ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 KIKIAM fish cake

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 KIKIAM fish cake
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 長ネギ Onion leek

フィリピン食材
まめ知識



お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。今回はそんな魚のすり身と野菜などを混ぜたものを揚げて作られる、フィリピン版さつま揚げKIKIAMのご紹介です。作り方はとてもシンプル。好きな材料を混ぜて塩と砂糖、つなぎに小麦粉と卵などを混ぜて揚げれば出来上がりです。中には魚の代わりにひき肉を使うレシピなどもあるようなので、本当に作り方は自由なのだと思います。形なども様々。路上で何かを串に刺して揚げて提供している方々を見かけたことはあるでしょうか?巷ではよくフィッシュボールという名で売られていますが、あれらも一種のKIKIAMのようです。甘酢やチリソースにつけて食べると意外に美味しく、地元の方々のミリエンダ(3時のおやつ)にも親しまれているようです。スーパーなどにKIKIAMと書かれている冷凍食品も売られているので是非探してみて下さいね。

 



フィリピンのさつま揚げ!

KIKIAMの味噌バター炒め
Sauted Kikiam with Miso Butter sauce

●材料(2人前)

KIKIAM.......................................100g
キャベツ........................................50g
玉ねぎ..........................................20g
人参..............................................10g
もやし........................................30g
出汁..............................................100ml
合わせ味噌...................................20g
バター................................................5g
醤油...............................................5ml
ゴマ油.............................................10ml

 



●調理ポイント

既製品のKIKIAMを使用する場合はレンジなどで解凍してから使用しますが、基本的には火が通っているものなので、調理は他の野菜と同じタイミングで炒めてしまって大丈夫です。火力は常に強火で。油が全体的に回ったら出汁を加え、全体の火通りを馴染ませましょう。味噌とバター投入後は手早く仕上げましょう。

 

● 手順(調理時間約20分)

 

材料を食べやすい大きさにカットする。

フライパンに油をひき、強火で材料を炒めていく。

全体に油が回ったら、出汁を入れ、馴染ませる。

味噌、バターを入れ手早く炒める。

最後にごま油を回しかけ、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 20 minutes)


Kikiam........................................................100g
Cabbage......................................................50g
Onion.............................................................20g
Carrot..........................................................10g
Bean sprout................................................30g
Dashi water....................................................100ml
Japanes Miso paste..........................................20g
Japanese Soy sauce.............................................5ml
Sesame oil...........................................................10ml

● STEPS

Cut all ingredients by bite size.

Heat pan with oil, then put all ingredients.

Saute all around, then put Dashi water.

Put Miso and Butter, Saute quickly.

Put Sesame oil for add flavor 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。
鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
皆さんこんにちは!ハポンスリーの井上です! 今回お仕事で日本に帰らせて頂いたので 僕の出身地広島にある平和公園を紹介したいと思います。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
今回は「イナサルのメニューを全部たのんでみました!」です。 イナサルとはフィリピンにあるチキンのレストランで低価格でライス食べ放題といった魅力がある大人気のチェーン店です!
日本国内外での積極的な出店攻勢を続けるコンビニエンスストアの雄、ファミリーマートが4月、フィリピンに上陸。店舗展開の陣頭指揮をとる小泉昌親さんにお話をお聞きしました。
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
2018年10月に開所したJNTO(日本政府観光局)のマニラ事務所。初代所長に就任した藤内さんはこれまで米国などで経験を積み、日本の観光創造に長年携わってきた。近年ではアジアからの訪日客が急増している。フィリピン訪日客のさらなる獲得を目指し、新たな観光需要の創出に汗を流す。
いつもの食卓に一手間かけて♪ 鶏もものサヨーテみぞれあんかけ。今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel