ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豆腐

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豆腐
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●豆腐


フィリピン食材
まめ知識



ようやく暑い乾期が落ち着き、外出時も過ごしやすくなってきた今日この頃。

冷たくさっぱりとした料理も良いですが、温かい料理も美味しく感じられるようになってきましたよね。今回はそんな時にぴったりの、家庭料理の定番食材「豆腐」を使った揚げ出し豆腐のご紹介です。

以前は日本食材店が主な購入場所となっていましたが、最近はSMなどのスーパーでもよくTOFUと書いてある製品を見つけることができます。主に出回っているのは中国産と韓国産の製品。日本のそれとは若干風味が劣るものの、味、食感ともに満足いく品質のものが多く出回っています。値段は大きさによりますが一丁P30-50程。生でも調理でも使用できます。オススメは韓国産の豆腐。SOFT(絹)、HARD(木綿)とバリエーションがあり、しっかりとした弾力があるので調理もしやすいです。チューブタイプのものは使いたい分だけ押し出して使え、残りは冷蔵庫で場所をとらずに保管できるという優れもの。味噌汁などで少ししか使わないときでも、無駄なく使えますよ。

 

 


みんな大好き、ほっこり一品♪

揚げ出し豆腐
Agedashi Tofu (fried tofu with tempura sauce)

●材料 (2人前)

豆腐.................................................................半丁(180g程度)
片栗粉........................................................................適量
油........................................................................(調理用)
万能ねぎ.......................................................................10g
大根おろし......................................................................30g
おろし生姜.......................................................................3g
出汁........................................................................100ml
醤油.........................................................................25ml
みりん.........................................................................25ml



●調理ポイント

調理のポイントは、揚げる前の豆腐の水切り。食べやすい大きさに切った豆腐をキッチンぺーパーの上に置き、10分程水切りをします。(途中、一度ひっくり返してください)水を切りすぎてもジューシーさが損なわれてしまうので、豆腐の種類に脱水時間は調節してください。 お出汁はもちろん、アツアツで。

 

● 手順

豆腐を食べやすい大きさにカットする

  キッチンペーパーなどで水切り後、片栗粉を全体にまぶす

170度程の油で、じっくり揚げる

出汁、みりん、醤油は鍋に入れ、一煮立ちさせる

豆腐が揚がったら、刻みねぎ、大根おろし、生姜と一緒に皿に盛りつける

❹を入れ、完成

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Tofu....................................................................... 1/2pack(180g)
Corn starch ..................................................................for cooking
Oil...........................................................................for cooking
Spring onion..........................................................................10g
Radish (grated).......................................................................30g
Ginger (grated)........................................................................3g
Dashi water.........................................................................100ml
Kikkoman.............................................................................25ml
Mirin................................................................................25ml

● STEPS

Cut tofu into 4-5pcs

Drain water form tofu using kitchen paper.

Put corn starch and heat with oil at 170℃.

Boil dashi water, Kikkoman and mirin in the pan.

After frying, garnish with spring onion, radish, and ginger.

Put ❹ to ❺.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
さっぱりシャキシャキ♫暑い日が続き、食欲も減退してきてはいませんか?  今回はそんな日にぴったりの、栄養たっぷりグリーンパパイヤ使ったさっぱり食べられるレシピをご紹介します!

その他

日本に帰る機会があったので国際免許を取得してみました! と言う事で今回はフィリピンで車を運転してみました!
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
2018年8月に日本航空(JAL)マニラ支店長に就任した餅原さん。19年2月にはJALが羽田=マニラ線を新規就航させるなど、フィリピンは様々な航空会社から熱視線を集めている。経済成長にともないビジネス利用のほか観光客も増えており、今後はプロモーション活動などにも注力し、旺盛な航空需要の取り込みをはかる。
比国に進出して50年以上、比国をASEAN地域における中核市場として位置づける「ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション」社長の柴田彦三郎さんにお話を伺いました
クラークの工場で月に81万本のタイヤを生産する能力を有する横浜ゴム株式会社(以下 「ヨコハマタイヤ」という。 ) 。フィリピン国 外にも広く輸出。タイヤは乗員の生命を預かる役目も担っているからこそ、ジャパンクオリティの高品質なタイヤをフィリピンの方にもお届けしたい。そんな想いを持つ、YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES INC. の針山さんにお話しを伺いました。
日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。
東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。
昨年2月にフィリピン便の運航を開始した全日空(ANA)。就航から1年を経て、順調な「飛行」を続ける同社マニラ支店の操縦桿を握る、泉秀明支店長にここまでの道のりを聞きました。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
今回は「〜Kami ay pumunta sa kamay ni Hesus〜 私たちはカマイニヘスースに行きました」です。マニラからバスとジープニーで約5時間Quezon provinceのLucbanというところにある場所です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel