ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十三回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十三回
広告
広告

『フィリピンの手形』


今月の事例

Q.新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?

 

 

<フィリピンのチェック>


日本ではあまり使われない小切手ですが、フィリピンでは将来の支払いのために将来の日付の入った小切手(いわゆるpost dated check)が使われることがよくあります。この場合、商品の売買取引の場合で買主が売主に対して商品代金相当の小切手を渡します。

小切手を受け取った売主はその小切手を銀行に持ち込み、小切手交換所を経由して買主が小切手を発行した銀行の口座において決済がなされ、売主の口座に入金がなされることにより支払いが完了することになります。このように無事に支払いが完了すれば問題はありませんが、小切手が現金化のため銀行に持ち込まれた際に、小切手振出人の銀行口座に十分な残高がなかったために小切手が決済されないということが起こりえます(いわゆる、バウンス・チェック)。

日本では約束手形や小切手が不渡りになった場合には1回目で不渡り報告がなされ、更に1回目の不渡りから6ヶ月以内に2回目の不渡りとなった場合には取引停止処分がなされ、事実上は事業の継続が難しくなるため、振出人はなんとしてでも不渡りが発生することを防ごうと努力します。

フィリピンにおいては、日本のように小切手が不渡りになることによる銀行取引停止処分というペナルティーはありませんが、決済口座の残高不足等により小切手を不渡りにすることは、Anti-Bouncing Checks Law(BatasPambansa No. 22)違反として刑事罰の対象となりますし(30日から1年間の禁固に加え、額面の2倍(但し、最大20万ペソ)までの罰金刑となる可能性があります)、当初から払えないことを知りながら小切手を振り出したような場合には刑法が定めるEstafaに該当します(最高で20年の禁固)。

このような罰則があるにもかかわらず、小切手の不渡りはよく発生しますので、取引を行うに当たっては、相手方の信用力について慎重に調査の上、必要に応じては保証人や担保を求めるなど、取引条件を定める必要があると言えます。なお、不渡りが発生した場合、任意での支払いを求め、それでも支払いがなされない場合には裁判により回収することになります。

 

 

<Promissory Noteとは?>


ちなみに、フィリピンではPromissory Noteと呼ばれる文書が存在します。これを日本語に約した場合、約束手形と翻訳する例がありますが、これはあくまでも文書の作成者が名宛人に対して文書に書かれた内容について約束するに過ぎませんので、約束手形と言うよりも、誓約書と表現するほうが正しいといえます。

よって、その内容が守られなかった場合には任意に約束を守るよう請求するか、それでも守られない場合には裁判を起こすより他ありません。

 

結論

A.決済口座の残高不足の場合は支払いを受けることができず、裁判などにより回収することが必要となります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?
日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?

その他

マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。
フィリピンでは、一定の場合に出国禁止命令が出ます。一般的にはHold Departure Order (HLO)とImmigration Lookout Bulletin Order (ILBO)の2種類があります。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)
缶詰で、パパっと本格! イカのリゾット
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
住友商事と比大手財閥ロペスグループが共同で開発・運営するバタンガスの工業団地、「ファースト・フィリピン・インダストリアル・パーク」の福田繁夫さんにお話をお聞きしました。
今回は日本人とフィリピン人の結婚と離婚についてお話しさせていただきます。特に多いと思われるフィリピン在住の日本人男性とフィリピン人女性の結婚と離婚を念頭においてお話しいたします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel