ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 Tulingan (鮪の幼魚)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 Tulingan (鮪の幼魚)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 Tulingan(鮪の幼魚)


フィリピン食材
まめ知識



魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。(日本ではコメジ、ヨコワと呼ばれているそうですが、Tulinganが同じものであるかどうかは不明)世界的に鮪不足が深刻であるのに、フィリピンではごく一般的に消費されている魚の一つ。大丈夫なのだろうか? という筆者の個人的な心配な気持ちはさておき、今回はこちらを使った一品の紹介です。フィリピンではシンプルに焼いたり、揚げたり。あまり手間をかけずに食べられていることが多いようですが、今回は和食の基本であると煮付けにして食してみたいと思います。煮物は難しいように感じる方も多い調理法ですが、先に煮汁を作ってしまい、具材を鍋に入れて火をつければ後は火が入るのを待つのみです。タイミングなど色々細かいところはありますが、とにかく気にせず、まずは試してみましょう。

 

 


今晩の食卓はがっつり魚で!

Tulinganの煮つけ
Tulingan nitsuke (Simmered Tulingan with sweet soy sauce)

●材料(2人分)

Tulingan............................................................1尾(350g)
大根.............................................................200g
長ネギ.................................................................50g
生姜...............................................................10g
水...........................................................100ml
酒............................................................100ml
醤油...............................................................50ml
みりん...............................................................50ml
酢............................................................小さじ1
砂糖............................................................小さじ1



●調理ポイント

今回の調理ポイントは食材の下処理。一緒に煮込む前に大根は下茹で(柔らかくなるまで)、魚は内臓などを取ったあと一度熱湯をかけ、臭みを取ります。白身魚によりも魚臭さがあるので、煮付ける際は生姜やネギも一緒に入れましょう。煮汁に入っている少量の酢はも臭み消し、また煮崩れ防止にも効果があります。砂糖は、好みに応じて調節してください。

 

● 手順(調理時間約1時間 下茹で時間含む)

 

大根を適当な大きさに切り、下茹でする。

 魚は内臓、えらを取り除き、綺麗に洗う。

熱湯を魚にかけ、臭みを取る。

生姜、下茹でした大根、魚を鍋に入れ、煮汁を入れて火をつける。

程よく沸騰が続く程度の火力にし、アクを丁寧に取る

アクがある程度取れたら、アルミホイルなどで落し蓋にし、10分程度煮る

ぶつ切りにしたネギを投入、煮汁を魚にかけながら煮込む

魚に味が入ったら完成。器に盛り付け、白髪ねぎを添える。

 

 

●INGREDIENTS Tulingan nitsuke (Simmered Tulingan with sweet soy sauce) /Cooking time: 1h)

Tulingan.............................................................1pcs (350g)
Radish................................................................200g
Onion leaks..............................................................50g
Ginger..................................................................10g
Water..................................................................100ml
Sake................................................................100ml
Kikkoman...............................................................50ml
Mirin...............................................................50ml
Vinegar................................................................1tsp
Sugar................................................................1tsp

● STEPS

Peel and cut Radish, toss it under boiling water.

Remove inner parts and gills of the Tulingan

Boil the fish (Tulingan) to remove smells

Put sliced ginger under the boiling radish and Tulingan. Next, combine mirin, soy sauce and sugar in a saucepan and bring to a boil over high heat.

Keep the heat on and remove the scum.

Add the Tulingan and cover it with aluminum foil. Continue to simmer for 10min

After 10 mins, add the cut onion leaks. Continue to simmer for 1 minute

Remove from heat. Decorate the plate with thin sliced onion leaks.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。

その他

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
。先日僕たちHPN3は日本に行ってきました。 日本に行った時は必ずホームステイファミリーにお土産を買っていっています。チョコレートやスナック菓子、カップラーメンなど。みんな喜んでくれます。僕の帰りよりもむしろお土産を楽しみにしています。
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
『フィリピン人を試用期間付で雇用する場合の注意点』
今回は具体的にフィリピンにおいて労働問題となりやすい、フィリピン人の雇用についてお話しさせていただきます。
焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ
必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel