ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 アリマンゴ

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 アリマンゴ
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●アリマンゴ


フィリピン食材
まめ知識



フィリピンの代表的なカニと言えば、「アリマンゴ」と「アリマサグ」。スーパーで良く目にする比較的殻が薄く、ハサミの小さいワタリガニのようなアリマサグ。主に市場や、たまにスーパーで生きたまま売られている、黒色の殻の堅いハサミの大きい丸いフォルムのアリマンゴ。フィリピンン人にはどちらも人気ですが、アリマンゴの方が高価で、贅沢食材とされているようです。とはいえ、日本のカニに比べたら非常に安価。今回は贅沢にカニを一匹味わい尽くす、チリクラブのご紹介です。アリマンゴの身は非常に甘く締まっており、爪部は肉厚で食べ応え十分、腹部には味噌と玉子がびっしり。しかし難敵は硬い殻。とても手では割れません。家庭用の包丁を使うのも危険ですので、下茹で後に大きめの出刃包丁、中華包丁を使って気を付けて殻を割ってください。

 

 


濃厚味噌ソースの

和風チリクラブ 
Japanese style Chilli Crab

●材料 (2人前)

蟹....................................................................800g
玉ねぎ................................................................100g
にんにく..............................................................1片
調理油.................................................................50ml
豆板醤................................................................大さじ1 + 1
合わせみそ.............................................................大さじ1
砂糖....................................................................大さじ2
トマトケチャップ........................................................大さじ2
牛乳...................................................................100ml
水..................................................................100ml
甜麺醤(てんめんじゃん)............................................小さじ1(お好みで)



●調理ポイント

アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。調理ポイントは、先にカニ以外の材料をすべて合わせ、ソースを作ってしまうこと。カニを合わせた後は強火で手早く炒めていきましょう。残ったソースはシチューの素、水を加えパスタに和えると濃厚カニクリームパスタに変身♪最後までカニの美味しさを堪能しましょう!

 

● 手順

カニを塩水で茹でる。(15分程)

フライパンに油をひき、玉ねぎ、にんにくを豆板醤大さ じ1と一緒に炒める

香りが出てきたら、水、牛乳を加え、その他の調味料も 加えていく

カニが茹だったら、一度流水で汚れを落とす

殻を外し、食べやすい大きさにカットしたらソースと合 わせ、手早く炒める

味が整ったら完成

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Alimango Crab....................................................................... 800g
White onion..........................................................................100g
Garlic.......................................................................1potion
Cooking oil........................................................ 50ml
Toban jyan(chilli paste).............................................1tbsp
Miso paste.......................................................................1tbsp
Tomato ketchup..........................................................................2tbsp
White sugar.......................................................................2tbsp
Milk...................................................................100mml
Water.......................................................................100ml
Tenmen jyan(sweet soybean paste)...................................1tsp(option)


● STEPS

Boil Alimango crab with 3% salted boiling water for 15min.

Saute chopped onion and garlic with Toban jyan 1tbsp.

After got flavor, put water and milk. Then put also all ingredients.

Wash Crab with running water after it boiled.

Chop❹ by good size for Chili Crab, then saute with❸.

When it comes good taste, its time to eat!

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
みんな大好き、ほっこり一品♪ 揚げ出し豆腐。 今回は家庭料理の定番食材「豆腐」を使った揚げ出し豆腐のご紹介です。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」堀越です。今回僕たちHPN3は6月14日〜16日に開催されたPhilippine Expo 2019に呼んでいただきました!これは今年で第三回目のイベントで去年に続き今年も上野公園で開催されたイベントです。
フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
以前紹介したAyala Greenfield。マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。クラブハウスからの景色といい、別荘が並ぶ周辺環境といい高原リゾートゴルフという言葉がぴったり。
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
フィリピンにあって日本に無いフルーツはたくさんありますが、中でも今回は「酸っぱいフルーツ」を食べてみました。 フィリピンで酸っぱいフルーツといったら「カラマンシー」が浮かぶと思いますがカラマンシー以外にもあるんです!
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel