、スタッフを獲得することと、維持することの両方に問題を抱えていることがわかります。業界の離職率は35~50%もの高水準です。すなわちマリキナに住みながらBGCで働いていて、イーストウッドで職が見つかれば、BGCでの仕事を辞めてイーストウッドで働くだろう、ということです。誰だって家から近い職場がいいですよね。なので、スタッフを雇って維持したいと思うなら、住む場所も合わせて提供すればいいのではないかということを提案しています。BPO業界では、スタッフの維持に問題を抱えていることが見て取れます。またスタッフを確実に時間通りに出社させるのも難しい問題です。

 

 

編集部

 

MyTownの開発地はどのように決められたのですか?

 

Mark Kooijmanさん

 

BGCに照準を合わせました。BGCはある種フィリピンのマンハッタンだと思っているので、メジャーな企業ならここにオフィスを持っていると。ここには現在20万人強の若い専門職が働いていて、数年のうちに38万人まで膨れ上がるでしょう。今後、深刻な住宅不足が起こると予想しています。

 

 

編集部

 

PULSにとって、これまでで最も困難な挑戦は何でしたか?

 

Mark Kooijmanさん

 

提供する環境の、ベストなラインを見つけることです。フィリピンの住宅市場は価格に非常に敏感です。我々の入居者は、月給14000ペソのナースから30000ペソ稼ぐBPO企業のマネジャーまで様々です。
 デベロッパーとして、市場で優位に立つには、どれくらい快適なユニットで、どれくらい多くの設備をつけられるか、決定を重ねていく必要があります。もし1ベッドの寮が月6000ペソだったら、ナースや駆け出しのBPO従業員は手を出せなくなってしまう。
 より快適なユニットにも需要があると見ています。BGCで働く若いカップルで、スタジオタイプの部屋は借りられないけど、新しいアパートメントに月15000~20000ペソは出せる、というような入居者を獲得していきたいです。
 それとは別に、月給12000~14000ペソの若いナースで、6人部屋で、トイレは共同の生活を許容できて、家賃に2500ペソまでしか出したくない人々がいます。そちらをターゲットにするなど、顧客層を変えて、プロダクトを微調整して提供することにチャレンジしていきたいですね。

 

 

編集部

 

ただ多くの寮を建設するだけでなく、その場所に住みたい人々に向けて、調整を加えた住宅の提供を考えているわけですね。

 

Mark Kooijmanさん

 

そうですね、常に高いレベルを狙っていきます。金属の二段ベッドを押し込んで、月3000ペソで貸し出すことも可能ですが、それはやりたいことではない。我々は市場の底辺で同業者と争いたいわけではありません。長期貸し出しにも適した、優れたプロダクトを常に提供したいのです。
 フィリピンは、これから常に成長を重ねていくでしょう。12人部屋に詰め込まれて月2500ペソを払うような寮は、5年以内に消えていてほしい。
 より多くの人々が、余裕のある住環境を享受できるように、平均給与が22000~30000ペソまで上がっていればいいですね。西洋諸国のように。ロンドンでジャーナリストやナースとして働いていれば、12人部屋で暮らさずに済みますし、給料ももっとよいでしょう。

 

 

編集部

 

あなたの原動力となる思想について教えてください。

 

Mark Kooijmanさん

 

2つあります。1つ目は「フィリピンで、社会を変革したいというアイディアから我々の企業が成り立っている」ということです。この国はたくさんの問題を抱えています。環境、社会、その他様々な問題があります。私自身、「政府や機関投資家に頼っているだけでは、問題を決して解決できない」と考えていますが、そのためにはリターンが魅力的で、民間資本が出資したいと思うような商業製品や企業を作る必要があります。

 それがPULSの常に背後にあるアイディアです。若い専門職の人々のために、この国の社会的なニーズも満たすプロダクトを創出する。そうすれば、小さな分譲マンションを若い家族に提供するとか、そういう方向にも事業転換することができるからです。

将来のフィリピンの住宅事情は、より垂直に伸びた小さな分譲マンションが増えるでしょう。我々は、TempletonやSMのような企業から数十億ペソを出資してもらい、寮をさらに作れるような企業になることが必要です。彼らが我々に投資する理由は、リターンが魅力的だから。もし我々が単なる非営利の社会事業だったとしたら、SMのような企業は投資をしないでしょう。

 ゴールはつねに、社会問題に対する解決策を見つけることです。多額の民間資本を動かせるくらい商業的な解決策にする必要があります。23%の人々がスラムに住んでいるというマニラの住宅問題ですが、政府には全員を住まわせる十分な財源は決してありません。民間資本から数十億の資本を投入しなくては解決しないことなのです。

2つ目は企業としての発展です。最終的には、株式の新規上場を行い、利益を得て株主にも還元したいと考えています。

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
SkyJet Airlinesの最高経営責任者であるパトリック・タン氏。過去にはSEAir, Inc.やTiger Airwaysで社長を務めた経験があります。
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。
フィリピン初のオンライン3Dプリントプラットホームを提供するShapecloudは、希望の仕様・数量などをWEB上のシステムへアップロードするだけで24時間以内に見積りをお知らせし、3-5日以内にお届けすることが可能です。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。

その他

今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。
今回は「釣りをしよう!イン オロンガポ」です! 久しぶりに遠出してきました! 遠出といってもクバオからビクトリーライナー(バス)で3時間!
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!僕は普段日曜日にMAJ(マニラオールジャパン)という日本人サッカーチームでサッカーをしているのですが、そこで試合中、腰を痛めてしまいました。という事で、今回はその治療の為にフィリピンで針治療に行ってみました!
これまで毎月ゴルフ場を紹介してきましたが、そもそもゴルフをするにはゴルフクラブが必要です。ルール上ゴルフバッグにはクラブを14本まで入れることが出来ます。ただし、14本揃えるとなるとそれなりの出費。最初は先輩や友人から古いクラブを譲り受けたり、借りたり、または初心者向けの安価なセットを購入してゴルフを始めるケースが多いと思います。
2018年8月に日本航空(JAL)マニラ支店長に就任した餅原さん。19年2月にはJALが羽田=マニラ線を新規就航させるなど、フィリピンは様々な航空会社から熱視線を集めている。経済成長にともないビジネス利用のほか観光客も増えており、今後はプロモーション活動などにも注力し、旺盛な航空需要の取り込みをはかる。
自身の体験から整体の技術をゼロから学び、フィリピンに進出。整体に馴染みのないフィリピン人に指導し、国内に10店舗を構えるまでに浸透させてきました。ホスピタリティが大切な業界で生きてきた成瀬さん。フィリピンのマーケットやポテンシャルに大きな魅力を感じ、ここで会社が大きく成長するのを見届けたいと言います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel