ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 サバ缶

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 サバ缶
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 サバ缶


フィリピン食材
まめ知識



人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。開栓しなければ常温で長期保存可能なので、地方の島で生活しているような人達にも広く親しまれているようです。 サバの缶詰と言っても売り場には様々なブランドのものが置いてありますが、写真もその一つ。SABAと書いてあるので、私たち日本人でも一目で中身がなんなのかわかりますね。笑
中にはぶつ切りのサバが何切れか入っており、すでに調理済みなのでそのままでも食べることもできます。 少しクセのある味ですが、和え物にしたり、具材と一緒に火を通したりとレシピサイトにも様々な活用方法が紹介されているので、是非色々な料理にチャレンジしてみてください。

 

 


懐かしさ感じる意外な組み合わせ!

鯖の味噌煮風アレンジパスタ
Aspara Bacon Kushi (Bacon Wrapped Asparagus Skewers)

●材料(2人分)

サバ缶............................................................ 1缶 (150g)
パスタ.............................................................150g
オクラ.................................................................1本
紫玉ねぎ.................................................................1/2個
赤パプリカ............................................................1/2個
味噌.............................................................1tbsp
生姜.................................................................5g
醤油.................................................................1tbsp
塩コショウ.............................................................少々
砂糖................................................................1tsp
水................................................................2tbsp



●調理ポイント

今回はサバの缶詰を丸々1缶使って和風のパスタに挑戦してみました。スーパーの缶詰売り場には色々なブランドのサバ缶が手に入りますが、今回は”in natural oil”と書いてあるものを調理に使用します。中には塩味がついていたり、トマトと一緒に煮込まれているものがあったりしますが、味噌の味付けとケンカしてしまいますのでご注意を。調理のポイントはソースの味のバランス。少し濃いくらいかな?と思うくらいの味付けにしておくとパスタを混ぜた時に味が馴染みやすくなります。

 

● 手順(調理時間約15分)

パスタを茹でる (茹で上がる1分前にオクラも入れ、一緒に茹でる)

 サバ缶を開け、オイルの部分をフライパンに移す。

薄切りにした生姜、パプリカ、玉ねぎを②と一緒に炒める。

軽く火が入ったら、調味料を投入。その後サバの身も入れ、裏表と温めるように火を通す。

味が馴染んだら、サバを一旦取り出す。

パスタが茹だったら、ソースと混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。

皿に盛り付け、オクラ、サバなどをトッピングして完成。

 

 

●INGREDIENTS Mackerel Miso Pasta /Cooking time: 15min)

Mackerel.................................................................1can (150g)
Pasta.....................................................................150g
Okra ................................................................1 pc
Red Onion......................................................................½ pc
Red bell pepper.....................................................................½ pcs
Ginger .................................................................5g
Miso paste...................................................................1tbsp
Kikkoman.................................................................1tbsp
Sugar ..................................................................... 1tsp
Salt & Pepper
Water .......................................................................2tbsp
Salt & Pepper
Lemon Slices
● STEPS

Cook the pasta according to packet instructions. (Boil Okra in the same pan as well)

Open the Mackerel can and separate the oil.

For the sauce, stir the red onion, red bell pepper and ginger in a saucepan. Add the mackerel oil ②.

Add seasonings (miso paste, Kikkoman & sugar), and place the Mackerel meat on top.

Remove the Mackerel meat from the saucepan, it will be used for topping.

Mix the cooked pasta and sauce. Add salt & pepper to taste.

Decorate the plate with mackerel meat and sliced okura.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。

その他

これまで毎月ゴルフ場を紹介してきましたが、そもそもゴルフをするにはゴルフクラブが必要です。ルール上ゴルフバッグにはクラブを14本まで入れることが出来ます。ただし、14本揃えるとなるとそれなりの出費。最初は先輩や友人から古いクラブを譲り受けたり、借りたり、または初心者向けの安価なセットを購入してゴルフを始めるケースが多いと思います。
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
中小企業でも良い特許があれば、 大企業と対等以上に戦えるって本当なの? 前回のコラムで、ビジネスが対象になる知的財産権の案件では、発生した損害の基礎となる対象がその売り上げ金額になるとお話しました。
今回は「釣った魚を食べてみよう!」です。いつもは、釣った魚はリリースするか現地の人に上げたりしていますが、今回は食べてみる事にしました!釣りをした場所は以前何回か紹介した、スターシティーの近くのマニラ湾です。
今回はフィリピンでの車の運転です。 前に初めてフィリピンで車を運転した動画を出したのですが、その時は久しぶりのマニュアル車に戸惑い公道に出ることなく終わってしまったのですが あれから半年、、
2019年6月に2日間にわたって開催された「IGNITE 2019」。今回は、ビジネス烈伝の番外編として、IGNITEを運営するdentsu X 窪崎さんとTechShake足立さんのお二人にお話を伺った。
今回はトンド地区の日本人オーナーの日本食屋さん「スズキカレンデリア」に行って来ました。トンド地区にも日本食のお店はいくつかあるんですがオーナーも日本人なのは恐らくココだけです。トンド地区といえば以前も紹介させてもらいましたが「東洋一のスラム街」とも言われる危険な場所です。その場所で63歳のおじさんが日本食屋さんをやっていると聞き行って来ました。
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel