ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十回
広告
広告

『フィリピンの労務問題解決方法』


今月の事例

Q.解雇された従業員がDOLEに異議を申し立て、当社に連絡が来ました。これはどのような手続きでしょうか?

 

 

<個別労働紛争解決の手続>

 

フィリピンにおいて、労働者が雇用者に対して不服申立を行う場合、以下の手続きで解決を図ります。

 

≪労働雇用省(DOLE)レベル≫
① Single Entry Approach (SEnA)
② Regional Arbitration Branch (RAB)
③ Commission Proper Level (CP)
≪裁判所レベル≫
④ Court of Appeals (控訴裁判所)
⑤ Supreme Court (最高裁判所)

 

設問の会社が受領した通知はSing le Entry Approachに関するものです。この手続は、これまでの②と③の強制的な仲裁手続に時間がかかっていたため、担当官(Desk Officer)のもと、短時間で両当事者間において和解的な解決を図るよう、2011年に導入された手続であり、規則上、30日以内に問題解決を図ることが定められています。

この手続きを申し立てることができる者は、労働者だけでなく、労働組合、労働者の集団、さらに、雇用者側も可能であり、以下の問題について不服申立をすることができます。

 

① 雇用関係の修了または停止に関する紛争
② 金額の大小にかかわらず、金銭の請求
③ 行政的な紛争解決方法によっても解決しなかっ
た組合内部または組合をまたぐ紛争
④ 不当労働行為(Unfair Labor Practice)
⑤ 整理解雇、一時帰休に関する紛争
⑥ OFWに関する紛争
⑦ 労働安全衛生基準に関する問題
⑧ その他、雇用者―被雇用者の関係から生じる紛争

 

なお、ストライキ通告や労働協約(Collective Bargaining Agreement)に関係する問題はこの手続の対象とはなりません。

この手続を開始するためには、申立人が援助要請書(Request for Assistance)に記入の上、担当官に提出することが必要です。申立を受理した担当官は、定められた30日間の期間内に紛争を解決するため、事案の内容を精査し、申立人の請求や、当事者の状況を検討し、打ち合わせなどを持つことにより、両当事者が任意で合意に至るよう、必要な努力を行います。30日の期間は両者の合意があれば最大で7日間延長することが可能とされています。もっとも、この手続はあくまで両当事者が任意に合意に至ることを目指す制度ですので、協議をしたけれども合意に足らなかった場合や、最初から申立を受けた側が担当官の呼び出しに応じない場合(2回連続して呼び出しに応じない場合は、30日の期間経過前でもこの手続が打ち切られることになります。)などにおいては、担当官は紹介状(Referral)を作成し、別の機関での紛争解決を促すことになります。一般的には、上記の②Regional Arbitration Branch (RAB)における強制的な仲裁手続が行われ、労働仲裁官( L a b o rArbiter)が両者の主張を聞いた上で、事件につき判断し、その判断にも不服が申し立てられた場合は、③Commission Proper Level (CP)の労働仲裁官による判断、それでも不服がある場合は④控訴裁判所、⑤最高裁判所の裁判官による判決が下されるという流れになります。

結論

A . これはSingle Entry Approachの通知であり、任意に当事者間の紛争を解決する手続です。この手続で解決がなされなかった場合、強制的な仲裁手続きが行われます。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

改正された会社法で認められた一人会社とはどのような会社ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。

その他

今回は「アーチェリーに挑戦!」です。 フィリピンで出来るスポーツといえば、ゴルフやダイビングだと思いますが、もっと手軽に出来て楽しいスポーツかありました! それはアーチェリーです!!
皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
以前紹介したAyala Greenfield。マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。クラブハウスからの景色といい、別荘が並ぶ周辺環境といい高原リゾートゴルフという言葉がぴったり。
海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
リーディングカンパニーとしてフィリピン国内家電業界を牽引してきたパナソニック。同社の販売部門を担うパナソニックフィリピンの、豊田勝副社長にお話をお聞きしました。
「死蔵特許」と「有効特許」って何ですか?皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ
『フィリピンで株式会社を作るには?』
今回は前回の検討を経ていよいよビジネスを始めるに当たって100%日本資本で株式会社を設立することになった場合についてご説明させていただきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel