ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回
広告
広告

『第11次ネガティブリスト』


今月の事例

Q.新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?

 

 

<第11次ネガティブリスト>


2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。そこで、新しいネガティブリストによって外資規制が緩和された主な業種をピックアップしてご説明させていただきます。

 

1.外資規制がなくなった業種

(1)インターネット事業
(2)発電事業
(3)ウェルネス事業
(4)公共事業免許を要するインフラ又は開発の施設運営
(5)短期高度技能開発に関する教育事業等
(6)損害査定会社

 

上記はネガティブリストにおいて明文で外資規制から除外されたものになります。なお、(5)の短期高度技能開発に関する教育事業とは、フィリピンにおける通常の学校教育から外れるものを意味しています。具体的には、学位を与えるものではない語学学校や、職業技能訓練などが該当することになります。もっとも、このような教育事業についてはTESDAが管轄しますので、今後100%外資での設立を行う場合にはTESDAによる規則の発表を待つ必要があるでしょう。
また、上記に加えて、第10次ネガティブリストの脚注において外資規制がなされていた貸金業、金融業、投資会社についての記載が今回のネガティブリストでは削除されています。これらにつきましても外資規制から外れたと思われますが、管轄官庁であるSECの発表を確認する必要があるでしょう。

 

2.外資規制が緩和された業種

(1)ラジオ事業
これまで外資が20%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。
(2)国内で資金供与される公共事業の建築、修理契約(例外あり)これまで外資が25%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。

 

3.法人形態での参入が許された業種

今回のネガティブリストでは、関連法規に従う必要はあるものの、法人形態での外資の参入を個別に認めた業種として、以下の業種が明示されました。航空工学、農業生物工学、建築、化学、電子工学、環境計画、林業、指導及びカウンセリング、インテリア・デザイン、景観設計、造船工学、心理学、不動産サービス業、衛生工学、社会事業

 

4.外国人の就業が認められた専門職

上記のほか、外国人の就業が認められた専門職も明示されました。このうち、特筆すべきものとしては、外国人もフィリピンの学校で教員となれることとが認められたことが挙げられると思います。途中でも触れましたとおり、ネガティブリストで外資規制が変更となった場合であっても、即時に取り扱いが変わるものではなく、個別の規則の改定が必要であり、また、ネガティブリスト以外での規制がある場合もありますので、具体的に参入及び資本構成の変更を検討される場合には改めて検討されることが必要です。

 

結論

A . 一部の業種で外資規制が撤廃又は緩和されたほか、外国人による就業が許可された専門職、また、法人形態での参入が認められる業種が明示されました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?

その他

マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
比への異動は全くの想定外だったと話す浅野さん。そんなアウェイへ乗り込み悪戦苦闘を強いられるも、今年度は新たなビジネス提携を控え業績も右肩上がりだ。話の端々に垣間見られる自分への厳しさや謙虚さが結実したものだと想像がつく。日本発の国際ブランドが繰り広げるおもてなしがこの地に根付くため邁進し続けている。
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
今回は「でっかい魚をつるぞパート3!」です。釣りはお嫌いですか? 釣り動画ばかりですみません、、、釣りが好きなんです!!! ずっとでかい魚を求めて色々な所に行ってきましたが、やはり沖に出るのが一番早い! と言う事で今回は、プエルトガレラに行きました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel