ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 もち粉 Glutinous Rice Flour

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 もち粉 Glutinous Rice Flour
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 もち粉 Glutinous Rice Flour

フィリピン食材
まめ知識



海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。今回ご紹介する白玉もその一つ。白玉粉は日本の白玉粉でしか作れないと思っている方も多いと思いますが(当方もその一人でした)フィリピンのスーパーで手に入るGlutinous Rice Flourで簡単に白玉のような餅を作ることができます。白玉粉との違いは製造法の違い。すり潰したり、圧縮しながら製造するので粒子が細かく、なめらかな食感です。Glutinous Rice Flourは白玉粉ほどの滑らかさはありませんが、白玉粉に比べて値段が格安です(P40/500g程度)。食感が多少違うものの、原材料は同じもち米なので、同じような餅が作れるわけですね。今回はそんなGlutinous Rice Flourを使って白玉作りにチャレンジしてみましょう。

 



フィリピンで白玉作り!


白玉と抹茶のパフェ
Matcha Parfait with Shiratama Mochi

●材料(2~3人分)

白玉:約40個
Glutinous Rice Flour...............................200g
水...............................................170ml

パフェ
白玉................................................2個(お好みで)
抹茶アイスクリーム...........................................60g
抹茶ゼリー...............................................30g
あんこ................................................30g
シリアル...............................................15g
黒蜜................................................10ml
チェリー...............................................1
ミント

 



●調理ポイント

ボウルに粉と水を合わせたら、丁寧に全体に水が回るように混ぜ合わせて下さい。お子様やフィリピン人の方向けに作る場合は少し砂糖を加えて作った方が喜ばれます。その際は室温でも溶けやすい粉砂糖を使うのがオススメ。茹でる際は球状にしてから中心部を少し潰して茹でると中まで火が通りやすいです。作り置きは個別にラップをして冷凍保存も可能です。

 

● 手順(調理時間約30分)

 

白玉をの材料を準備する

Glutinous flour と水をボウルに合わせ、一つにまとめる

一粒5g程度の大きさに丸める

沸騰したお湯に入れ、浮いてきたらすくい上げる

お好みの材料を使い、パフェグラスに盛り付ける

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 30 minutes)

Shira tama Mochi: 40pcs
Glutinous Rice Flour........................................................200g 
Water............................................................................170ml

Parfait
Shiratama Mochi..........................................................2pcs
Matcha Ice Cream.............................................................60g 
Sweet Bean Paste..............................................................30g
Cereal.............................................................................15g 
Black honey...................................................................10ml
Red cherry.......................................................................1pcs 
Mint Leaves

● STEPS

Prepare ingredients to make Shiratama Mochi.

Mix Glutinous flour and water in cooking bowl, then make one dough.

Pick 5grams each, shape round

Boil 3 in boiling water. Its time to pick up when it flow up.

Prepare any ingredients. Decorate in Parfait glass like photo

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。
鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。

その他

最近の日本の子供たちは家でゲームばかりで外遊びをあまりしないと聞きます。 フィリピンはまだ外遊びが主流かと思いきや、フィリピンも一緒でした! 日本よりは外で遊んでいる子供も多いですがそれでも減ってきているみたいです。 最近の子供の遊びは日本もフィリピンもゲーム!
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
授業動画を使って塾に行くよりも格段に安く学習できる方法が日本でも話題になっている。その仕組みをフィリピンの学校の授業にも取り入れているのがQuipper。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
今回は「マニラ湾で釣りをしよう」です!僕、田中の趣味は釣りで、日本にいる時は千葉の館山などによく釣りに行っていました。なのでフィリピンに来たら綺麗な海が近くにあり、年中暑いという事でいつでも手軽に海釣りが出来るんじゃないかと期待していました。
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回は堀越の企画!『HPN3の中で誰が1番カッコイイか?!inフィリピン』日本ではあまりモテなかった堀越、、しかし!フィリピンでは価値観も違うのでモテるのでは!?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel