ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > 簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 サバ缶

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 サバ缶
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 サバ缶


フィリピン食材
まめ知識



人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。開栓しなければ常温で長期保存可能なので、地方の島で生活しているような人達にも広く親しまれているようです。 サバの缶詰と言っても売り場には様々なブランドのものが置いてありますが、写真もその一つ。SABAと書いてあるので、私たち日本人でも一目で中身がなんなのかわかりますね。笑
中にはぶつ切りのサバが何切れか入っており、すでに調理済みなのでそのままでも食べることもできます。 少しクセのある味ですが、和え物にしたり、具材と一緒に火を通したりとレシピサイトにも様々な活用方法が紹介されているので、是非色々な料理にチャレンジしてみてください。

 

 


懐かしさ感じる意外な組み合わせ!

鯖の味噌煮風アレンジパスタ
Aspara Bacon Kushi (Bacon Wrapped Asparagus Skewers)

●材料(2人分)

サバ缶............................................................ 1缶 (150g)
パスタ.............................................................150g
オクラ.................................................................1本
紫玉ねぎ.................................................................1/2個
赤パプリカ............................................................1/2個
味噌.............................................................1tbsp
生姜.................................................................5g
醤油.................................................................1tbsp
塩コショウ.............................................................少々
砂糖................................................................1tsp
水................................................................2tbsp



●調理ポイント

今回はサバの缶詰を丸々1缶使って和風のパスタに挑戦してみました。スーパーの缶詰売り場には色々なブランドのサバ缶が手に入りますが、今回は”in natural oil”と書いてあるものを調理に使用します。中には塩味がついていたり、トマトと一緒に煮込まれているものがあったりしますが、味噌の味付けとケンカしてしまいますのでご注意を。調理のポイントはソースの味のバランス。少し濃いくらいかな?と思うくらいの味付けにしておくとパスタを混ぜた時に味が馴染みやすくなります。

 

● 手順(調理時間約15分)

パスタを茹でる (茹で上がる1分前にオクラも入れ、一緒に茹でる)

 サバ缶を開け、オイルの部分をフライパンに移す。

薄切りにした生姜、パプリカ、玉ねぎを②と一緒に炒める。

軽く火が入ったら、調味料を投入。その後サバの身も入れ、裏表と温めるように火を通す。

味が馴染んだら、サバを一旦取り出す。

パスタが茹だったら、ソースと混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。

皿に盛り付け、オクラ、サバなどをトッピングして完成。

 

 

●INGREDIENTS Mackerel Miso Pasta /Cooking time: 15min)

Mackerel.................................................................1can (150g)
Pasta.....................................................................150g
Okra ................................................................1 pc
Red Onion......................................................................½ pc
Red bell pepper.....................................................................½ pcs
Ginger .................................................................5g
Miso paste...................................................................1tbsp
Kikkoman.................................................................1tbsp
Sugar ..................................................................... 1tsp
Salt & Pepper
Water .......................................................................2tbsp
Salt & Pepper
Lemon Slices
● STEPS

Cook the pasta according to packet instructions. (Boil Okra in the same pan as well)

Open the Mackerel can and separate the oil.

For the sauce, stir the red onion, red bell pepper and ginger in a saucepan. Add the mackerel oil ②.

Add seasonings (miso paste, Kikkoman & sugar), and place the Mackerel meat on top.

Remove the Mackerel meat from the saucepan, it will be used for topping.

Mix the cooked pasta and sauce. Add salt & pepper to taste.

Decorate the plate with mackerel meat and sliced okura.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

その他

今回は「ビジータイグレシアをしてきました!」です! ビジータイグレシアって何の事やらですよね、僕も全く知りませんでした。フィリピンではホーリーウィークの事をセマナサンタと言い、セマナサンタに行われる教会巡りの事をビジータイグレシアと言います。
今回はトンド地区の日本人オーナーの日本食屋さん「スズキカレンデリア」に行って来ました。トンド地区にも日本食のお店はいくつかあるんですがオーナーも日本人なのは恐らくココだけです。トンド地区といえば以前も紹介させてもらいましたが「東洋一のスラム街」とも言われる危険な場所です。その場所で63歳のおじさんが日本食屋さんをやっていると聞き行って来ました。
今回は日本人があまり行かない島第2弾という事でカグバレット島に行って来ました! 場所はルソン島の東側。 前回行ったポリリオ島の下の方にあります。 バス、ジープ、船でマニラから約7時間の旅を経ていざカグバレットへ!
今回は「またコスプレカーニバルに行きました」です! 前にもSMXで行われたコスプレカーニバル! 前はいつものサムライショートコントで使っている、町娘の格好にメイクをしただけの簡単なコスプレでしたが、今回は友達のフィリピン人のコスプレイヤーにアニメのコスプレ衣装を作ってもらい参戦してきました!
ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
サンタローザで高速を降り、山間になかに現れる山岳コースがSouth Forbes。非常に狭く、青ティーからでも4886ヤードでパー67の設定でかなり距離の短いコースです。ただし短いからといって簡単なわけではなく、フィリピンの広々としたフェアウェイのコースに慣れた人には少々タフなセッティングかもしれません。
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
今回僕たちはディビソリアに洋服を買いに行きました。 フィリピンにはUkay ukayと呼ばれる古着屋さんがたくさんあります。 Ukayとは「掘る」という意味があります。 掘り出しものを探す感じからきてるのでしょうか。 今回行ったのはディビソリアの少し外れのトンド教会の近くのUkay ukayです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel