ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回
広告
広告

『第11次ネガティブリスト』


今月の事例

Q.新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?

 

 

<第11次ネガティブリスト>


2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。そこで、新しいネガティブリストによって外資規制が緩和された主な業種をピックアップしてご説明させていただきます。

 

1.外資規制がなくなった業種

(1)インターネット事業
(2)発電事業
(3)ウェルネス事業
(4)公共事業免許を要するインフラ又は開発の施設運営
(5)短期高度技能開発に関する教育事業等
(6)損害査定会社

 

上記はネガティブリストにおいて明文で外資規制から除外されたものになります。なお、(5)の短期高度技能開発に関する教育事業とは、フィリピンにおける通常の学校教育から外れるものを意味しています。具体的には、学位を与えるものではない語学学校や、職業技能訓練などが該当することになります。もっとも、このような教育事業についてはTESDAが管轄しますので、今後100%外資での設立を行う場合にはTESDAによる規則の発表を待つ必要があるでしょう。
また、上記に加えて、第10次ネガティブリストの脚注において外資規制がなされていた貸金業、金融業、投資会社についての記載が今回のネガティブリストでは削除されています。これらにつきましても外資規制から外れたと思われますが、管轄官庁であるSECの発表を確認する必要があるでしょう。

 

2.外資規制が緩和された業種

(1)ラジオ事業
これまで外資が20%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。
(2)国内で資金供与される公共事業の建築、修理契約(例外あり)これまで外資が25%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。

 

3.法人形態での参入が許された業種

今回のネガティブリストでは、関連法規に従う必要はあるものの、法人形態での外資の参入を個別に認めた業種として、以下の業種が明示されました。航空工学、農業生物工学、建築、化学、電子工学、環境計画、林業、指導及びカウンセリング、インテリア・デザイン、景観設計、造船工学、心理学、不動産サービス業、衛生工学、社会事業

 

4.外国人の就業が認められた専門職

上記のほか、外国人の就業が認められた専門職も明示されました。このうち、特筆すべきものとしては、外国人もフィリピンの学校で教員となれることとが認められたことが挙げられると思います。途中でも触れましたとおり、ネガティブリストで外資規制が変更となった場合であっても、即時に取り扱いが変わるものではなく、個別の規則の改定が必要であり、また、ネガティブリスト以外での規制がある場合もありますので、具体的に参入及び資本構成の変更を検討される場合には改めて検討されることが必要です。

 

結論

A . 一部の業種で外資規制が撤廃又は緩和されたほか、外国人による就業が許可された専門職、また、法人形態での参入が認められる業種が明示されました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。
解雇された従業員がDOLEに異議を申し立て、当社に連絡が来ました。これはどのような手続きでしょうか?
改正された会社法で認められた一人会社とはどのような会社ですか?
改正された会社法で一般の株式会社についてはどのような点が変更されましたか?
販売した商品の代金を買主が支払わないため、買主の資産に対する仮差押を行いたいのですが、可能ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?

その他

フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。
フィリピンでのトラック販売台数シェアナンバーワンのいすゞ。トラックメーカーが作る質実剛健な造りのSUVも着実に人気を伸ばし、人気は高まる一方。フィリピンで創業20周年を迎え、今後はジプニーに代わる公共輸送で貢献していきたいとも考えている。フィリピン人に愛され続けるメーカーであるため、サービスの拡充に力を注いでいる。
こんにちは、ハポンスリーの堀越です!皆さんはプールを知っていますか!?プールはプールでも泳ぐプールではありません!ビリヤードの事です!
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む
大手IT事業会社KLab(東証一部)の世界戦略で、開発の中心を担うKLab Cyscorpions。前身となるCyscorpionsをマニラに設立し、成長を推し進める野口太郎社長にお話をお聞きしました。
今回は「バロットを克服しよう!」です。 フィリピンに住み始めてからはや2年、もう色々な事に慣れ始めてフィリピン生活においてなんの不自由も無くなってきました。 フィリピンに来た当初は現地に馴染もうと屋台のトロトロだったり食べていましたが、今はフィリピン料理も時々しか食べなくなってしまいました、、
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。
マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel