ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > 簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 KIKIAM fish cake

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 KIKIAM fish cake
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 長ネギ Onion leek

フィリピン食材
まめ知識



お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。今回はそんな魚のすり身と野菜などを混ぜたものを揚げて作られる、フィリピン版さつま揚げKIKIAMのご紹介です。作り方はとてもシンプル。好きな材料を混ぜて塩と砂糖、つなぎに小麦粉と卵などを混ぜて揚げれば出来上がりです。中には魚の代わりにひき肉を使うレシピなどもあるようなので、本当に作り方は自由なのだと思います。形なども様々。路上で何かを串に刺して揚げて提供している方々を見かけたことはあるでしょうか?巷ではよくフィッシュボールという名で売られていますが、あれらも一種のKIKIAMのようです。甘酢やチリソースにつけて食べると意外に美味しく、地元の方々のミリエンダ(3時のおやつ)にも親しまれているようです。スーパーなどにKIKIAMと書かれている冷凍食品も売られているので是非探してみて下さいね。

 



フィリピンのさつま揚げ!

KIKIAMの味噌バター炒め
Sauted Kikiam with Miso Butter sauce

●材料(2人前)

KIKIAM.......................................100g
キャベツ........................................50g
玉ねぎ..........................................20g
人参..............................................10g
もやし........................................30g
出汁..............................................100ml
合わせ味噌...................................20g
バター................................................5g
醤油...............................................5ml
ゴマ油.............................................10ml

 



●調理ポイント

既製品のKIKIAMを使用する場合はレンジなどで解凍してから使用しますが、基本的には火が通っているものなので、調理は他の野菜と同じタイミングで炒めてしまって大丈夫です。火力は常に強火で。油が全体的に回ったら出汁を加え、全体の火通りを馴染ませましょう。味噌とバター投入後は手早く仕上げましょう。

 

● 手順(調理時間約20分)

 

材料を食べやすい大きさにカットする。

フライパンに油をひき、強火で材料を炒めていく。

全体に油が回ったら、出汁を入れ、馴染ませる。

味噌、バターを入れ手早く炒める。

最後にごま油を回しかけ、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 20 minutes)


Kikiam........................................................100g
Cabbage......................................................50g
Onion.............................................................20g
Carrot..........................................................10g
Bean sprout................................................30g
Dashi water....................................................100ml
Japanes Miso paste..........................................20g
Japanese Soy sauce.............................................5ml
Sesame oil...........................................................10ml

● STEPS

Cut all ingredients by bite size.

Heat pan with oil, then put all ingredients.

Saute all around, then put Dashi water.

Put Miso and Butter, Saute quickly.

Put Sesame oil for add flavor 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。
鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。

その他

サンタローザで高速を降り、山間になかに現れる山岳コースがSouth Forbes。非常に狭く、青ティーからでも4886ヤードでパー67の設定でかなり距離の短いコースです。ただし短いからといって簡単なわけではなく、フィリピンの広々としたフェアウェイのコースに慣れた人には少々タフなセッティングかもしれません。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
今回は日本人があまり行かない島第2弾という事でカグバレット島に行って来ました! 場所はルソン島の東側。 前回行ったポリリオ島の下の方にあります。 バス、ジープ、船でマニラから約7時間の旅を経ていざカグバレットへ!
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ
フィリピンでのトラック販売台数シェアナンバーワンのいすゞ。トラックメーカーが作る質実剛健な造りのSUVも着実に人気を伸ばし、人気は高まる一方。フィリピンで創業20周年を迎え、今後はジプニーに代わる公共輸送で貢献していきたいとも考えている。フィリピン人に愛され続けるメーカーであるため、サービスの拡充に力を注いでいる。
フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう
フィリピンといえば安くて美味しいご飯屋さんがたくさんあります! その中でもフィリピンでとても有名で、僕たちHPN3もよく利用させてもらってる 「Mang INASAL」に今回行ってきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel