ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豚スペアリブ (Pork Spareribs)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豚スペアリブ (Pork Spareribs)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 豚スペアリブ (Pork Spareribs)



甘辛だれにチーズがベストマッチ!

 

スペアリブのバーベキューチーズ

Grilled Pork Spareribs with BBQ sauce and cheese toppings

●材料(2人前)

豚スペアリブ 800g
モツァレラチーズ 50g (トッピング用)
ミックスベジタブル 50g (付け合わせ用)
**下茹で用材料*********************************
水1L
にんにく 1個
青ネギ 10g
生姜スライス 10g
料理酒 100ml
酢 20ml
**BBQソース材料*************************
トマトケチャップ 80g
とんかつソース 40g
ハチミツ 40g
醤油 20g
酢 20g
**********************

 



●調理ポイント

炊飯器や鍋で調理する前に、一度鍋などで湯通しをしてください。そうすることで豚の臭みが消えやすくなります。ソースと和えるときはフライパンで少し強めの火で、焦げ目がつくように焼いていきましょう。香ばしさがプラスされ、より一層美味しく召し上がれます。チーズはたっぷりかけて。

 

フィリピン食材
まめ知識



日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。逆に、私達が普段使い慣れている豚や牛の薄切り肉はあまり見かけません。ベーコンスライスと書かれているものが一番近いですが、それも若干厚切りだったり皮つきだったり、調理に一手間がかかってしまいます。日本食材店や韓国食材店では薄切り肉を冷凍でパックしてあるものがよく売られているので便利です。今回使うスペアリブは現地の肉屋でよく売られている部位の一つです。豚肉はフィリピンでは安価に手に入るので、料理にどんどん活用してみてください。注意する点はやはり品質でしょうか。原始的ではありますが、購入時に肉の臭いを嗅いで品質を確かめるのが一番確実かもしれません。ローカルで賑わっているスーパー(マカティではCash&Carry等)や良質な輸入肉が売られているスーパー(BGCではS&R等)で購入すると安全です。今回はそんなスペアリブを使って食べ応えのある一品をご紹介します!

 

 

● 手順(調理時間120分)

 

スペアリブを軽く湯通しする。

下茹で用の材料を炊飯器へ入れ、スイッチオン。(鍋で作る場合は約一時間半茹でる)

テフロンパンにBBQソースの材料を入れ、温める。

火が通り、柔らかくなった2を3に入れ、中火にし、絡めながら表面を焼き付けるように調理する。

ほんのり焦げ目がついたら完成。皿に盛り付け、温めたチーズをかける。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 120min)


Pork Spareribs 800g
Mozzarella cheese 50g (for toppings)
Mix Vegetables (for side dishes)
[email protected] [email protected]
Water 1L
Garlic 1pcs
Green onion 10g
sliced ginger 10g
Cooking Sake 100ml
Vinegar 20ml
[email protected] BBQ [email protected]
Tomato ketchap 80g
Bulldog Tonkatsu sauce 40g
Honey 40g
Soy sauce 20g
Vineger 20g

● STEPS

Under boil Pork for just minutes

2.Put all ingredientsA in Rice cook. Then push “start cook” (Boil for 1.5H if you cook by cooking pan)

Mix and heat B in tefron pan.

When Pork became tender, transfer to 3. Mix and pan grill.

After they were grilled, finish cooking. Decorate on the plate with melted Mozzarella and side dishes.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。

その他

『フィリピンの刑事裁判はどう進行するの?』
今回は起訴がされた後にどう進行するのかについてお話しさせていただきます。
一般的に「損益計算書=フロー(以下、PL)」はイメージしやすいのですが、「貸借対照表=ストック(以下、BS)」はよく分からないというケース が多いのではないかと思います。しかしながら、現地法人の社長や幹部は、財務上の様々な意思決定を行うシーンにおいて、実は、貸借対 照表を理解していなければ適切な意思決定を行うことができないケースが多々あります。
マニラから南に約50km、カンルーバンゴルフクラブに位置するのがThe Country。会員数が非常に少ないゴルフクラブとしても有名で、マニラゴルフ同様プレーできる機会の少ないゴルフ場です。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」堀越です。今回僕たちはジョーブログのジョーさんと動画を撮らせてもらいました。ジョーブログさんは世界を旅したりする動画が人気で130万人以上の登録者数のいる日本でとても有名なYouTuberです!!
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です。 今、僕達はabs-cbnのshowtimeという番組のコーナーでfunny one というコメディバトルに参加させていただいてます!
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
今回は「〜Kami ay pumunta sa kamay ni Hesus〜 私たちはカマイニヘスースに行きました」です。マニラからバスとジープニーで約5時間Quezon provinceのLucbanというところにある場所です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel