ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二五回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二五回
広告
広告

『外国の仲裁判断の実行方法』

先月号ではフィリピンでの紛争解決方法についてお話させていただいております( に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回は外国で得た仲裁判断の執行についてお話しいたします。


今月の事例

Q.フィリピンの会社を相手とする仲裁をシンガポールで行い、その結果、フィリピンの会社が我々に支払いを行う内容の仲裁判断を得たのですが、フィリピンの会社が自発的に支払いを行わなかったため、フィリピン国内でその仲裁判断を執行しようと思います。どのようにすればよいですか?

 

 

<外国仲裁判断の執行>


日本の会社とフィリピンの会社との間で紛争が生じた場合、フィリピン国内で紛争解決を目指すことはフィリピン側の当事者に有利な結果となる可能性が懸念されるなどの理由から、一般的にはフィリピン以外の第三国の仲裁機関での仲裁を検討することが多いと思われます。具体的には、地理的に近いシンガポールの仲裁機関である、シンガポール国際仲裁センター(Singapore International Arbitration Centre; SIAC)が選ばれることが多いように思われます。そこで、SIACでフィリピンの会社が日本の会社に対して金銭を支払うことを命じる仲裁判断を得たときに、その仲裁判断に基づいてフィリピンの会社に支払いを行わせるための手続について検討します。なお、フィリピンは日本も締結国となっている外国仲裁判断の承認及び執行に関するニューヨーク条約の締結国ですので、原則的に外国仲裁判断もフィリピン国内の裁判の判決と同様に有効であり、拘束力があります。

 

<具体的な手続>


上記のような仲裁合意がない場合ですが、支払いを受けるためには裁判所での手続を起こすことになります。日本の場合、裁判所の手続としては訴訟だけでなく、調停の申立なども存在しますが、フィリピンでは申立の時にそのような区別はありません。もっとも、フィリピンではすべての訴えの提起がなされた場合、まずは調停手続、すなわち、裁判所が強制的に判断を下すのではなく、両当事者の話を聞き、自発的に合意をすることができないかどうかを探る手続が行われ、かかる手続で合意が得られなかった場合のみ、訴訟手続を行い最終的に裁判所が判決を下すことになります。裁判の場合、請求金額にもよりますが、第1審としては地方裁判所に訴えを提起し、判決につき不服がある場合には、第2審として高等裁判所、それでも不服がある場合には最高裁判所で審議が行われます。また、裁判手続には非常に時間がかかることは覚悟しておいた方がよいでしょう。
(1) 執行対象資産の所在地
(2) 義務履行地
(3) 被告の本店所在地
(4) 被告が個人の場合はその居住地
(5) マニラ首都圏の地方裁判所

申立てに対して、フィリピンの裁判所は仲裁判断の内容を覆 す判断を行うことはできませんが、以下の理由があると認めた 場合には仲裁判断の承認及び執行を拒絶することができます。
(1) 当事者に法的能力がない場合または仲裁の合意が無効である場合
(2) 仲裁判断において不利益を蒙った当事者が、仲裁人の選定もしくは仲 裁手続について適切な通告を受けなかったか、その他の理由により防 御することが不可能であった場合
(3) 仲裁判断が、仲裁の対象となっていない紛争または仲裁の対象を越 える事項についての判定を含む場合
(4) 仲裁機関の構成または仲裁手続が当事者間の合意に従っていない、 または、そのような合意がなかった場合
(5) 仲裁判断がまだ当事者を拘束するものに至っていないことまたは仲 裁判断がなされた国もしくは仲裁判断の基礎となった法令の属する 国の権限ある機関により取り消されたか、停止された場合
(6) 紛争対象である事項がフィリピンの法令により仲裁による解決が不可 能なものである場合
(7) 仲裁の承認及び執行がフィリピンの公の秩序に反する場合
フィリピンにおいて外国仲裁判断の承認及び執行を求める申し立てを行った場合、その執行により不利益を受けるフィリピンの会社は上に挙げた理由があると主張して争う可能性が高いといえます。その場合は、控訴裁判所、最高裁判所まで争うことも考えられます。そうなった場合には、実際に承認執行が可能となるまで3年程度かかることもありえます。

結論

A.フィリピンはニューヨーク条約の加盟国ですので、外国仲裁判断を国内で執行することが可能です。ただし、裁判所に外国仲裁判断の承認を求める申し立てを行い、これが認められることが必要です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
前回までは労使交渉に関する様々な点についてお話させていただいております。今回は一般的にフィリピンで紛争が生じた場合の解決方法についてお話しいたします。

その他

マニラのみならず地方の町でも目にする「KUMON」の看板。アジア・オセアニア地域でトップの成長率を誇るフィリピンの教育観などについて、辻将則社長にお話を伺かがいました。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
今年創業50周年を迎えた長大は、この5月にミンダナオ島・ブトゥアン市でパートナーのエクイパルコ社らと開発を進めてきた小水力発電所の竣工式を迎えた。現在はインフラ整備から工業団地の事業まで、ミンダナオ島で雇用創出を通じた民間主導の経済開発を目指して尽力している。その事業を一から手掛けてきたのが加藤さんだ。
海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel