ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豆腐

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豆腐
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●豆腐


フィリピン食材
まめ知識



ようやく暑い乾期が落ち着き、外出時も過ごしやすくなってきた今日この頃。

冷たくさっぱりとした料理も良いですが、温かい料理も美味しく感じられるようになってきましたよね。今回はそんな時にぴったりの、家庭料理の定番食材「豆腐」を使った揚げ出し豆腐のご紹介です。

以前は日本食材店が主な購入場所となっていましたが、最近はSMなどのスーパーでもよくTOFUと書いてある製品を見つけることができます。主に出回っているのは中国産と韓国産の製品。日本のそれとは若干風味が劣るものの、味、食感ともに満足いく品質のものが多く出回っています。値段は大きさによりますが一丁P30-50程。生でも調理でも使用できます。オススメは韓国産の豆腐。SOFT(絹)、HARD(木綿)とバリエーションがあり、しっかりとした弾力があるので調理もしやすいです。チューブタイプのものは使いたい分だけ押し出して使え、残りは冷蔵庫で場所をとらずに保管できるという優れもの。味噌汁などで少ししか使わないときでも、無駄なく使えますよ。

 

 


みんな大好き、ほっこり一品♪

揚げ出し豆腐
Agedashi Tofu (fried tofu with tempura sauce)

●材料 (2人前)

豆腐.................................................................半丁(180g程度)
片栗粉........................................................................適量
油........................................................................(調理用)
万能ねぎ.......................................................................10g
大根おろし......................................................................30g
おろし生姜.......................................................................3g
出汁........................................................................100ml
醤油.........................................................................25ml
みりん.........................................................................25ml



●調理ポイント

調理のポイントは、揚げる前の豆腐の水切り。食べやすい大きさに切った豆腐をキッチンぺーパーの上に置き、10分程水切りをします。(途中、一度ひっくり返してください)水を切りすぎてもジューシーさが損なわれてしまうので、豆腐の種類に脱水時間は調節してください。 お出汁はもちろん、アツアツで。

 

● 手順

豆腐を食べやすい大きさにカットする

  キッチンペーパーなどで水切り後、片栗粉を全体にまぶす

170度程の油で、じっくり揚げる

出汁、みりん、醤油は鍋に入れ、一煮立ちさせる

豆腐が揚がったら、刻みねぎ、大根おろし、生姜と一緒に皿に盛りつける

❹を入れ、完成

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Tofu....................................................................... 1/2pack(180g)
Corn starch ..................................................................for cooking
Oil...........................................................................for cooking
Spring onion..........................................................................10g
Radish (grated).......................................................................30g
Ginger (grated)........................................................................3g
Dashi water.........................................................................100ml
Kikkoman.............................................................................25ml
Mirin................................................................................25ml

● STEPS

Cut tofu into 4-5pcs

Drain water form tofu using kitchen paper.

Put corn starch and heat with oil at 170℃.

Boil dashi water, Kikkoman and mirin in the pan.

After frying, garnish with spring onion, radish, and ginger.

Put ❹ to ❺.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
さっぱりシャキシャキ♫暑い日が続き、食欲も減退してきてはいませんか?  今回はそんな日にぴったりの、栄養たっぷりグリーンパパイヤ使ったさっぱり食べられるレシピをご紹介します!

その他

今回は「HPN3知名度調査!」です。 僕たちはフィリピンのテレビIt's showtime に出させて頂いてフィリピン人の方にも日本のお笑い芸人としっていただきました。
2016年ももう終わりですねぇ。2017年はどんな年になるのでしょうか!?という事で今回僕たちは2017年の運勢を見てもらうべくフィリピンの占いに行って来ました!
今回僕は英語の勉強に行ってきました! 行った先は以前にもお世話になったb.E.Campさん! マニラから一時間ほどのサンペドロシティにある英語学校です。 今回も学校紹介をしようかと思ったのですが、学校紹介は以前やったので今回は学校近くのラーメン屋さんを紹介します!
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
世界を股にかけるような大きな仕事をしたいという思いを実現し、20年という長きに渡り海外で活躍を続ける重田さん。現在、フィリピンでは建設業におけるBPOという独自路線を指揮し、150名を束ねている。建設業務がスムーズに行えるように、裏方として常に気配りし、会社を支える大黒柱。オフのときも含め、バイタリティに溢れている。
今回は「フィリピンのお墓参りに行ってきました」です! 日本のお盆は8月ですが、フィリピンは11月1日だそうです。 家族、親せきがお墓に集まり、 食べ物や飲み物を持ち寄り、おしゃべりをしたり、みんなで楽しく過ごすのがフィリピン流のお盆の過ごし方みたいです!
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。
今回僕たちはパシグリバーフェリーに乗ってきました。 パシグ川といえばゴミが多く、水も汚い、そしてなんといっても臭いが強烈なイメージです。実際にパシグリバーフェリーも臭いなどの理由から運行、運休を繰り返しているそうです。運休させるほどの臭いとは一体どのようなものか!を確かめに僕たちは行ってきました。
フィリピンでのトラック販売台数シェアナンバーワンのいすゞ。トラックメーカーが作る質実剛健な造りのSUVも着実に人気を伸ばし、人気は高まる一方。フィリピンで創業20周年を迎え、今後はジプニーに代わる公共輸送で貢献していきたいとも考えている。フィリピン人に愛され続けるメーカーであるため、サービスの拡充に力を注いでいる。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel