ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第7回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Gianpietro Iseppi

第7回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Gianpietro Iseppi
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

Solaire Resort and Casino VP/バイス・プレジデント
Gianpietro Iseppi ジャンピエトロ・イセッピ さん 

世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。

 

編集部

 

簡単な自己紹介をお願いします。

 

Gianpietro Iseppiさん

 

メガリゾート業界に身を置いて17年、ソレアには3年ほど勤めています。スイスとフィリピンのハーフなのですが、育ったのはフィリピンで、スイスの大学を卒業し、その後ラスベガス・サンズで13年か14年ほど勤めました。その後、今から8年ほど前にアジアに戻ってきました。

 

 

編集部

 

ソレア・リゾートでの主な役割を教えてください。

 

Gianpietro Iseppiさん

 

全ての客室ならびに接客オペレーションの監督です。施設内の公共エリアには大抵私の仕事が反映されていますね。特にハウスキーピング、公共エリア、フロントを含む”客室係”が私の専門担当です。

 

 

編集部

 

ホテル業界に入ったきっかけは?

 

Gianpietro Iseppiさん

 

私の父がスイスに小さなホテルを所有していたんです。10部屋ほどのホテルで、毎年夏になるとそこで働かされていました。6歳の頃からテーブル・サービングをしていたんですよ。10歳までには自分の進路や将来についての答えが見えていましたね。

 

 

編集部

 

同エリア内にある他のリゾート施設との違いは?

 

Gianpietro Iseppiさん

 

ソレアにとって、ブランド価値は非常に重要です。弊社のブランドイメージ、顧客、ビジョンは全てラグジュアリーという言葉で表現できます。レストランを担当するデザイナー、ここで働く従業員をはじめ、イタリアの採石場から取り寄せた石やトルコ産の大理石など、我々のなすことすべてが”ラグジュアリー”であり、そこに妥協はありません。

 

 

編集部

 

VPとして直面する問題でより困難なことは?

 

Gianpietro Iseppiさん

 

多くの従業員に同じレベルのマインドセットを持ってもらうにはやはり時間がかかります。組織のカルチャーというものを確立する必要がありますね。単に彼らに何かをさせるだけではなく、その行動に信念を持ってもらわなければならないと考えています。特定の用語や、流暢かつ簡潔でありながら機械的でない話し方を、彼らに浸透させる必要がありました。フィリピン人の労働力は世界的にも大きな国力であり、そのホスピタリティーをここで活用できるのはメリットですね。

 

 

編集部

 

ご自身のソレアでのマネジメント方法とは?

 

Gianpietro Iseppiさん

 

私は人と人との関係性が大きな意味を持つと信じています。誰かに繰り返し何かをさせるには、そこに個人的な信頼が必要だと考えています。長期的な成功の核となるのは人間関係だというのが私の考え方です。全体のマネジメントチームの在り方として、リーダーシップも非常に重要な要素です。日々15,000歩は歩き回り、社内の動向を常に把握するよう努めています。オフィスでの会議に終始せず、施設内を巡回し、何が起こっているかをこの目で確かめています。そして何事も素早く行動に移し、様々な意見に柔軟に対応しています。

 

 

編集部

 

世界進出以外の将来的なプランは?

 

Gianpietro Iseppiさん

 

ソレアにとっては、ブランドイメージに磨きをかけるのが最も重要なことです。現地点からさらに成長し、5つ星のラグジュアリーな総合型リゾートとして世界に名を馳せることが我々のキーなのです。磨きをかけるというのことは、つまり継続的に発展するということです。ゲストが来月戻ってきたら、新しいショップがオープンしていて、新しいコンセプトの食事があり、新しいコンセプトの部屋があり、新しいムードが味わえる。それを実現したいと考えています。

 

 

編集部

 

仕事の成果をあげるモチベーションとなっている格言や言葉は?

 

Gianpietro Iseppiさん

 

人生の中で常に心に留めてきたことがあります。それは”他の人がやらないことをやる”ということです。この業界でまだ若手だった頃、他の人にとってはプライドが邪魔してやるに足らないような仕事を進んでやっていました。ゴミ出しや皿洗いなども、さぼる人の代わりにやりました。最近では、”いやしくもなす価値のあるものは、よくなす価値のあるものなり”という格言をモットーにしています。凡庸であっては成功できませんからね。

 

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。

その他

今回僕たちはディビソリアに洋服を買いに行きました。 フィリピンにはUkay ukayと呼ばれる古着屋さんがたくさんあります。 Ukayとは「掘る」という意味があります。 掘り出しものを探す感じからきてるのでしょうか。 今回行ったのはディビソリアの少し外れのトンド教会の近くのUkay ukayです。
大手IT事業会社KLab(東証一部)の世界戦略で、開発の中心を担うKLab Cyscorpions。前身となるCyscorpionsをマニラに設立し、成長を推し進める野口太郎社長にお話をお聞きしました。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
今回はフィリピン最大の激安マーケット、「ディビソリアでスマートフォンを買おう」です!日本人だけで行くと危ない、スリ被害が多いなど結構言われているが、やはり1度は行ってみたい!毎日のように電車やジプニーに乗って居るので、警戒心はすごいある。僕達が住むケソンでも道端でスマートフォンを買わないかとよく話かけられるが、買うならめちゃくちゃ安い物を買いたい!というわけで、ディビソリアに行ってきました!
今回は「日本人が経営しているラーメン屋に行きました」です!ある噂を耳にしたので、それを確かめに行きました! その噂とは一杯25ペソのラーメン屋がある! しかも日本人が経営しているというもの。 場所はLRTのモニュメント駅から徒歩3分のイレブンストリートを入った所。
マーケットが求めている商品やサービスを通じて、「商うこと」の先に広がる豊かさを提供していく「伊藤忠商事株式会社」マニラ支店長の河野一之さんにお話を伺いました。
タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。
『こんな従業員は解雇できますか?(1)』 今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。
具体的な数字で成長を示しているのが自動車産業。今回は、業界トップに立つトヨタモーターフィリピンのマーケティング部門を統括する後藤雄二さんにお話を伺いました
前回は会社側と労働協約を締結する労働組合が決まるまでの手続きについてお話させていただいております。今回は労働組合と労働協約締結に向けてどのような交渉を行うのかについてお話しいたします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel