ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十四回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十四回
広告
広告

『不動産を担保に取る手続』


今月の事例

Q.新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?

 

 

<フィリピンでの不動産担保設定>


新規客先と商品の売買取引を開始するに当たっては、債権回収を確実にする手段を講じておくことが必要です。
そこで、新規に売買取引を開始するにあたり、客先が所有する不動産に担保を設定するにはどうしたらよいかを説明したいと思います。
不動産に抵当権を設定するには、被担保債権を発生させる契約(今回のケースでは売買契約書)に債権の担保のために不動産に抵当権を設定する条項を入れるとともに、抵当権設定証書(Deed of Mortgage)を作成することになります。

これらに加え、抵当権者である売主に対して抵当権設定手続を行うことを委任する委任状(SPA)の発行を求めると共に、権利証の交付を求めることになります。これらの一連の書類を持って不動産の所在地を管轄するRegistry of Deeds(証書登録所)で抵当権設定の手続を行います。抵当権設定が完了しますと原簿にその記載がなされ、権利者用の写しにもその旨が記載されますので、申請通りに抵当権の設定がなされているのかを確認ください。

なお、外国人及び外国法人は土地を所有することはできませんが、土地に設定される抵当権者となることは可能です。もっとも、この場合も競売手続に参加することはできません。

 

<抵当権の実行>

実際に開始した取引において、危惧が当たって売買代金が支払われなかった場合、抵当権設定者は抵当権を実行して債権回収を図ることが可能です。

そこで、抵当権実行の手続について説明致します。抵当権を実行するには、抵当権者は執行担当裁判官に対して競売手続の申請を行います。裁判所の担当官が競売手続を行い、最高額での入札者に対して売却証明(Certificate of sale)を発行します。

落札者が落札金額を支払った場合、その中から抵当権の被担保債権の金額までは抵当権者に配当がなされ、落札者は抵当不動産の所有権を取得します。

なお、抵当権設定者は競売手続を経て落札者が落札金額を支払い、売却証明の登録が証書登録所でなされた日から1年間は落札金額に金利その他を加えた金額を支払うことにより、当該不動産の所有権を取り戻すことが可能です。

 

<先日付小切手>

債権回収を確実にするために、抵当権を設定するのではなく、先日付小切手を振り出させるという方法が採られることもあります。

もっとも、先日付小切手に記入された日付に小切手を呈示したとしても、振出人の銀行口座が残高不足であった場合には代金を回収することはできません。

日本とは違い、小切手の不渡りの場合の罰則(銀行取引停止など)がありませんので、先日付小切手だけでは担保として十分とはいえないことにご注意ください。

 

 

結論

A.売買契約書の中に抵当権を設定する規定を入れるのと同時に抵当権設定証書を締結した上で、抵当権の登録をRegistry of Deedsで行います。なお、外国法人は抵当権に基づく競売手続には参加できませんが、配当を受け取ることは可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]aw.com
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?
日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?
新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。
昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?

その他

 フィリピンでもベストセラーとなっているKOOLFEVER(熱さまシート)を販売している小林製薬。謙虚、感謝の気持ちを持って様々な意見を受け入れながら、フィリピンでの「あったらいいな」を見つけ出し、フィリピン人の生活を豊かにしたい。そんな想いを持つ、KOBAYASHI PHARMACEUTICAL (SINGAPORE) PTE. LTD. MANILA BRANCH の鳥原さんにお話しを伺いました。
フィリピン住みます芸人の堀越です。 今回僕はたまたまマニラに遊びに来ていたベトナム住みます芸人ダブルウィッシュ井手と一緒にプエルトガレラに行ってきました!
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
こんにちは! HPN3の堀越です。 今回は僕が住んでいるトンド地区にある日本食レストラン「YAKIBUTA」にHPN3で行ってきました。
今回は「マニラ湾で釣りをしよう」です!僕、田中の趣味は釣りで、日本にいる時は千葉の館山などによく釣りに行っていました。なのでフィリピンに来たら綺麗な海が近くにあり、年中暑いという事でいつでも手軽に海釣りが出来るんじゃないかと期待していました。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回は堀越の企画!『HPN3の中で誰が1番カッコイイか?!inフィリピン』日本ではあまりモテなかった堀越、、しかし!フィリピンでは価値観も違うのでモテるのでは!?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel