ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ベビーホタテ (Scallops)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ベビーホタテ (Scallops)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ベビーホタテ (Scallops)


フライパン一つでお手軽簡単♪

ベビーホタテのガーリックホイル焼き
Scallop with Garlic butter

●材料(一人前)

ベビーホタテ 80g
玉ねぎ 20g
ガーリックバター 10g
濃口醤油 10g
青のり 1つまみ
(ガーリックバター)
バター200g
塩20g
味の素20g
にんにくみじん切り20g
ブラウンシュガー20g
醤油20g

 



●調理ポイント

ホタテは鮮度が命。痛んでくると臭いがでてしまうので、購入時には良質なものを選んでください。少し臭いを感じるときは料理酒をまぶすと多少和らぎます。バターが焦げやすいので、調理時には定期的に全体を混ぜましょう。

 

フィリピン食材
まめ知識



フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。地元の方々の食べ方は焼いたり、炒めたり。また、スープの具材としても親しまれています。日本のホタテに比べると少々小ぶりなホタテではありますが、味や食感はホタテなので、色々な料理に活用できるかと思います。ただ、物流が安定していないため、地方からマニラの港に到着するころには鮮度が落ちてしまっていることが多いため、生食は避けた方が良いでしょう。購入場所はスーパーの鮮魚コーナーや市場で。殻付きのフレッシュなもの、貝柱に処理されたものが売られていますが、最近はCOLD STORAGEやUNI FISHなどの水産加工会社が一時加工した製品を取り扱っているためより安全でお手軽に手に入れることができるようになっています。今回はそんなフィリピンのホタテを使ってお手軽料理にチャレンジしてみましょう!

 

 

● 手順(一人前 調理時間十分)

 

バターを常温に戻し、材料を合わせ、ガーリックバターを作る

アルミカップにスライスオニオン、ホタテ、ガーリックバターを乗せる

フライパンに置き、火にかける

時々焦げないよう混ぜ、火が通れば完成。

5. 火が通ったら青のりをまぶし、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 10 minutes)


Scallop 80g
Onion slice 20g
Garlic Butter 10g
Soy sauce 10g
Nori powder 1pnch
(Garlic butter mixture) Unsalted Butter200g, salt20g, ajinomoto20g, minced garlic20g, brown sugar20g, soy sauce20g

● STEPS

Make Garlic butter (Mix all ingredients with melted butter).

Put sliced onion, Scallops and Garlic butter in Aluminum tray.

Put 2 on Frying pan, start heating

Mix sometimes for all part.

Sprinkle Nori powder after finished to cook.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は僕が最近ハマっているフィリピンのオヤツpenoyを紹介します!Penoyはゆで卵をオレンジ色の衣で揚げたフィリピンの屋台飯です!
フィリピン下着メーカーシェア率第3位、三年連続過去最高売上、最高利益を叩き出している。世界のワコールで「美」を提供し続ける、同社の岩崎会長にお話をお聞きしました
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
フィリピンで知らない人のいないサンミゲルビール。その大株主として日本のキリンビールから赴任されている代野さんに、両社の提携の経緯などについてお話をうかがいました。
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はセブンイレブンの牛丼を紹介します!僕は普段フィリピン料理を食べて生活しているのですが、やはりたまに無性に日本食が食べたくなります!しかも夜中に。
皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
【カビテ】近年フィリピンには新しいゴルフ場が次々に誕生していますが、皆さん、様々なゴルフ場でスキルを磨きながら和気あいあいと活動されています。第1回は「リビエラ会」。安間浩志さんにお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel