ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回
広告
広告

『第11次ネガティブリスト』


今月の事例

Q.新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?

 

 

<第11次ネガティブリスト>


2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。そこで、新しいネガティブリストによって外資規制が緩和された主な業種をピックアップしてご説明させていただきます。

 

1.外資規制がなくなった業種

(1)インターネット事業
(2)発電事業
(3)ウェルネス事業
(4)公共事業免許を要するインフラ又は開発の施設運営
(5)短期高度技能開発に関する教育事業等
(6)損害査定会社

 

上記はネガティブリストにおいて明文で外資規制から除外されたものになります。なお、(5)の短期高度技能開発に関する教育事業とは、フィリピンにおける通常の学校教育から外れるものを意味しています。具体的には、学位を与えるものではない語学学校や、職業技能訓練などが該当することになります。もっとも、このような教育事業についてはTESDAが管轄しますので、今後100%外資での設立を行う場合にはTESDAによる規則の発表を待つ必要があるでしょう。
また、上記に加えて、第10次ネガティブリストの脚注において外資規制がなされていた貸金業、金融業、投資会社についての記載が今回のネガティブリストでは削除されています。これらにつきましても外資規制から外れたと思われますが、管轄官庁であるSECの発表を確認する必要があるでしょう。

 

2.外資規制が緩和された業種

(1)ラジオ事業
これまで外資が20%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。
(2)国内で資金供与される公共事業の建築、修理契約(例外あり)これまで外資が25%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。

 

3.法人形態での参入が許された業種

今回のネガティブリストでは、関連法規に従う必要はあるものの、法人形態での外資の参入を個別に認めた業種として、以下の業種が明示されました。航空工学、農業生物工学、建築、化学、電子工学、環境計画、林業、指導及びカウンセリング、インテリア・デザイン、景観設計、造船工学、心理学、不動産サービス業、衛生工学、社会事業

 

4.外国人の就業が認められた専門職

上記のほか、外国人の就業が認められた専門職も明示されました。このうち、特筆すべきものとしては、外国人もフィリピンの学校で教員となれることとが認められたことが挙げられると思います。途中でも触れましたとおり、ネガティブリストで外資規制が変更となった場合であっても、即時に取り扱いが変わるものではなく、個別の規則の改定が必要であり、また、ネガティブリスト以外での規制がある場合もありますので、具体的に参入及び資本構成の変更を検討される場合には改めて検討されることが必要です。

 

結論

A . 一部の業種で外資規制が撤廃又は緩和されたほか、外国人による就業が許可された専門職、また、法人形態での参入が認められる業種が明示されました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。
解雇された従業員がDOLEに異議を申し立て、当社に連絡が来ました。これはどのような手続きでしょうか?
改正された会社法で認められた一人会社とはどのような会社ですか?
改正された会社法で一般の株式会社についてはどのような点が変更されましたか?
販売した商品の代金を買主が支払わないため、買主の資産に対する仮差押を行いたいのですが、可能ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?

その他

今回は「釣具を買って釣りに行こう!」です。 何度か釣り動画を上げさせてもらいましたが、 そもそも釣具はどこで買い揃えたらいいかなど言っていなかったと思うので今回は、釣具屋紹介をしたいと思います!
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
先月号ではフィリピンでの紛争解決方法についてお話させていただいております。今回は外国で得た仲裁判断の執行についてお話しいたします。
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回は堀越の企画!『HPN3の中で誰が1番カッコイイか?!inフィリピン』日本ではあまりモテなかった堀越、、しかし!フィリピンでは価値観も違うのでモテるのでは!?
今回は「フィリピンの釣り堀にいきました!」です! 久々に釣りが出来ましたので動画にしました! 場所はaling nene's pond です。 クバオからバスで1時間の所で、エントランス20ペソと安く手軽に釣りができる場所です。 魚の種類は沢山いて、何が釣れるか楽しみです!
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人のHPN3の堀越です。僕の住んでいるトンド地区の近くにはディビソリアという激安マーケットがあって平日でもたくさんの人でごった返しています。
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
『交渉が行き詰った場合の対処方法』先月号では労使交渉に臨む姿勢についてお話させていただ いております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃さ...続きを読む
今回は「フィリピンの家庭料理を作りました!パート3」です! 僕たちもフィリピンにきて早一年ちょっとたちました。 食事はフィリピンのローカルレストランなどでよくフィリピン料理を食べます。来た当初は口に合わない料理などもありましたが、今はとても美味しく感じるようになりました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel