ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると 第十三回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると 第十三回
広告
広告

『NAIAで従業員が銃弾恐喝事件にあったらどうするの?』

 前回はフィリピンで車に乗っているときに交通事故にあってしまった場合についてお話させていただきました(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回は昨年11月以降巷をにぎわせているマニラ空港での銃弾恐喝事件(Tanim Bala)に関連して、従業員が事件に巻き込まれたときにどうすればいいかについてお話しいたします。


今月の事例

従業員からマニラ空港で銃弾恐喝事件にあって現在警察が呼ばれているとの連絡が入りました。どうしたらいいですか?

 

   空港職員から手荷物に銃弾が入っていることを指摘され、口止め料要求された金銭の支払いを拒絶したところ、空港職員が警察を呼んでいるとの連絡が従業員から入りました。このとき、どのように従業員に伝え、私はどうすればいいの
でしょうか。

 

 まず、手荷物検査をしているのは警察官ではなく、空港職員です。空港職員は警察官ではありませんので、従業員を逮捕することはできません。

 

   いずれにせよ、口止め料を要求され、これを拒否して警察官が呼ばれる事態になった時点で真っ先に考えるべきは自分の権利を守ることにあります。また、会社としても事態を放置した場合にはさらに重い結果になってしまうことも考えられますので、そのような事態とならないよう手段を講じるとともに、従業員に対してあらかじめ指導を行っておくことが必要です。従業員に対しては、もし事件に巻き込まれたら以下のことをするように指導しておきましょう。

 

事件にあったら行うこと

①大声で周りに訴える
②会社や家族、大使館に連絡をする
③弁護士か大使館職員が来るまで話をしないことを警察官や空港職員に伝える
④銃弾や銃弾の入っていたとされる手荷物に触らない

 

 容疑者には黙秘権がありますし、警察も弁護士や大使館職員が来るまで待たなければならない義務がありますので、会社や家族、大使館に連絡して弁護士や大使館職員が来るのを待つよう指示しましょう。なお、大使館に連絡された場合、弁護士の紹介等のアドバイスを受けることができ、また必要に応じて領事の方が面談されることもあります。

 

事前の準備

   最も重要なことは事前に準備をしてこのような事件に巻き込まれないようにすることです。そこで、以下のことを行うよう、従業員に周知徹底しましょう。会社も従業員から緊急連絡があった際に対応できるよう準備をしておくことも必要です。

 

① 外側にポケットのあるスーツケース等は利用せず、鍵をかけた上で、鍵の部分にシールを張る(X線を通すときは自分の側に鍵の部分を向ける)。
② 仮に外側にポケットのある手荷物があるときは全体をラップで包むかポケット部分を施錠する(X線を通すときはポケットのある部分を下向きにする)。
③ 手荷物は他人に触らせない。
④ X線を通すときは空港職員の様子に注意する。
⑤ 携帯電話にあらかじめ緊急連絡先を登録しておく(大使館、会社の担当者、顧問弁護士等)。なお、大使館の邦人擁護ホットラインの電話番号は02-551-5786(24時間対応)ですので、必ず登録しておきましょう。

 

結論

従業員には追って連絡するまで待つように伝え、
直ちに大使館に連絡を入れるとともに、
顧問弁護士に連絡を入れましょう。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

『こんな従業員は解雇できますか?(1)』 今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。
『こんな従業員は解雇できますか?(2)』今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
『フィリピンで交通事故にあったらどうするの?』 今回はフィリピンで車に乗っていて事故にあったときの手続等についてお話しさせていただきます。

その他

2013年時点で総資産額約270兆円と、世界中で第二位の規模を誇る三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)。同行の、中尾哲也・マニラ支店長にお話をお聞きしました。
マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
フィリピンに住んでいるとタトゥーを入れた人をよく目にします。 ほとんど全員入ってるんじゃないか?と思ってしまうくらいいます。 フィリピンでタトゥーはオシャレのひとつで、髪を染めるくらい気軽にやっている気がします。
僕は約一年半ほどトンド地区でホームステイさせてもらっていまして、その家の末っ子が一歳の誕生日だったので今回はその誕生日会に行ってきました。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
今回はフィリピンで買ったオモチャを紹介します!オモチャはなんでも揃うデビソリアに買いに行きました!
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
法律により保護の対象となる個人情報とは、媒体に記録されているかどうかを問わず、それにより当該個人の特定が明白もしくは当該情報を有する者により合理的かつ直接的に確定することのできる情報、または、他の情報と併せることによりその個人を直接かつ確実に特定することのできる情報であると定義されています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel