ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > 簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 アボカド

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 アボカド
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 アボカド


フィリピン食材
まめ知識



「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。中南米を始め、南国で生産される果実だけに、フィリピンでも生産量は豊富。東京中央卸市場のデータによるとアボカドの輸入量はメキシコが圧倒的に第一位ですが、その次はフィリピンだそうです。知らず知らずのうちに日本でもフィリピン産のアボカドを口にしていたかもしれませんね。アボカドの栄養価はとても高く、なんとギネスにも認定されているそうです。豊富なビタミンと食物繊維で美容効果、脂肪分は不飽和脂肪酸と言われるもので、血中のコレステロールを下げ、血液をサラサラにする効果があります。ここフィリピンでは通年、安価に購入可能なので今回はパパっとできちゃうアボカドレシピを紹介します。

 

 


今晩はちょっとオシャレに!

エビとアボカドの和風カクテルサラダ
Avocado Shrimp cocktail salad with Japanese dressing

●材料 (2人前)

アボカド..................................................................100g
モッツァレラチーズ.................................................................100g
エビ...............................................................100g(Mサイズ2尾)
サニーレタス.................................................................20g
○和風ドレッシング
醤油.........................................................................大さじ1.5
ゴマ油.......................................................................大さじ1.5
寿司酢......................................................................大さじ1
すりゴマ................................................................大さじ1
わさび.......................................................................(お好みで)



●調理ポイント

今回のポイントはアボカドの選び方。アボカドは未熟のうちに収穫し、常温で追熟されることによって柔らかくなります。なので、スーパーに並んでいるアボカドはまだ未熟の固いアボカドも並べられています。すぐに使いたい場合は皮が少し黒みがかっているものを選びましょう。すぐに使わない場合は固いものを選び、家で袋に入れて冷蔵庫で保存しておけば、熟成のスピードを抑えられます。

 

● 手順

エビを茹で、茹だったら氷水で冷やす

 エビ、アボカド、チーズをサイコロ状にカットする

和風ドレッシングを合わせ、❷と混ぜ合わせる

写真のように盛り付け、完成

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Avocado....................................................................... 100g
Shrimp ..................................................................100g( Msize 2pcs)
Mozzarella cheese.............................................................................100g
Sunny lettuce..........................................................................20g
○Japanese dressing
Kikkoman........................................................................tbsp 1.5
Sesame oil.............................................................................tbsp 1.5
Sushi vinegar..........................................................................tbsp 1
Roasted ground sesame..................................................................tbsp 1
Wasabi paste..........................................................................(option)
● STEPS

Boil shrimp, and soak ice water after boiled

Dice cut Avocado, cheese, boiled shrimp.(peel skin)

Mix ingredients for dressing, then mix with ❷ in cooking bowl.

Decorate on Cocktail glass like photo.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

その他

マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。
JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
前回は会社側と労働協約を締結する労働組合が決まるまでの手続きについてお話させていただいております。今回は労働組合と労働協約締結に向けてどのような交渉を行うのかについてお話しいたします。
東南アジアを拠点に展開している配車アプリ「Grab」。手軽にタクシーやその他の輸送手段を手配できることで知られています。最近ではアメリカ発の配車アプリUberのフィリピン参入が話題になりましたが、依然Grabの人気は衰えていません。その人気のヒミツとはどんなところにあるでしょうか?
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
今回は僕たちが普段お世話になっているフィリピンのテレビ局「abs-cbn」を紹介します。abs-cbnはフィリピンでとても有名なテレビ局です。フィリピンのテレビタレントは各々テレビ局に所属して、そのテレビ局の番組しか出演ができないんです!日本にはない仕組みで、テレビ局専属のタレントになります。
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel