ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二六回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二六回
広告
広告

『外国の仲裁判断の実行方法』

前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させてい ただいております( に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。。今回は事業 の売却の方法についてお話しいたします。


今月の事例

Q.フィリピンで事業を行っていた人から、その事業を譲り受けようと思います。どのようにすればよいですか?

 

 

<フィリピンにおける事業売却の方法>


フィリピンにおいて法人形式で行っている事業を第三者が譲り受ける場合、一般的に用いられる方法としては、①株譲渡と、②資産譲渡の方法があります。なお、株式譲渡の場合、その対象となる法人が株式が上場している公開会社である場合には、更に別の手続が必要となりますが、ここではそのような会社ではないことを前提にお話しします。また、これらの他に③合併の方法によることも可能ですが、一般的には使われていません。

 

<株式譲渡と資産譲渡の違い>


事業を第三者に譲渡する方法としては株式譲渡と資産譲渡が主な方法ではありますが、それではこれら2つの方法の違いはどこにあるのでしょうか。まず、株式譲渡ですが、株式譲渡が行われる場合、譲渡の対象となるのは事業を行なっている法人の株式ということになります。したがって、株式譲渡が行われ、第三者が株式を取得したとしても、営業の主体としては従来と変わらない法人であるということになります。よって、新たな株主は別に法人を立ち上げる必要はなく、そのまま事業を継続することが可能となり、この点はメリットがあると言えるでしょう。他方、株式譲渡により新たな株主はその法人が持っていた権利だけでなく、債務まで包括的に承継することになることに注意が必要です。そのため、株式譲渡の方法を取る場合には、その法人がどのような資産を有しているか、またそのような債務を負って いるかについてもしっかりと調査する必要があります。次に資産譲渡ですが、この方法を取る場合、買主は自分が欲しいと思う資産を特定して、それのみを譲り受けることができます。なお、資産だけでなく債務についても譲り受けることは可能です(例えば、ライセンスを取得する場合には、ライセンス権という資産だけでなく、ライセンス料を支払う義務についても承継することになります)。他方、資産の譲渡を受けたとしても、それだけでは新たに事業を行うことはできませんので、この方法を取る場合には新たに事業を行うための主体を作る必要があるでしょう。すなわち、法人を設立し、事業を行う事務所を賃貸し、新たに従業員を雇用するなどを行う必要がありますので、それなりの時間と費用がかかることになります。

メリット デメリット
株式譲渡 譲り受け後もそのまま事業の継続が可能 債権債務のすべてを承継する
資産譲渡 必要な資産のみ譲り受けることができる 新たな営業主体を作らないと事業を行うことができない



結論

A.株式譲渡または資産譲渡の方法によることが一般的です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、適した方法を取られるとよいでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
フィリピンでは、一定の場合に出国禁止命令が出ます。一般的にはHold Departure Order (HLO)とImmigration Lookout Bulletin Order (ILBO)の2種類があります。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
先月号ではフィリピンでの紛争解決方法についてお話させていただいております。今回は外国で得た仲裁判断の執行についてお話しいたします。

その他

セブ島で行われる盆踊り大会に出演する為に初めてセブ島に行ってきました!このセブ島の盆踊り大会の来場者数は毎年1万人以上。コスプレ大会やのど自慢大会など様々なイベントが開催されています。出店も沢山あって、本当の日本の夏祭りの様な雰囲気が楽しめます!
皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
今回は「でっかい魚をつるぞパート2続き!」です。みなさん釣りをしましょう! 前回タイタイに行き釣りをしようとしたのですが、朝しか船は出せれないと言われ、カンコン農家の紹介になってしまいましたが、、 今回はリベンジしてきました!
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
いつもの食卓に一手間かけて♪ 鶏もものサヨーテみぞれあんかけ。今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
みなさん、こんにちは。HPN3 の堀越、田中、井上です!HPN3の堀越は今、東南アジア最大のスラム街とも言われるトンド地区にホームステイさせてもらっています。なので今回はそのトンド地区のオシャレなピザカフェを紹介したいと思います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel