ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 鯵( Salay-Salay)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 鯵( Salay-Salay)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 鯵( Salay-Salay)


ごま風味香る

鯵の南蛮煮
Simmered Salay-Salay with vinegared soy sauce

●材料(2人前)

SALAY-SALAY................................4匹(500g)
おろし生姜......................................5g
おろしにんにく...............................5g
ゴマ油..............................................大さじ2
酢......................................................大さじ1
醤油...................................................1つまみ
黒こしょう......................................小さじ1/2
長ネギ..............................................大さじ1
煎りゴマ..........................................大さじ1

 



●調理ポイント

アジは鮮度が命。新鮮なものを選ぶには身のハリがあるもの、エラが綺麗な赤色をしているものを選んで下さい。鮮度の劣化が早い魚なので、古くなるとすぐ臭みが出てしまいます。内臓を取り除く際は身が割れやすいので、ボールに水を溜めてそこれ洗うように掃除しましょう。

 

フィリピン食材
まめ知識



日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。ここフィリピンでも日本同様様々なアジを入手することができます。一般的なマアジ(背びれの黄色いキアジ、背びれの黒いクロアジなど)、細長い形が特徴のムロアジ、幅広のシマアジ、はたまたダイビングでは大型のギンガメアジ(ロウニンアジ)の群れの鑑賞を海中で楽しまれていたりもします。アジはフィリピンの家庭でも広く使われているので、一般的なスーパーの鮮魚コーナーで購入可能。鮮度の良いものや色々な種類を試したい方は一度ローカルの市場を見に行ってみるのも楽しいかもしれません。鯵は高タンパク低脂質で栄養豊富。特に血中コレステロールや中性脂肪値を下げるEPA,DHAが豊富で、脳細胞を活性化させる働きもあります。肉食が多くなりがちな昨今ですが、成長期のお子様にも積極的に魚料理を作ってみて下さい!

 

 

● 手順(調理時間約30分)

 

鯵の下処理をする( 内臓,ゼイゴ、エラの除去)

ボールに調味料をすべて合わせ、鯵を15分程度漬け込む

漬け込み後、2をそのまま調味液ごとフライパンに移す

火をつけ、中火で焼き煮にする

時々裏返し、火が通れば完成

時々裏返し、火が通れば完成

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 30 minutes)


Salay-Salay...............................................4pcs (500g)
Grated ginger................................................5g
Ground garlic................................................5g
Sesame oil....................................................50g
Kikkoman......................................................50g
Vinegar..........................................................50g
Black pepper.................................................1pinch
Onion leaks...................................................5g
Roasted white sesame..................................1g

● STEPS

Under prep Salay-Salay( remove intenal organs,scales and gills)

Mix all ingredients in bowl, marinate 1 for 15mins

After marination, transfer to pan(with mariate sauce) and heat

Pan simmer Salay-salay for both of part.

After cook, decorate on the plate

Topping thin sliced onion leaks and roasted sesame as option

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります

その他

朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
2018年10月に開所したJNTO(日本政府観光局)のマニラ事務所。初代所長に就任した藤内さんはこれまで米国などで経験を積み、日本の観光創造に長年携わってきた。近年ではアジアからの訪日客が急増している。フィリピン訪日客のさらなる獲得を目指し、新たな観光需要の創出に汗を流す。
今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)
缶詰で、パパっと本格! イカのリゾット
日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
今回は「フィリピン料理を作ってみよう!」 第2弾ということで前回のシニガンに続いてフィリピン料理シシグを作ってみました。
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
住友商事と比大手財閥ロペスグループが共同で開発・運営するバタンガスの工業団地、「ファースト・フィリピン・インダストリアル・パーク」の福田繁夫さんにお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel