ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ベビーホタテ (Scallops)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ベビーホタテ (Scallops)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ベビーホタテ (Scallops)


フライパン一つでお手軽簡単♪

ベビーホタテのガーリックホイル焼き
Scallop with Garlic butter

●材料(一人前)

ベビーホタテ 80g
玉ねぎ 20g
ガーリックバター 10g
濃口醤油 10g
青のり 1つまみ
(ガーリックバター)
バター200g
塩20g
味の素20g
にんにくみじん切り20g
ブラウンシュガー20g
醤油20g

 



●調理ポイント

ホタテは鮮度が命。痛んでくると臭いがでてしまうので、購入時には良質なものを選んでください。少し臭いを感じるときは料理酒をまぶすと多少和らぎます。バターが焦げやすいので、調理時には定期的に全体を混ぜましょう。

 

フィリピン食材
まめ知識



フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。地元の方々の食べ方は焼いたり、炒めたり。また、スープの具材としても親しまれています。日本のホタテに比べると少々小ぶりなホタテではありますが、味や食感はホタテなので、色々な料理に活用できるかと思います。ただ、物流が安定していないため、地方からマニラの港に到着するころには鮮度が落ちてしまっていることが多いため、生食は避けた方が良いでしょう。購入場所はスーパーの鮮魚コーナーや市場で。殻付きのフレッシュなもの、貝柱に処理されたものが売られていますが、最近はCOLD STORAGEやUNI FISHなどの水産加工会社が一時加工した製品を取り扱っているためより安全でお手軽に手に入れることができるようになっています。今回はそんなフィリピンのホタテを使ってお手軽料理にチャレンジしてみましょう!

 

 

● 手順(一人前 調理時間十分)

 

バターを常温に戻し、材料を合わせ、ガーリックバターを作る

アルミカップにスライスオニオン、ホタテ、ガーリックバターを乗せる

フライパンに置き、火にかける

時々焦げないよう混ぜ、火が通れば完成。

5. 火が通ったら青のりをまぶし、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 10 minutes)


Scallop 80g
Onion slice 20g
Garlic Butter 10g
Soy sauce 10g
Nori powder 1pnch
(Garlic butter mixture) Unsalted Butter200g, salt20g, ajinomoto20g, minced garlic20g, brown sugar20g, soy sauce20g

● STEPS

Make Garlic butter (Mix all ingredients with melted butter).

Put sliced onion, Scallops and Garlic butter in Aluminum tray.

Put 2 on Frying pan, start heating

Mix sometimes for all part.

Sprinkle Nori powder after finished to cook.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。

その他

僕たちには仲間がいます! タイ住みます芸人、ベトナム住みます芸人、マレーシア住みます芸人、台湾住みます芸人、インドネシア住みます芸人です。 みんなそれぞれの地域で活動しています!
フィリピンには7千以上もの島があります。ただ僕たちはまだマニラのあるルソン島とセブ島しか行ったことがありません。フィリピンに住んでるからには色々な島に行ってみたい!そしてせっかくなので王道のセブやボラカイ、パラワンではなく、まだ僕たちが聞いたことのない島に行ってみよう。そしてなるべく格安で行こう!
南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
2016年、フィリピンの大手金融機関BDOと野村HDの合弁会社「BDO野村セキュリティーズ」の初代社長に就任した片川さん。現地の人々の力で国内の経済を盛り上げようと、個人向けのオンライン証券市場の開拓に意欲を燃やす。国内外で培ってきた営業力と持ち前の勤勉さを発揮し、成長市場を見据えて大きく舵をとる。
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
『フィリピンでビジネスを始めるには?』  前回はフィリピンの弁護士や法律事務所についてご紹介させていただきました(もし見逃してしまい、今から見たいという方は、 ...続きを読む
今回は「フィリピンの家庭料理を作りました!パート3」です! 僕たちもフィリピンにきて早一年ちょっとたちました。 食事はフィリピンのローカルレストランなどでよくフィリピン料理を食べます。来た当初は口に合わない料理などもありましたが、今はとても美味しく感じるようになりました。
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel