ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マラキット Malagkit(フィリピンのもち米)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マラキット Malagkit(フィリピンのもち米)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 マラキット Malagkit(フィリピンのもち米)

フィリピン食材
まめ知識



もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。フィリピンでの主な使用用途はスイーツ。ココナッツミルクや黒糖を入れて餅のようなもの(ライスケーキとよく呼ばれています)を作り、祭事や祝い時に振舞われることが多いようです。もち米の食感はアミロペクチンというでんぷん質がら成っています。歯ごたえがあり、冷めても柔らかいという性質から、パサパサとしたフィリピン米に多少混ぜて炊くことで日本米のようなネバりをつけることができます。そんなMalagkitを使って、今回は炊き込みおこわのレシピをご紹介します。

 

 


炊飯器におまかせ!

Malagkitの五目おこわ
Gomoku Okowa Rice
(Steamed glutinous rice with assort ingredients)

●材料(2合分)

Malagkit........................................1カップ(150g)
白米............................................1カップ(150g)
醤油...................................................大さじ2
酒....................................................大さじ1
塩...................................................1つまみ(2g)
粒状和風出汁...............................................小さじ1
鶏肉(もも or ムネ)....................................80g
人参................................................20g
椎茸.................................................20g
こんにゃく.............................................20g
油揚げ................................................10g

 



●調理ポイント

計量時は1合カップを使うと便利。もち米の1カップが150g、水の1カップが180ccちょうど1合炊く分の量になります。もち米はとても吸水性が高いので、炊飯前の浸水は不要です。洗う時もミネラルウォーターを使うと良いでしょう。炊きムラを防ぐために炊きあがった後すぐに蓋を開けず、15分程蒸らしてください。蒸らした後はしゃもじを使って大きく、空気を入れるように混ぜ込みます。そうすることでよりふっくらと仕上がります。

 

● 手順(調理時間約1時間)

 

具材を好みの大きさに細切りする。

調味料と合わせ、下味をつけておく。

米ともち米を合わせ、研ぐ。

炊飯器に❷、❸を合わせ、水を入れて炊飯ボタンを押す。

炊けたら15分程蒸らし、混ぜ合わせて完成。

火が入ったら皿にご飯を盛り、写真の用に具材を盛り付け、完成。

 

 

●INGREDIENTS Gomoku Okowa Rice
(Steamed glutinous rice with assort ingredients)

(/Cooking time: 1h)

Malagkit.....................................................................1cup(150g)
Japanese rice..........................................................1cup(150g)
Kikkoman................................................................2tbsp
Sake.....................................................................1tbsp
Salt.....................................................................1pnch
Dashi powder..............................................................1tbsp
Chicken(thigh or breast)...............................................80g
Carrot.......................................................................20g
Shiitake mushrooms......................................................20g
Konnyaku(Elephant foot)..............................................20g
Fried tofu................................................................10g

● STEPS

Thin sliced ingredients.

Marinate ingredients with with seasonings
(kikkoman, sake, salt, dashi powder)

Wash and drain rice and Malagkit for 5times.

After wash, put in Rice cooker with ingredients.
Then turn “on”

After rice was cooked, just keep there 15minutes for extra steaming.

Open rice cooker, then mix everything well.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。

その他

レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
今回はisang daan (100)シリーズ第2弾という事で前回の【焼きそばにカラマンシーを100個かけてみた】に続いて、【焼きそばにチリを100個入れてみた】です。まずチリを100個買いに行ったのですが、普段ならすぐ見つかるはずのチリがどこにも売ってない!
今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
『フィリピンでの不動産購入はどうやってやるの?』
今回はフィリピンで不動産を買うときの手続についてお話しさせていただきます。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel