ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十回
広告
広告

『フィリピンでのIPOについて』


今月の事例

Q.我々は日本法人が100%株主のフィリピン会社なのですが、フィリピンにおいて株式上場 (IPO)を行うことは可能なのでしょうか?

 

 

<フィリピンのIPO>


事業が軌道に乗り、更なる資本が必要となった場合などにおいて、株式を上場して資金調達を行うことを検討するのは日本でもフィリピンでも共通のことと言えます。そこで、フィリピンにおいて株式上場を行うための手続や条件についてご説明したいと思います。まず、フィリピンの株式市場ですが、メインボード(東証1部のようなものです)と中小企業向けのSMEボード(Small and Medium Enterprise Board)の2種類が存在します。いずれの市場に上場するかにより、基準や条件が異なります。いずれの市場を選択するにせよ、フィリピンの株式市場に上場するためには、SECと証券取引所の両方から承認を得ることが必要となります。この承認を得るために満たすべき条件は多岐に及びますが、上場申請時に既に満たしておかなければならない条件の主なものを以下に示します。(1)上場前の直近の事業年度において株主資本(stockholders’ equity)がプラスであること
(2)事業の開始から3年が経過していること
(3)上場対象となる株式と同種の株式で引受済みの株式については全額が払込み済みであること
(4)直近の3事業年度におけるEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却・その他償却前利益)の合計が5000万ペソ(SMEボードの場合は1500万ペソ)以上あること
(5)直近の3事業年度においてEBITDAが1000万ペソ以上あること(SMEボードの場合は直近の3事業年度のうち、直近の事業年度を含む2事業年度においてEBITDAがプラスであること)
(6)直近の3事業年度において実質的に同じ事業に従事していること
(7)授権資本金が5億ペソ以上あり、その25%以上が引受済みかつ払込み済みであること(SMEボードの場合は授権資本金が1億ペソ以上であること)

 

これらの条件を満たしたとしても、上場が承認されるためには様々な準備を行う必要がありますので、必要に応じて専門家を起用することが必要となります。

 

<バックドア・リスティング>


なお、フィリピンでは株式上場の手段の一つとしてバックドア・リスティング(Backdoor Listing)という方法もあります。これは既に上場しているものの、休眠状態となっている会社の支配権を獲得することにより、新規上場の手続を経ることなく、実質的には上場と同じ効力を発生させることを指し、合法な手続とされています。

 

 

結論

A.フィリピンでは、条件さえ満たせば資本構成に関係なくIPOを行うことは可能です。上場するためにはSECと証券取引所の承認が必要になります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

フィリピンでラーメン店のフランチャイズ事業をやろうと計画していますが、契約を締結する際にはどういう点に注意すればよいですか?
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?

その他

最近の日本の子供たちは家でゲームばかりで外遊びをあまりしないと聞きます。 フィリピンはまだ外遊びが主流かと思いきや、フィリピンも一緒でした! 日本よりは外で遊んでいる子供も多いですがそれでも減ってきているみたいです。 最近の子供の遊びは日本もフィリピンもゲーム!
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
SMXにて開催される食品展示会 WORLD FOOD EXPO FOOD BAZAARに参加します。マニラで手に入るハウス製品全17品が購入可能!試食もできて、通常よりお買い得価格でお買い求めいただけます!
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。
家画期的な商品を開発してきた名門メーカーシャープはいま、業績低迷から待ったなしの再生を迫られている。重責の一端を担う同社の田中孝弘社長にお話をお聞きしました。
さっぱりシャキシャキ♫暑い日が続き、食欲も減退してきてはいませんか?  今回はそんな日にぴったりの、栄養たっぷりグリーンパパイヤ使ったさっぱり食べられるレシピをご紹介します!
日本を代表する総合商社、三菱商事が戦後マニラに拠点を置いてはや60年。世界を舞台に活躍し、現在マニラ支店で陣頭指揮をとる天野善夫支店長にお話をお聞きしました。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel