ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 モリンガ(Moringa)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 モリンガ(Moringa)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 モリンガ(Moringa)


具だくさんで栄養満点♪

モリンガの豚汁
Tonjiru (Pork soup) with Moringa

●材料(2〜3人前)

豚バラスライス  100g
じゃが芋      50g
玉ねぎ      50g
人参        30g
エリンギ      30g
長ネギ       30g
モリンガ     5g
出汁又は水    500ml
ゴマ油       大さじ1
味噌        30g
すり胡麻      1つまみ

 



●調理ポイント

味噌汁との作り方の違いは具材を炒めること。野菜の風味と豚肉の旨味をたっぷり引き出すために、ゴマ油でゆっくり炒めていきましょう。出汁を張った後、煮込んでいる具材からアクが出てくるので丁寧に取り除きましょう。モリンガは変色しやすいので仕上げ時に合わせて下さい。

 

フィリピン食材
まめ知識



最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。調理方法はスープなどに利用されることが多いようですが、健康、また薬用のためにお茶(モリンガティー)としても親しまれているようです。栄養価はスーパーフード、ミラクルツリー(奇跡の木)と言われている名の通り、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に、バランスよく含まれています。また、炎症を抑える効果があることからうがい用として使用されたり、母乳の産生を促す効果があるので、小さなお子様がいらっしゃる方にもオススメです。今回はそんなモリンガを使った具だくさん豚汁のご紹介です。鍋一つで作れるので、気軽にチャレンジしてみて下さいね♪

 

 

● 手順(調理時間30分)

 

材料を一口サイズに切りそろえる

鍋に火をかけごま油で材料を炒めていく

材料が軽く炒まってきたら出汁を加え、一煮立ちさせる

灰汁を丁寧に取り除く

味噌を溶かし入れ、モリンガもこの時加える

味が整ったら完成。器に盛り付け、すり胡麻を添えて完成

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 30min)


Thin sliced Pork belly  100g
Potato          50g
White onion       50g
Carrot          30g
Mushrooms        30g
Onion leaks        30g
Moringa          5g
Dashi water( or just Water) 500ml
Sesame oil       1tbsp
Miso paste        30g
Roasted sesame     1pnch

● STEPS

Cut all ingredients for bite size. 

Saute Vegetables and Pork belly with Sesame oil

After ingredients are half cooked, Put Dashi water in
there.

Continue to heat and slow boiling. Get scum
carefully.

Mix and melt miso paste in pan. Put also Moringa on that time.

When taste is fine, decorate on the soup bowl. Top
pinch of roasted sesame. 30

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。

その他

今やフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を影で支えてきたのがDTSI (Diversified Technologies Solution International) GROUPです。そこで活躍する伊藤新吾さんの物語もとても興味深いものでした。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」堀越です。今回僕たちHPN3は6月14日〜16日に開催されたPhilippine Expo 2019に呼んでいただきました!これは今年で第三回目のイベントで去年に続き今年も上野公園で開催されたイベントです。
クラークの工場で月に81万本のタイヤを生産する能力を有する横浜ゴム株式会社(以下 「ヨコハマタイヤ」という。 ) 。フィリピン国 外にも広く輸出。タイヤは乗員の生命を預かる役目も担っているからこそ、ジャパンクオリティの高品質なタイヤをフィリピンの方にもお届けしたい。そんな想いを持つ、YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES INC. の針山さんにお話しを伺いました。
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel