ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十五回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十五回
広告
広告

『こんな従業員は解雇できますか?(2)』

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。


今月の事例

当社の就業規則には従業員に対して抜き打ちでドラッグテストを行い、その際に陽性の結果が出た場合には直ちに解雇することを定めています。今回抜き打ちのドラッグテストで陽性反応が出た従業員が出たのですが、解雇することに問題はないですか?

 

許されるドラッグテストとは?



    従業員に対してドラッグテストを行うことは、やり方を間違えれば従業員から人権侵害であるとして拒絶される可能性もあります。しかし、多数の従業員がいる職場に薬物の影響下にいる従業員がいることは好ましくないことも疑いようありません。そこで、包括的危険薬物法(共和国法第9165号)及びDOLE省令第53-03号(いわゆる、私企業におけるドラッグフリーな職場環境とプログラム実施のためのガイドライン)は、ドラッグフリーな職場環境の保全のために雇用主が行うべきことを定めるとともに、併せて公表されている就業規則のサンプルの中でドラッグテストが許される場合を以下のとおり規定しています。

 

① ランダムテスト
会社が任意に定めるインターバルで行う抜き打ちテストであり、会社がランダムで選択した従業員にテストを受けさせることができます。

 

② 正当な理由に基づくテスト
従業員が薬物の影響下にあると感じた場合(その従業員の周りに薬物の証拠が発見された場合や、薬物の影響下にあると思われるような行動が見られた場合など)には、いつでもドラッグテストを受けさせることができます。

 

 ③アクシデント発生後のテスト
「ニアミス」事故(危うく他の従業員の身体又は雇用主に対する相当程度の損害を発生させかねない事由が生じた場合)や「労働上の事故」が薬物の使用又はその影響のために引き起こされたと思われる場合にはドラッグテストを受けさせることができます。

 

  なお、ドラッグテストは保健省(Department of Health/DOH)の定める手順に従って、DOHにより認可されたテスト機関が行う必要があります。テストの結果は受検者に必ず通知される必要があり、もしテストの結果陽性となった場合には、会社の評価機関が結果を検討し、どのような処遇を行うかについて決定します。また、ランダムテストの結果は1年間有効であり、その間は、②または③のテストの要件に該当しない限り、再度テストの対象とすることはできません。

 

薬物利用を理由とする解雇ができるか?


   ガイドラインでは10名以上を雇用する雇用者に対して、薬物乱用防止対策を行うことを義務づけるとともに、従業員が薬物を利用したことがわかった場合にリハビリテーションや治療を行うことに関する規定も置かれています。それでは、会社は従業員がドラッグテストの結果陽性とわかった場合にその従業員を直ちに解雇することはできないのでしょうか? 

 

   この点についてはガイドラインが発行された2003年以後に出た判決においても、抜き打ちで行われたドラッグテストの結果陽性であることが判明した従業員を解雇した会社の判断を認めた判例が出ています。具体的には、職場でのドラッグの使用は著しい非行(serious misconduct)にあたるとして、労働法296条に基づき懲戒解雇が認められることとなります。ちなみに、会社が従業員に対して抜き打ちのドラッグテストを受けるように命じたにもかかわらず、これを拒絶した場合も雇用主の合法な命令に故意に従わなかったものとして懲戒解雇が認められることになります。なお、解雇が認められるとしても直ちに解雇が認められるものではなく、通常の懲戒解雇の場合と同様に、書面により通知し、反論の機会を設けるなどの適切な手続を経る必要があります。

 

結論

法律及びDOLEのガイドラインに従って行われたドラッグテストの結果陽性反応が出たのであれば、解雇することに問題はありません。ただし、法に定める手続を経ることが必要です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
『こんな従業員は解雇できますか?(1)』 今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はたまたまとても美味しいフィリピン飯を見つけたので皆さんにお伝えしたいと思います! その料理があるのがGoldilocks というお店です。
フィリピンの街中にはサリサリストアというお店が至るところにあります。 サリサリストアの向かいにサリサリストア。 その横にサリサリストア。 そのすぐ隣にもサリサリストア。 なんて事もざらにあります。
マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。
こんにちは、ハポンスリーの井上です! 今回は良く日本人の方に質問される、「どんなとこ住んでんの?」という質問にお答えして、井上の住んでいる家の近所紹介と普段食べているものを紹介します!!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンのスクラッチをやってみよー!」です。日本のユーチューバーもよくスクラッチチャレンジで何百枚も買ってやっていますよね!
バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
東南アジアを拠点に展開している配車アプリ「Grab」。手軽にタクシーやその他の輸送手段を手配できることで知られています。最近ではアメリカ発の配車アプリUberのフィリピン参入が話題になりましたが、依然Grabの人気は衰えていません。その人気のヒミツとはどんなところにあるでしょうか?
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。
フィリピンといえばカラマンシーが有名ですが、それに関するチャレンジをご存知でしょうか? 名前はズバリcalamansi challenge. そのままですね。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel