ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 鶏皮 (Chicken Skin)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 鶏皮 (Chicken Skin)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 鶏皮 (Chicken Skin)

フィリピン食材
まめ知識


フィリピン人はチキンが大好き! レストランはもちろん、ファストフード店やコンビニにもフライドチキンとご飯のセットが売られています。某有名ハンバーガー店ではハンバーガーよりもフライドチキンの方が良く売れるそうです。そんなチキン好きなフィリピン人は、もちろん鶏の皮も好物。現地の方はチチャロン(Chicharon)という鶏皮を揚げてスナック菓子のようにしたものをお酒のおつまみやミリエンダタイムに食べるようです。私も以前食べてみたことがあるのですが、正直、油臭くとても体に悪そうな感じがしたので完食することができませんでした…。フィリピン人の友人に聞いたところ、お酢をつけて食べるとパンチが効いておいしくなるんだとか。鶏皮にはナイアシン、ビタミンKなどが多く含まれており、アルコールを分解する効果、二日酔い予防の効果があるようです。お酒のお供にピッタリなのは味や食感だけでなく、栄養的な面でも相性が良かったのですね。今回はそんな鶏皮を使って簡単に出来る鶏皮のから揚げレシピをご紹介します。



ビールのおつまみの定番!!

鶏皮のから揚げ
Chicken Skin Kara-age

●材料(2人前)

鶏皮......................................250g
おろし生姜............................5g
おろしにんにく.....................5g
酒...........................................大さじ2
醤油.......................................大さじ1
塩こしょう............................1つまみ
出汁の素................................小さじ1/2
片栗粉........................................大さじ1

 



●調理ポイント

鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります。粉付けは食感をパリっとさせるために一つ一つ丁寧に粉をまぶしていきましょう。そのままでも美味ですが、甘辛ダレ、一味唐辛子とも相性抜群です。

 

● 手順(調理時間約10分)

 

鶏皮を適当な大きさに切る

❶に酒を揉み込む

5分後、その他材料も一緒に合わせ揉み込む

片栗粉をまぶし、180℃の油で揚げる

カラっと揚がれば完成

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 10 minutes)


Chicken skin........................................2pc
Grated ginger..................................................100g
Ground garlic..................................................10g
Sake...........................................(for toppings)
Kikkoman...........................................(for toppings)
Salt & pepper..........................................1tbsp
Dashi powder............................................1tbsp
Corn starch........................................1tbsp

● STEPS

Cut chicken skin by bite size

Mix Sake with ❶ in cooking bowl

After 5min, mix well with another all ingredients.

Put corn starch, then fry them in 180℃ oil.

After it became crunchy. Decorate on plate, and serve.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。

その他

世界を股にかけるような大きな仕事をしたいという思いを実現し、20年という長きに渡り海外で活躍を続ける重田さん。現在、フィリピンでは建設業におけるBPOという独自路線を指揮し、150名を束ねている。建設業務がスムーズに行えるように、裏方として常に気配りし、会社を支える大黒柱。オフのときも含め、バイタリティに溢れている。
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
もう12月ですね。初めて暑い12月を迎えます。フィリピン歴の長い方から 「フィリピンでは12月前後になると街の空き地などに遊園地が突如現れる!」 という話を聞いたので、今回僕たちもその一つのトンド地区のドンボスコスクールの敷地内に11月あたりにできた遊園地(Perya)に行ってきました。
『こんな従業員は解雇できますか?(2)』今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「大盛り激辛ヌードルチャレンジ」です。今回は更にハードルを上げて、ラーメン5個にチャレンジ!
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
フィリピン住みます芸人の堀越です。 今回僕はたまたまマニラに遊びに来ていたベトナム住みます芸人ダブルウィッシュ井手と一緒にプエルトガレラに行ってきました!
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel