ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十六回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十六回
広告
広告

『フィリピンの商標登録』


今月の事例

Q.日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?

 

 

<フィリピンでの商標登録>


フィリピンにおいて商標権による保護を受けるためには、商標権の登録がなされる必要があります。商標権の登録の方法としては以下の2種類の方法があります。

 

1.フィリピンのIntellectual Property Office(IPO)への出願

フィリピン国内において、保護を求めようとする商標権の登録申請を行う方法です。フィリピンでは、商標を先に利用した者ではなく、商標権の登録申請を先に行った者が権利者として保護される、いわゆる先願主義を採っています。申請が認められ商標権の登録がなされますと、10年間登録は有効であり、更新も可能です。

 

2.日本でマドリッド制度を用いて国際商標出願

フィリピンも国際的な商標保護について定めたマドリッド協定議定書の加盟国ですので、日本国内でフィリピンを保護対象に含めた商標出願(いわゆるマドプロ出願)を行うことが原則的に可能です。具体的には、日本の商標権者が特許庁に出願を行い、特許庁が形式審査を経て出願書類をWorld Intellectual Property Organization (WIPO)に送付し、WIPOがフィリピンのIPOに通報を行い、フィリピンのIPOがフィリピンの商標法に基づいて審査を行い、問題がなければ商標権の登録が行われます。

 

<フィリピンでの商標に対する異議申し立て>


日本で商標登録しており、フィリピンで事業展開するに当たり商標登録を行おうとしたところ、第三者が同じ商標を登録していることが判明した場合、何か異議を申し立てることはできないのでしょうか。

 

1.異議申し立て

既に登録されている商標に対してその抹消を求める申し立てをIPOに対して行うことが可能です。もっとも、抹消を求める申し立てには、抹消の対象となる商標がフィリピンの商標法に照らせば登録できないものであったことを証明することが必要です。本件では、当該商標が申立人が有する
国際的及びフィリピンにおいて著名な商標と同一又は紛らわしいほどに類似しているものに該当する場合、抹消の申し立てが認められる可能性があります。この方法による場合、当該商標が国際的のみならず、フィリピン国内でも著名であることの証明が必要ですので、まだフィリピン国内で事業を開始する前であれば、実際に申し立てが認められることは難しいといわざるを得ないでしょう。

 

2.未使用に基づく抹消

フィリピンでは、商標が登録された場合、その商標を利用していることを商標登録申請日から3年後及び商標登録日から5年経過した日から1年以内にIPOに報告する必要があり、これがなされないと商標が抹消される可能性があります。商標が抹消されたあとであれば、新たに商標登録の申請を行うことが可能です。

 

 

結論

A . 御社の商標が世界的に、また、フィリピン国内においても著名商標に該当する場合には取り消しが可能となる場合がありますが、その証明は難しいでしょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?

その他

日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。
住友商事と比大手財閥ロペスグループが共同で開発・運営するバタンガスの工業団地、「ファースト・フィリピン・インダストリアル・パーク」の福田繁夫さんにお話をお聞きしました。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
真のグローバル化を掲げ、キャラクター、エンターテイメントビジネスで世界のリーディングカンパニーを目指す。バンダイフィリピンの社長、石井敦樹さんにお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel