ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十四回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十四回
広告
広告

『こんな従業員は解雇できますか?(1)』

前回はマニラ空港での銃弾恐喝事件に従業員があってしまった場合の対処法についてお話させていただきました(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。


今月の事例

我が社には何度注意しても連絡なしの欠勤を繰り返す従業員がいます。ほかの従業員に悪い影響を与えますので、解雇したいのですが、解雇することは可能ですか?

 

フィリピンで解雇はできるか?



    皆さんは、フィリピンでは一度正社員にしてしまうと解雇することはほぼ不可能であるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。確かに、フィリピンでは労働者の保護が手厚くされていることは事実ですが、解雇は決して不可能ではありません。ただし、解雇が有効とされるためには適法な解雇理由があることと、きちんとした解雇のための手続を取ることが不可欠です。これが整っている場合には仮に労働者が解雇を不当解雇であるとして争ったとしても会社側の主張が認められることになります。

 

 フィリピンの労働法は労働者の解雇が認められる場合を規定しています。今回のケースはいわゆる懲戒解雇を認める条文(労働法297条)に該当するかということになります。労働法297条は以下の場合に労働者を解雇することができると規定しています。

 

(a) 著しい非行又は雇用主の合法な命令に故意に従わなかった場合
(b) 著しいかつ常習的な職務懈怠
(c) 詐欺又は雇用主からの信頼を故意に裏切った場合
(d) 雇用主等に対して犯罪又は攻撃を行った場合
(e) 上記に類する行為があった場合

 

    質問のケースですが、無断欠勤自体は(a)の著しい非行とまでは言いづらいと思いますが、割と小さなことであったとしてもこれが積み重なり、他の従業員の志気に関わるなどの問題が発生すると、会社全体の問題となることもあります。


   そこで、このようなことがないよう、会社は就業規則を作って、従業員に違反があった場合にはしかるべきペナルティーを与えることを規定することができます。既に就業規則があるものの懲戒処分などの内容を定めていない場合や懲戒対象事由が少ししか定められていないような場合には、これを追加で規定することも可能です。なお、就業規則を作るまたは変更するに当たっては従業員からの承諾を得ることは必要ありませんが、それに従った処分を行うためにはその就業規則が従業員に周知されていなければなりません。

 

   また、たとえば遅刻1回でクビにするといった、あまりにも懲戒の対象となる行為と処分のバランスが取れていない場合にも就業規則違反に基づく処分が認められません。どの程度まで認められるかにつきましては専門家に相談されることをお薦めします。

 

    それでは、質問のケースに対応する就業規則ですが、無断欠勤などの軽微な非行については、非行があるたびに最初は軽微な処分(文書による注意など)を行い、2回目以降はさらに重い処分(数日間の出勤停止等)を行い、最終的には解雇するという方法が採られることが一般的です。このような就業規則違反による解雇は労働法297条(e)に基づく解雇として許されることになります。

 
   なお、懲戒解雇相当な事由がある場合でも後に従業員が不服申し立てをすることも考えられることから、これを避ける為に自主退職を勧めるという実務も存在します。しかし、安易にこのような方法をとることは従業員の遵法意識に影響することにもなりかねないことにご注意ください。

 

結論

就業規則に従って何度か注意や罰を与え、それでも改善が認められない場合には定められた手続を経ることにより解雇することは可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

『こんな従業員は解雇できますか?(2)』今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
今回は昨年11月以降巷をにぎわせているマニラ空港での銃弾恐喝事件(Tanim Bala)に関連して、従業員が事件に巻き込まれたときにどうすればいいかについてお話しいたします。

その他

今回は「またコスプレカーニバルに行きました」です! 前にもSMXで行われたコスプレカーニバル! 前はいつものサムライショートコントで使っている、町娘の格好にメイクをしただけの簡単なコスプレでしたが、今回は友達のフィリピン人のコスプレイヤーにアニメのコスプレ衣装を作ってもらい参戦してきました!
皆さんこんにちはHPN3です。今週はフィリピンでごく普通の床屋さん(カット50ペソ=約120円)に行き、写真通りのカットになるかを検証してきました!カット50ペソと聞くと安すぎて色々と不安になってしまいますが、店内に入れば不安一掃!赤いオシャレな鏡、掃除の行き届いた店内、大量のヘアカタログ、丁寧かつ迅速なカット、撮影OKしてくれる優しい店員さん!
今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
今回はフィリピンにあるレストランの中で一番長いと噂のバーベキューを食べに行きました! 日本ではバーベキューといえば外でやる焼肉的なやつを想像しますが、フィリピンではバーベキューといえば豚バラの串焼きです!
今回は「HPN3知名度調査!」です。 僕たちはフィリピンのテレビIt's showtime に出させて頂いてフィリピン人の方にも日本のお笑い芸人としっていただきました。
今回は「フィリピンの手遊びパッカヌーンが流行っているか検証して見ました。」です。パッカヌーンと最近良く耳にするので、意味を聞いたところ、「いいね」と言う意味らしく今フィリピンでは流行り言葉になっているようです。それが手遊びゲームになったみたいです。日本で言う「せっせっせのよいよいよい」みたいなものです。
2014年にイオンクレジットサービスフィリピンの社長に就任した荒木さん。フランスの銀行会社勤務後に上海での飲食事業立ち上げに参画するなど、多彩な経歴の持ち主だ。冷静な分析力と「何事も現場に答えが落ちている」と語る熱い情熱で、フィリピン人の様々な層に適した金融商品を投入し、彼らの生活力の向上につなげている。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel