ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五回
広告
広告

『フィリピンでの労働紛争の解決手続はどうなっている?』

 前回はフィリピンにおける相続等についてお話させていただきました(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回は再びビジネスの話に戻り、フィリピン人を雇用したところ、給与の支払いや解雇など、様々な労働問題でもめてしまい、労働者が不服申し立てを行った場合にどうなるのかについてお話しさせていただきます。


フィリピンにおける労働紛争解決の流れは以下のとおりとなります。


<フィリピン労働雇用省(DOLE)レベル>

ステップ1:Single-Entry Approach
ステップ2:Regional Arbitration Branch(RAB)
ステップ3:Commission Proper Level (CP)

<裁判所レベル>
ステップ4:Court of Appeals(高等裁判所)
ステップ5:Supreme Court(最高裁判所)

今回は、特にDOLEでの手続について個別に説明していきます。


フィリピン労働雇用省(DOLE)とは?

    フィリピン労働雇用省(Department of Labor and Employment; DOLE)とは、フィリピンにおける労働及び雇用に関する規制・監督を行う官庁です。DOLEはその主な職務として、労働者の保護を掲げています。詳細はまた別の機会にお話しできればと考えていますが、フィリピンの労働者は非常に保護されています。特に、外国企業または実質的に外国人により経営されている企業に雇用されているフィリピン人労働者に関連して問題が発生した場合には、企業に対してさらに厳しい判断基準が適用されることが十分に考えられますので、注意を払うことが必要になります。

以下は、フィリピン人従業員によって会社に対する不服申し立てがなされた場合の手続きについて説明していきます。


DOLEにおける紛争解決の手続

     労働者が雇用主に対して不服を有する場合、DOLEにおいて不服申し立ての書類を提出することができます。これまでは不服申し立てがなされた場合、直ちに強制的な仲裁手続に入ることとされていましたが、強制的な仲裁手続では問題解決に時間がかかっていたため、2011年から新たにSingle Entry Approach(SEnA)という手続が導入され、不服申し立てがなされた場合にはまずはこの手続を取ることが必要となりました。

<SEnA>

 不服のある労働者はDOLEの係官(Single-Entry Approach Desk Officer)のところに行きますと、簡単な書類(Request for Assistance;援助要請書)に記入することを求められます。ここには、申し立てを行う労働者の名前、雇用主の記載の他、どのような点で不満を持ち、どれくらいの金額の請求を行いたいのかなどについて記載を求められます。このような記載を行い、係官と面談と行いますと、係官がきれいに訴状を作成し、訴状に加えて複数のヒアリングの日時を設定した召喚状を雇用主宛に送付します。そして、雇用主は指定された日時にDOLEに出頭することが求められ、その期日においてDOLEの係官を挟んで不服を申し立てた労働者との間で和解的な解決を図る手続が行われます。このような和解手続は例外的な理由がない限り、最初の期日から30日以内に終結することが求められており、30日という期間内で合意に達しなかった場合には、従前から存在する強制的な仲裁手続に移行します。

なお、公表されている統計によりますと、2013年の1年間でこの手続が約17,000件申し立てられ、うち約6,000件強で和解が成立しており、労働者1名あたり約21,500ペソの支払いがなされています。

<Regional Arbitration Branch Level (RAB)>

上記の和解手続で当事者間に和解が成立しなかった場合には、DOLEの仲裁官(Arbiter)のもとでの強制的な仲裁手続に入ります。仲裁官による判断に先立ち、当事者は準備書面を提出することが求められます。提出された書面や証拠をもとに、仲裁官が審理を行い、必要に応じて証人尋問も行われ、仲裁官が判断を示します。もし、この仲裁官の判断に不服がある場合には、当事者は不服の申し立てを行うことができます。なお、労働者側に金銭を支払うことを内容とする判断に会社側が不服申し立てを行う場合、会社は支払いを命じられた金額を一旦納めた上でないと不服申し立てを行うことはできません。

公表されている統計によりますと、2013年における会社側の勝訴率は32%であり、労働者勝訴の判断となった場合、1名あたり平均約18,000ペソの支払いが命じられています。

<Commission Proper Level>

RABの判断に不服のある当事者は、RABの上級機関であるCommission Properに対して不服の申し立てを行うことができますが、どのような不服でも認められるものではなく、①仲裁官に明らかな裁量権の濫用がある場合、②判断が詐欺や強制によりなされた場合、③法律解釈上の問題がある場合、又は、④不服申立人に重大な損害を及ぼす重大な事実誤認がある場合に限定されています。かかる理由が認められる場合には事件の再審理がなされ、別の仲裁官による判断が下されます。

公表されている統計によりますと、2013年における会社側の勝訴率は50%であり、労働者勝訴の判断となった場合、1名あたり平均約23,600ペソの支払いが命じられています。

これらの数字を見ますと、意外に会社側の主張が認められている印象、また、賠償額もさほど高額ではないとの印象があるかもしれませんが、これらには純粋にフィリピン人が経営する会社における紛争も含まれています。したがって、外国人が経営に参加している会社が当事者となっている場合を取り出せば、より厳しい内容となることは容易に想像できます。よって、フィリピン人労働者から不服申し立てを起こされることがないようにする必要があると言えます。


裁判所での判断

     上記のDOLEでの判断に不服がある当事者は、裁判所に対して訴えを提起することになります。この際、事実審裁判所ではなく、高等裁判所が事件を審理し、さらに不服がある場合には最高裁判所で争われることになります。裁判所においても外国人が経営に参加している会社に対して厳しめの判断が下される傾向があることは同様です。


不服申し立てされることによるさらなるデメリット

     労働者からDOLEに対して不服申し立てがなされる場合、単にその紛争において労働者保護という観点から厳しめに判断が下されるだけでなく、例えば、日本から駐在員を受け入れる際に必要となる外国人労働許可(AEP)の審査が厳しくなるなどの弊害があり得ます。さらに、会社の代表者や人事担当者に対して、労働者が出国禁止命令の発令を求めるケースも見られます。

仮に労働者の主張がとんでもないものであったとしても、紛争になった場合の時間的、コスト的な損失は決して少なくありませんので、そのような紛争がなるべく起こらないような体制を取ることが求められています。次回以降、紛争となりやすい点を挙げて、どのように準備するかについてお話しさせていただく予定です。


本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

『フィリピン人を試用期間付で雇用する場合の注意点』
今回は具体的にフィリピンにおいて労働問題となりやすい、フィリピン人の雇用についてお話しさせていただきます。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
『フィリピンの刑事裁判はどう進行するの?』
今回は起訴がされた後にどう進行するのかについてお話しさせていただきます。
『フィリピンでの不動産購入はどうやってやるの?』
今回はフィリピンで不動産を買うときの手続についてお話しさせていただきます。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
『フィリピンの相続とは?』
今回はビジネスの話を離れて、フィリピンでの相続の制度はどのようになっているのかについてお話しさせていただきます。

その他

ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」
今回は「フィリピンの釣り堀にいきました!」です! 久々に釣りが出来ましたので動画にしました! 場所はaling nene's pond です。 クバオからバスで1時間の所で、エントランス20ペソと安く手軽に釣りができる場所です。 魚の種類は沢山いて、何が釣れるか楽しみです!
右や左へ大きく曲がり、ボギーや素ダボが止まらない。そんな変わり映えのしないゴルフから「そろそろ卒業したい!」と思うならショット力の強化が欠かせない。素ダボ連発のベスト92の実力でも、1か月で80は切れる!13打縮める、夢の最短ルートをご紹介!!
フィリピンでのトラック販売台数シェアナンバーワンのいすゞ。トラックメーカーが作る質実剛健な造りのSUVも着実に人気を伸ばし、人気は高まる一方。フィリピンで創業20周年を迎え、今後はジプニーに代わる公共輸送で貢献していきたいとも考えている。フィリピン人に愛され続けるメーカーであるため、サービスの拡充に力を注いでいる。
2014年にイオンクレジットサービスフィリピンの社長に就任した荒木さん。フランスの銀行会社勤務後に上海での飲食事業立ち上げに参画するなど、多彩な経歴の持ち主だ。冷静な分析力と「何事も現場に答えが落ちている」と語る熱い情熱で、フィリピン人の様々な層に適した金融商品を投入し、彼らの生活力の向上につなげている。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
PGA Sompoは日系企業のパートナーとしてフィリピンに進出し四半世紀。小さな市場に60社もの損害保険会社がひしめく群雄割拠の中、近年はローカルを含めた非日系企業にも日本クオリティのサービスを提供して存在感を増しています。市場の潜在性は非常に高く、これからが楽しみな一方、「宵越しの金は持たない」国民性の比人に向け保険の周知活動にも取り組んでいます。
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel