ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十二回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十二回
広告
広告

『ドライバーが交通事故を起こした場合』


今月の事例

Q.社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?

 

 

<フィリピンで現行犯逮捕がなされた場合どうなるか>


フィリピンでは現行犯逮捕がなされた場合、軽微な犯罪(刑期が4年2ヶ月1日を越えない犯罪)以外での逮捕のときは、インクエスト(Inquest)と呼ばれる手続がなされます。

これは、逮捕された人の権利が侵害されることのないよう、拘束を続ける正当性があるだけの十分は証拠があるかどうかを検察官が検討する手続であり、逮捕の起訴となった犯罪の重さにより、逮捕されたときから12時間から36時間以内に検察官は起訴するかどうかを決定しなければなりません(この時間内に起訴されなかった場合、検察官は逮捕されている人を釈放しなけばなりません。)。

自動車を運転して人身事故を起こしてしまった場合、一般的には運転者は殺人罪や傷害罪という罪に該当し、その場合には刑期が1ヶ月から20年となる可能性がありますので、上記インクエスト手続が必要となる場合が多いと思われます。

なお、インクエスト手続の代わりに身柄拘束を継続することを承諾した上で、更なる捜査を求めることも可能です。

 

 

<フィリピンで現行犯逮捕がなされた場合どうなるか>


逮捕された者は電話等で外部に連絡することが可能ですので、逮捕された場合には会社に連絡するように予め指示しておくべきでしょう。

次に、連絡を受けた場合、会社としてどのように対応すべきでしょうか。まずは従業員(またはその家族)から事故及び逮捕の連絡がなされた場合、事情の確認のために弁護士を派遣して接見を行い、拘束中にすべきこと及びしてはならないことについて助言を与えることが必要でしょう。

従業員の刑事手続に関しては、事情聴取を行った上で、そのままインクエスト手続を経て検察官の起訴不起訴の判断を待つか、身柄拘束を続けて更なる捜査を希望するかを決定します。次に、民事責任の点ですが、会社名で登録されている自動車が事故を起こした場合は、ドライバーのみならず、会社も賠償責任を負担することが一般的に求められています。

そのため、会社も被害者に対して示談交渉等を行うことが必要となります。なお、自動車保険に入っている場合には保険会社にも連絡をする必要があります。

また、事故を起こしたトラックには積荷等が積載されたままとなっていると思われます。一般的に自動車事故を起こした車両は警察に差し押さえられることになりますが、起訴後であればその返還を求めることが可能となる場合がありますので、会社としては検察に対して車両及び積荷の返還を求める申立を行うことになります。

 

結論

A.弁護士を派遣してドライバーから事情を聞くと共に、適切な助言を与える必要があります。また、一般的に会社も被害者に対して賠償責任を負いますので、示談交渉も行う必要があるでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?
日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
フィリピンでラーメン店のフランチャイズ事業をやろうと計画していますが、契約を締結する際にはどういう点に注意すればよいですか?

その他

ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。
皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
フィリピンの文化に根付いた実用的で、高品質の家電を提供し続けたパナソニック。その大きな船の舵取りを担う林さんは節目の今年、パナソニックビューティーの販売にも力を入れ生活家電から次のステップへ。フィリピンの経済成長の波にのり、新たなパナソニックの歴史を刻んでいきます。
今回は「でっかい魚をつるぞパート3!」です。釣りはお嫌いですか? 釣り動画ばかりですみません、、、釣りが好きなんです!!! ずっとでかい魚を求めて色々な所に行ってきましたが、やはり沖に出るのが一番早い! と言う事で今回は、プエルトガレラに行きました!
前回までは労使交渉に関する様々な点についてお話させていただいております。今回は一般的にフィリピンで紛争が生じた場合の解決方法についてお話しいたします。
皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
今回は「バロットを克服しよう!」です。 フィリピンに住み始めてからはや2年、もう色々な事に慣れ始めてフィリピン生活においてなんの不自由も無くなってきました。 フィリピンに来た当初は現地に馴染もうと屋台のトロトロだったり食べていましたが、今はフィリピン料理も時々しか食べなくなってしまいました、、
20代前半で環境問題を意識し、27歳で世界一の電気自動車メーカーを作ろうと起業。現在は大気汚染やさまざまな問題を抱えるフィリピンで、電動トライシクルを普及させるべく奮闘している中島さん。
皆さんは世界69カ国で実施され、年間60万人近くの人が受験する日本語能力検定(JLPT)をご存知ですか!? 日本語を母国語にしない人の日本語のレベルを測るテストです! フィリピンでもたくさんの人が受験しています。
世界的に知られるクラウドファンディング、Cropital。世界中から投資を募り、地元農家が資金調達できるように手助けするのが彼らの主な目的だ。Cropitalの創業者はCEORuelAmparoさん。2015年11月、22歳でCropitalをスタートさせた。彼はフィリピン大学ディリマン校生産工学を卒業、現在、様々な社会的活動に傾注している。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel