ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二六回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二六回
広告
広告

『外国の仲裁判断の実行方法』

前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させてい ただいております( に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。。今回は事業 の売却の方法についてお話しいたします。


今月の事例

Q.フィリピンで事業を行っていた人から、その事業を譲り受けようと思います。どのようにすればよいですか?

 

 

<フィリピンにおける事業売却の方法>


フィリピンにおいて法人形式で行っている事業を第三者が譲り受ける場合、一般的に用いられる方法としては、①株譲渡と、②資産譲渡の方法があります。なお、株式譲渡の場合、その対象となる法人が株式が上場している公開会社である場合には、更に別の手続が必要となりますが、ここではそのような会社ではないことを前提にお話しします。また、これらの他に③合併の方法によることも可能ですが、一般的には使われていません。

 

<株式譲渡と資産譲渡の違い>


事業を第三者に譲渡する方法としては株式譲渡と資産譲渡が主な方法ではありますが、それではこれら2つの方法の違いはどこにあるのでしょうか。まず、株式譲渡ですが、株式譲渡が行われる場合、譲渡の対象となるのは事業を行なっている法人の株式ということになります。したがって、株式譲渡が行われ、第三者が株式を取得したとしても、営業の主体としては従来と変わらない法人であるということになります。よって、新たな株主は別に法人を立ち上げる必要はなく、そのまま事業を継続することが可能となり、この点はメリットがあると言えるでしょう。他方、株式譲渡により新たな株主はその法人が持っていた権利だけでなく、債務まで包括的に承継することになることに注意が必要です。そのため、株式譲渡の方法を取る場合には、その法人がどのような資産を有しているか、またそのような債務を負って いるかについてもしっかりと調査する必要があります。次に資産譲渡ですが、この方法を取る場合、買主は自分が欲しいと思う資産を特定して、それのみを譲り受けることができます。なお、資産だけでなく債務についても譲り受けることは可能です(例えば、ライセンスを取得する場合には、ライセンス権という資産だけでなく、ライセンス料を支払う義務についても承継することになります)。他方、資産の譲渡を受けたとしても、それだけでは新たに事業を行うことはできませんので、この方法を取る場合には新たに事業を行うための主体を作る必要があるでしょう。すなわち、法人を設立し、事業を行う事務所を賃貸し、新たに従業員を雇用するなどを行う必要がありますので、それなりの時間と費用がかかることになります。

メリット デメリット
株式譲渡 譲り受け後もそのまま事業の継続が可能 債権債務のすべてを承継する
資産譲渡 必要な資産のみ譲り受けることができる 新たな営業主体を作らないと事業を行うことができない



結論

A.株式譲渡または資産譲渡の方法によることが一般的です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、適した方法を取られるとよいでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
フィリピンでは、一定の場合に出国禁止命令が出ます。一般的にはHold Departure Order (HLO)とImmigration Lookout Bulletin Order (ILBO)の2種類があります。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
先月号ではフィリピンでの紛争解決方法についてお話させていただいております。今回は外国で得た仲裁判断の執行についてお話しいたします。

その他

今回は「フィリピンのインスタント麺パンシットを日本風にアレンジ」です。フィリピンにいる日本人は、やっぱり日本料理が恋しくなって、よく日本料理屋さんに行くのではないでしょうか?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
フィリピンに住んでいるとタトゥーを入れた人をよく目にします。 ほとんど全員入ってるんじゃないか?と思ってしまうくらいいます。 フィリピンでタトゥーはオシャレのひとつで、髪を染めるくらい気軽にやっている気がします。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
リーディングカンパニーとしてフィリピン国内家電業界を牽引してきたパナソニック。同社の販売部門を担うパナソニックフィリピンの、豊田勝副社長にお話をお聞きしました。
『労働組合ができたあとはどうすればよい?』前回は会社に労働組合ができそうな場合にはどうすればよいのかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらか...続きを読む
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel