ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二八回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二八回
広告
広告

『フィリピン初駐在者が気をつけるべき法律に関するポイント』

前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております( に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。

 

 

<フィリピン赴任時に注意するべきこと>


既に何度も海外赴任を経験されている方々は慣れておられると思いますが、赴任地には日本とは異なる法律があり、習慣がありますので、それを認識した上で勤務及び生活をしなければトラブルの元となります。私がよくご相談を受ける事案をベースに、フィリピンにおいて特に注意すべきポイントをご紹介します。

1.初めて会った知らない人とは親しくしてはいけない

割とよくあるケースとして、グリーンベルトなどのショッピングモールで歩いているときに女性から道を聞かれたり、日本のことを聞きたいなどと言われて、お礼としてコーヒーや食事に誘われて、その際に飲み物に睡眠薬などを入れられて寝てしまい、起きたときには一切所持品がなくなって外に放置されている、または、女性に対して乱暴を行ってしまったとして賠償金を請求されるなどという事例が激しく注意喚起されているにもかかわらず、今でもあります。ちなみに、後者の場合、数百万円相当を請求され、払わないと警察を呼ぶなどと脅されることもあります。十分注意してください。

2.恨みを買うようなことをしてはいけない

既にお聞きになっているかもしれませんが、フィリピン人は人前で怒られるなど、恥をかかされるやプライドを傷つけられることを大変嫌います。ですから、会社の現地スタッフやメイドさんなどに対して怒りたいときには特に注意をする必要があります。もし、恨みを買ってしまった場合、身体の危険があるだけでなく、自由に出国できないようにされていること、または、逆に一時帰国中にフィリピンへ再入国できないようにされてしまうことがあります。これは、恨みを持った人が警察に対して虚偽の告訴を行い、その結果、出国禁止(Watch List Orderなど)や再入国禁止(Blacklist Orderなど)の命令が出されてしまうことがあるためです。万一、これの命令が出てしまうとその解消にはかなりの手間を要しますので、十分注意してください。

3.刑事手続きの違い

外国人にとって一番気をつけるべきことは、刑事事件の加害者・被告人にならないことです。逮捕され勾留されるとなりますと、仕事にも行けませんし、周りに大きな心配をかけることになります。ここでは、どのような手順で逮捕に至るのかを説明します。 フィリピンの刑事手続きは日本とかなり異なります。現行犯逮捕の場合は別として、一般的には被害者が検察官宛に告発状を提出し、検察官が加害者に反論を求め、双方を呼び出してヒアリング(予備審問と呼ばれる手続です)を行います。その結果、検察官が立件するのに十分は根拠があると判断した場合は起訴を行います。裁判所が検察官が提出した資料を検討し、犯罪の嫌疑があると判断した場合、逮捕状が発行され、被告人が逮捕されます。なお、検察官は起訴状に保釈が可能な場合には保釈金の金額を推奨しており、これを元に裁判官が逮捕状を発行する際に保釈金の金額についても指定します。ちなみに、一定の重罪(殺人、強盗、強姦など)についてはそもそも保釈が認められませんので、そのような罪を犯したと思われることがないように注意することが必要です。 なお、最後の砦として、大使館の邦人擁護ホットラインの番号(02-551-5786)やジャパンヘルプデスクの番号(02-817-1289)は携帯に登録していつでも連絡ができるようにしておいた方がよいでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等

 

Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
フィリピンでは、一定の場合に出国禁止命令が出ます。一般的にはHold Departure Order (HLO)とImmigration Lookout Bulletin Order (ILBO)の2種類があります。
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。
法律により保護の対象となる個人情報とは、媒体に記録されているかどうかを問わず、それにより当該個人の特定が明白もしくは当該情報を有する者により合理的かつ直接的に確定することのできる情報、または、他の情報と併せることによりその個人を直接かつ確実に特定することのできる情報であると定義されています。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。

その他

フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。
今回は「フィリピンの手遊びパッカヌーンが流行っているか検証して見ました。」です。パッカヌーンと最近良く耳にするので、意味を聞いたところ、「いいね」と言う意味らしく今フィリピンでは流行り言葉になっているようです。それが手遊びゲームになったみたいです。日本で言う「せっせっせのよいよいよい」みたいなものです。
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む
26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。

コラム

ジャンルで探す

暮らしのガイド

文化・マナー

食生活

各種手続き

暮らしと住まい

健康・医療

仕事

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel