ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十三回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十三回
広告
広告

『個人情報保護法について』


今月の事例

Q.フィリピンでも個人情報保護法が施行されるとのことですが、どうしたらよいのでしょうか

 

 

<フィリピンの個人情報保護法>


フィリピンにおける個人情報保護に関する法律は、2012年に成立したData Privacy Act of 2012です(共和国法第10173号)。同法は同法の施行、強制及びモニタリングを行う機関である国家プライバシー委員会(National Privacy Commission;NPC)の設置を義務づけていましたが、NPCがようやく2016年に設置され、NPCが同法の施行規則を発表し、対象となる者は、同法及び同施行規則に定められた個人情報保護に関する事項への対応を本年9月9日までに行わなければならないこととされました。

 

<対象となる個人情報とは?>


法律により保護の対象となる個人情報とは、媒体に記録されているかどうかを問わず、それにより当該個人の特定が明白もしくは当該情報を有する者により合理的かつ直接的に確定することのできる情報、または、他の情報と併せることによりその個人を直接かつ確実に特定することのできる情報であると定義されています。また、以下に該当する個人情報は機微個人情報(Sensitive Personal Information)として、さらに注意して取り扱いをすることが必要となります。
(1) 個人の人種、民族、婚姻歴、年齢、色、宗教、哲学的又は政治的信条に関する情報
(2) 個人の健康、教育、遺伝もしくは性生活、又は犯罪(捜査)歴、又は刑事裁判判決に関する情報
(3) 社会保障番号、健康情報、免許又はその拒絶、保留又は取り消し、及び税務申告等、公的機関が発行する情報
(4) 大統領令又は法律により特に定められた情報

 

<対象者は?>


法律により定められた個人情報保護の方策を取ることが義務づけられる者は、フィリピンで設立されたか否かを問わず、フィリピン国内に設置された設備を利用して、個人情報の処理を行う個人情報管理者及び個人情報処理者、ならびに、フィリピン国内に事務所、支店又は代理人を有する者を含む、個人情報の処理に携わる者とされています。したがって、基本的にはフィリピンにおいて事業を行っているすべての会社がこの法律の適用対象ということになります。

 

<会社として行わなければならないこととは?>


法律は、規制対象者は個人情報を特定された、かつ、合法的な目的のために収集し、公正かつ合法に処理し、その正確性を確保し、その利用目的のために妥当であり必要以上のものではなく、必要な期間についてのみ利用等されるべきとの原則を定め、これに合致する処理がなされるよう、数々の義務を課しています。たとえば、個人情報の取得に際しては、情報提供者に利用目的等を知らせた上で同意を得ることを必要としたり、収集した個人情報を保護するために講じなければならない、組織的(コンプライアンス担当者、社内規則の制定、個人情報処理状況の記録等)、物理的(個人情報を取り扱うスペースの監視やアクセス制限等の手段構築等)、技術的(コンピュータネットワークのセーフガード機能の導入等)なセキュリティー手段を導入することが求めています。
さらに、1000人以上の機微個人情報を取り扱っている場合には、NPCに対して社内における情報処理システムを登録することも義務づけられていますし、個人情報の処理を下請けに出したり、外注する場合にも様々な規制があります。
法律に違反した場合には罰則も適用されますので、法律に定められた規制をクリアしていることを確認していない場合には、直ちに行われた方がよいでしょう。

結論

A.フィリピン国内で個人情報を取り扱うすべての会社が法律の適用の対象となりますので、法律及び施行規則で定められている事項を守るよう、体制を整える必要があります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。
日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。
フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。
前回の遺産分割協議の説明の際にもご説明いたしましたが、フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがって遺産分割がなされ、有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされます。
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。

その他

今回はフィリピンのジャンクフードを紹介します!フィリピン人に「お菓子買ってきて」とお願いして実際に買って来てもらったものを紹介します!なので今回はオススメお菓子を紹介する訳ではありません。普段フィリピン人が食べているであろうお菓子を紹介します!
今回はフィリピンで買ったオモチャを紹介します!オモチャはなんでも揃うデビソリアに買いに行きました!
。先日僕たちHPN3は日本に行ってきました。 日本に行った時は必ずホームステイファミリーにお土産を買っていっています。チョコレートやスナック菓子、カップラーメンなど。みんな喜んでくれます。僕の帰りよりもむしろお土産を楽しみにしています。
『フィリピン人を試用期間付で雇用する場合の注意点』
今回は具体的にフィリピンにおいて労働問題となりやすい、フィリピン人の雇用についてお話しさせていただきます。
フィリピンは一年中暑くて嫌になってしまう時がありませんか? クーラーの涼しさより自然の涼しさを感じたいと思う時がありませんか? そんな時はピクニックグローブパークに行ってみて下さい!
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。
前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
『交渉が行き詰った場合の対処方法』先月号では労使交渉に臨む姿勢についてお話させていただ いております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃さ...続きを読む
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel