ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 モリンガ(Moringa)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 モリンガ(Moringa)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 モリンガ(Moringa)


具だくさんで栄養満点♪

モリンガの豚汁
Tonjiru (Pork soup) with Moringa

●材料(2〜3人前)

豚バラスライス  100g
じゃが芋      50g
玉ねぎ      50g
人参        30g
エリンギ      30g
長ネギ       30g
モリンガ     5g
出汁又は水    500ml
ゴマ油       大さじ1
味噌        30g
すり胡麻      1つまみ

 



●調理ポイント

味噌汁との作り方の違いは具材を炒めること。野菜の風味と豚肉の旨味をたっぷり引き出すために、ゴマ油でゆっくり炒めていきましょう。出汁を張った後、煮込んでいる具材からアクが出てくるので丁寧に取り除きましょう。モリンガは変色しやすいので仕上げ時に合わせて下さい。

 

フィリピン食材
まめ知識



最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。調理方法はスープなどに利用されることが多いようですが、健康、また薬用のためにお茶(モリンガティー)としても親しまれているようです。栄養価はスーパーフード、ミラクルツリー(奇跡の木)と言われている名の通り、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に、バランスよく含まれています。また、炎症を抑える効果があることからうがい用として使用されたり、母乳の産生を促す効果があるので、小さなお子様がいらっしゃる方にもオススメです。今回はそんなモリンガを使った具だくさん豚汁のご紹介です。鍋一つで作れるので、気軽にチャレンジしてみて下さいね♪

 

 

● 手順(調理時間30分)

 

材料を一口サイズに切りそろえる

鍋に火をかけごま油で材料を炒めていく

材料が軽く炒まってきたら出汁を加え、一煮立ちさせる

灰汁を丁寧に取り除く

味噌を溶かし入れ、モリンガもこの時加える

味が整ったら完成。器に盛り付け、すり胡麻を添えて完成

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 30min)


Thin sliced Pork belly  100g
Potato          50g
White onion       50g
Carrot          30g
Mushrooms        30g
Onion leaks        30g
Moringa          5g
Dashi water( or just Water) 500ml
Sesame oil       1tbsp
Miso paste        30g
Roasted sesame     1pnch

● STEPS

Cut all ingredients for bite size. 

Saute Vegetables and Pork belly with Sesame oil

After ingredients are half cooked, Put Dashi water in
there.

Continue to heat and slow boiling. Get scum
carefully.

Mix and melt miso paste in pan. Put also Moringa on that time.

When taste is fine, decorate on the soup bowl. Top
pinch of roasted sesame. 30

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

フィリピンで購入できる食材を用い、プロが直伝に今晩のおかずを紹介していくコーナー

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。

その他

今回は「マニラ湾で釣りをしよう」です!僕、田中の趣味は釣りで、日本にいる時は千葉の館山などによく釣りに行っていました。なのでフィリピンに来たら綺麗な海が近くにあり、年中暑いという事でいつでも手軽に海釣りが出来るんじゃないかと期待していました。
中小企業でも良い特許があれば、 大企業と対等以上に戦えるって本当なの? 前回のコラムで、ビジネスが対象になる知的財産権の案件では、発生した損害の基礎となる対象がその売り上げ金額になるとお話しました。
今回僕はNAIA空港の近くにある軍事博物館「Philippine Air Force Aerospace Museum」 に行ってきました。 入館料は20ペソです。 入る時にガードに「お前、外国人か?」と怖い顔で聞かれましたが、多分僕の顔が怪しい外国人に見えただけだと思うので、誰でも入れます!
こんにちは!HPN3の堀越です。今回僕はおそらくフィリピンで一番人気のトランプゲーム「Tongits」をしてみました。日本にいた時は聞いた事もありませんでした。日本でもあるトランプゲーム、セブンブリッジに少し似ています。フィリピンの人たちはこの「Tongits」で大盛り上がりします。
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。
世界を股にかけるような大きな仕事をしたいという思いを実現し、20年という長きに渡り海外で活躍を続ける重田さん。現在、フィリピンでは建設業におけるBPOという独自路線を指揮し、150名を束ねている。建設業務がスムーズに行えるように、裏方として常に気配りし、会社を支える大黒柱。オフのときも含め、バイタリティに溢れている。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel