ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 タコシェル

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 タコシェル
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 タコシェル


フィリピン食材
まめ知識



とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。そんなタコシェルを手軽に楽しめるのがメキシカンファストフード店の「TACO BELL」。 アメリカではケンタッキーやマクドナルドと並んで大人気のタコベルは去年東京にも再上陸し、若者を中心に人気を集めているようですが、実はマニラにも3店舗支店があるようですね。今回はそんなタコシェルをコロッケ風にアレンジした料理の紹介です。フィリピンの食材ではありませんが、フィリピンでもタコシェルを製造している会社があるので、日本よりも身近に、お安く手に入るのではないかと思います。マニラのSM系のスーパーではよく見かけるので、是非一度タコシェル料理にチャレンジしてみて下さい。

 

 


カレー風味が食欲をそそる!

骨付き鶏もも肉のタンドリーチキン風
Japanese style Tandoori Chicken

●材料 (6個分)

Taco shells.................................................................6pcs
じゃがいも.............................................................400g
ひき肉.................................................................100g
玉ねぎ..................................................................100g
塩コショウ...............................................................小さじ1
タコシーズニング................................................................大さじ1
スライスチーズ..................................................................1枚
マヨネーズ......................................................................大さじ2(トッピング用)
キャベツ.......................................................................60g
赤パプリカ.....................................................................30g
とんかつソース..................................................................大さじ6



●調理ポイント

中身のコロッケは一般的なコロッケと同じ作り方でも十分美味しいですが、今回はタコシェルに合うようにエスニックな風味が楽しめるタコシーズニングを加えてみました。スライスチーズとマヨネーズはコロッケにコクと滑らかさをプラスしてくれます。食感を楽しみたい方は芋のマッシュを粗めにしてみるとまた違った風合いにすることができます。オーブントースターやレンジで軽く温めると、パリパリ感がアップします。

 

● 手順(調理時間約30分)

皮つきじゃが芋を、水から柔らかくなるまで茹でる

 ひき肉をフライパンで炒める。炒めている間に余分な油が出てくる場合は取り除く

玉ねぎのみじん切り、調味料を加えて一緒に炒める

じゃが芋に火が入ったら皮を剥き、ボールでマッシュする。

炒めた材料、チーズ、マヨネーズを加えさらにマッシュする。

❺を六等分に分け、写真のようにキャベツの千切りと一緒にタコベルに挟み、パプリカを添えて完成

 

 

●INGREDIENTS (6pcs/Cooking time: 30min)

Taco shells.................................................................6pcs
Potato....................................................................... 400g
Ground pork ..................................................................100g
White onion.........................................................................100g
Salt & Pepper.........................................................................1tbsp
Taco seasoning powder........................................................................1tbsp
Quick melt sliced cheese........................................................................1slice
Japanese mayonnaise..........................................................................2tbsp(for toppings)
Tonkatsu sauce.........................................................................6tbsp
Shredded cabbage........................................................................60g
Red bell pepper.............................................................................30g
● STEPS

Boil potato with skin in pan.

Saute ground pork in teflon pan. (Remove extra oil from ground pork if too much oil comes from it during saute)

Saute chopped onion, taco seasoning and salt & pepper with ②.

After boiling the potato boiled, peel its skin and mash in cooking bowl.

Mix③to④, cheese and mayonnaise.

Split⑤ to six, put each in a Taco shell with shredded cabbage. Top with red bell pepper and tonkatsu sauce.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。

その他

いつもの食卓に一手間かけて♪ 鶏もものサヨーテみぞれあんかけ。今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
我々は日本法人が100%株主のフィリピン会社なのですが、フィリピンにおいて株式上場 (IPO)を行うことは可能なのでしょうか?
今回は「フィリピンの手遊びパッカヌーンが流行っているか検証して見ました。」です。パッカヌーンと最近良く耳にするので、意味を聞いたところ、「いいね」と言う意味らしく今フィリピンでは流行り言葉になっているようです。それが手遊びゲームになったみたいです。日本で言う「せっせっせのよいよいよい」みたいなものです。
こんにちは! HPN3の堀越です。 今回は僕が住んでいるトンド地区にある日本食レストラン「YAKIBUTA」にHPN3で行ってきました。
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
もう12月ですね。初めて暑い12月を迎えます。フィリピン歴の長い方から 「フィリピンでは12月前後になると街の空き地などに遊園地が突如現れる!」 という話を聞いたので、今回僕たちもその一つのトンド地区のドンボスコスクールの敷地内に11月あたりにできた遊園地(Perya)に行ってきました。
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
都心部であるTaguigに立地するPublicコース。Navy, Villiamorなどと軍隊が運営するコースと雰囲気は似ています。9ホールでパー33の設定。距離の短いコースです。練習場も併設されており、パッティンググリーンやバンカー練習場もあります。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel