ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー(第93回)

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー(第93回)
広告
広告

住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸!



フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガログ語の芸でフィリピン人を笑わせます!?プライマーでは毎週金曜、ハポンスリーのお笑いムービー(日本語字幕付き)をお届けします♪





なさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です。


僕は約一年半ほどトンド地区でホームステイさせてもらっていまして、その家の末っ子が一歳の誕生日だったので今回はその誕生日会に行ってきました。


フィリピンの誕生日会は日本と少し違います。 日本では「誕生日だからいいよ。」とゲストが誕生日の人の分の支払いを負担してくれる事が多いですが、フィリピンでは真逆です。

誕生日の主役が全員分の支払いの負担をするのです。

パーティーを開こうもんなら全員をおもてなし。 主役なのに。。。


とはいえ一歳の子に支払い能力はありませんので、その場合は家族が準備をして全員をおもてなし。


(写真1)たくさんの子どもたちが参加してくれました!



フィリピンでは子供の場合ジョリビーで誕生日パーティーをするのもとても人気ですが、今回は家の近くのバスケットボールコートに自分達で準備しました。

そしてこれもフィリピンではよくあるクラウン(ピエロ)のMC!


(写真2)盛り上げるのが上手いピエロ



(写真3)なにやらハポンなピエロも乱入



クラウンが手品をしたり、みんなでゲームをしたりパーティーに来た子供達を盛り上げます。

今回来たクラウンも子供の扱いに慣れてる事慣れてる事。

子供のハートをがっちり掴んでいました!

ちなみに今回のクラウンのタレントフィーは500ペソ!

なかなか安いぜクラウンさん!


(写真4)ピエロメイクなかなか似合ってます



みなさんもご自身の誕生日やご家族の誕生日にクラウンを呼んでみてはいかがでしょうか?

ついでにHPN3も余興でよろしくお願い致します!





個人でFacebook等もしていますので是非ご覧下さい

堀越田中井上


広告
広告
広告

その他

今回はフィリピンのジャンクフードを紹介します!フィリピン人に「お菓子買ってきて」とお願いして実際に買って来てもらったものを紹介します!なので今回はオススメお菓子を紹介する訳ではありません。普段フィリピン人が食べているであろうお菓子を紹介します!
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?
今回は「バロットを克服しよう!」です。 フィリピンに住み始めてからはや2年、もう色々な事に慣れ始めてフィリピン生活においてなんの不自由も無くなってきました。 フィリピンに来た当初は現地に馴染もうと屋台のトロトロだったり食べていましたが、今はフィリピン料理も時々しか食べなくなってしまいました、、
SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
先月のPradera Verdeに続きパンパンガゴルフ場を紹介します。Beverly Place Golf ClubはNLEXの高速沿いに位置しSan Fernando出口からも近く、マニラ方面からのアクセスも思いのほか良いです。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
こんにちは!HPN3の堀越です。今回僕はおそらくフィリピンで一番人気のトランプゲーム「Tongits」をしてみました。日本にいた時は聞いた事もありませんでした。日本でもあるトランプゲーム、セブンブリッジに少し似ています。フィリピンの人たちはこの「Tongits」で大盛り上がりします。
今回僕はNAIA空港の近くにある軍事博物館「Philippine Air Force Aerospace Museum」 に行ってきました。 入館料は20ペソです。 入る時にガードに「お前、外国人か?」と怖い顔で聞かれましたが、多分僕の顔が怪しい外国人に見えただけだと思うので、誰でも入れます!
今回は「釣りをしよう!イン オロンガポ」です! 久しぶりに遠出してきました! 遠出といってもクバオからビクトリーライナー(バス)で3時間!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel