ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十五回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十五回
広告
広告

『ライセンス契約について』


今月の事例

Q.フィリピンの会社に対して自社の技術のライセンスを許諾しようと思うのですが、契約を締結するにあたって注意点はありますか?

 

 

<フィリピンで有効なライセンス契約とは>


日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。もっとも、ライセンシーとの契約はフィリピン法上有効でなければなりません。そこで、日本の会社がフィリピンの会社に対してライセンスを付与する契約を締結するに当たっての注意点を説明致します。

まず、フィリピンにおいては、このような技術のライセンスに関する契約をTechnology Transfer Agreement(TTA)に分類し、TTAがフィリピンにおいて有効かつ強制可能なものであるためには、フィリピン知的財産法(The Philippine Intellectual Property Code)が必ず規定されなければならない事項、および、規定してはならない事項を定めていますので、前者についてはこれを必ず盛り込み、後者についてはこれを含まないようにしなければなりません。

<規定しなければならない事項>


(1)フィリピン法が準拠法であり、紛争が発生した際にはライセンシーの本店所在地を管轄する裁判所が管轄を有すること
(2) TTAの期間中、技術の改良等があった場合、ライセンシーがそれらにアクセスすることができること
(3) 紛争解決手段として仲裁を選択する場合、フィリピン仲裁法、UNCITRALまたはICCの手続法を適用し、仲裁地がフィリピンまたは第三国とされている(日本ではない)こと
(4) フィリピンで発生する税金はライセンサーが負担すること

<規定してはならない事項>


(1)定められた者から重要な物、中間製品、原材料等を購入することを義務づけること等
(2)ライセンサーに再販価格を決定する権限を与えること
(3)製造量及び構造に制限を加えること
(4)非独占的なTTAにおいて、競合する技術の利用を禁止すること
(5)ライセンサーに有利な購入権を規定すること
(6)ライセンシーによる発明や改良を無料でライセンサーに移転することを義務づけること
(7)使用されない特許の使用料の支払いを義務づけること
(8)合理的理由なくしてライセンス製品の輸出を禁止すること
(9)TTAの有効期間経過後におけるライセンス技術の利用を制限すること
(10)特許その他知的財産権の失効後もその使用料の支払いを求めること
(11)特許の有効性を争うことを禁止すること
(12)ライセンシーによるリサーチ活動を制限すること
(13)輸入された技術をローカルの現状に適合させることを禁止すること
(14)ライセンサーの責任を免責すること
(15)その他同等の効果を持つ条項を規定すること

規定することが義務づけられている事項についての規定がない、または、規定してはならない事項を含むライセンス契約は、フィリピンにおいては強制不可能な契約となります。もっとも、かかる契約であったとしても、フィリピン側にメリットが大きい場合などは当局(Documentation Information and Technology Transfer Bureau;DITTB)から認定を受けることにより、例外的に強制可能な契約として認められる場合があります。
なお、知的財産局(Intellectual Property Office; IPO)にライセンス契約を登録することは義務づけられてはいませんが、登録がなされたライセンス契約は当局により強制可能なライセンス契約と認められたことを意味しますので、特段の事情がない場合には登録されることをお勧めします。

結論

A.フィリピンで有効なライセンス契約となるためには要件がありますので、それを充たす契約書の締結が必要です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。
前回の遺産分割協議の説明の際にもご説明いたしましたが、フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがって遺産分割がなされ、有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされます。
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。
フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?
我々は日本法人が100%株主のフィリピン会社なのですが、フィリピンにおいて株式上場 (IPO)を行うことは可能なのでしょうか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。

その他

今回は「初心にかえってトゥロトゥロ紹介」です。僕たちハポンスリーは2016年4月にフィリピンに来て、早、2年半たちました。フィリピンにきた当初はまだ物価や文化など全く分からず、フィリピンの街をうろちょろしてました。
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
2013年時点で総資産額約270兆円と、世界中で第二位の規模を誇る三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)。同行の、中尾哲也・マニラ支店長にお話をお聞きしました。
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
ラグナ湖の北側の山間に位置するEastridge。コースから見下ろすラグナ湖の景観は山岳コースならではの美しさ。また、山岳コースといっても、しっかり距離のあるコースレイアウトでアップダウンも加味されるため、実距離よりも長く感じるコースです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel