ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豚スペアリブ (Pork Spareribs)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 豚スペアリブ (Pork Spareribs)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 豚スペアリブ (Pork Spareribs)



甘辛だれにチーズがベストマッチ!

 

スペアリブのバーベキューチーズ

Grilled Pork Spareribs with BBQ sauce and cheese toppings

●材料(2人前)

豚スペアリブ 800g
モツァレラチーズ 50g (トッピング用)
ミックスベジタブル 50g (付け合わせ用)
**下茹で用材料*********************************
水1L
にんにく 1個
青ネギ 10g
生姜スライス 10g
料理酒 100ml
酢 20ml
**BBQソース材料*************************
トマトケチャップ 80g
とんかつソース 40g
ハチミツ 40g
醤油 20g
酢 20g
**********************

 



●調理ポイント

炊飯器や鍋で調理する前に、一度鍋などで湯通しをしてください。そうすることで豚の臭みが消えやすくなります。ソースと和えるときはフライパンで少し強めの火で、焦げ目がつくように焼いていきましょう。香ばしさがプラスされ、より一層美味しく召し上がれます。チーズはたっぷりかけて。

 

フィリピン食材
まめ知識



日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。逆に、私達が普段使い慣れている豚や牛の薄切り肉はあまり見かけません。ベーコンスライスと書かれているものが一番近いですが、それも若干厚切りだったり皮つきだったり、調理に一手間がかかってしまいます。日本食材店や韓国食材店では薄切り肉を冷凍でパックしてあるものがよく売られているので便利です。今回使うスペアリブは現地の肉屋でよく売られている部位の一つです。豚肉はフィリピンでは安価に手に入るので、料理にどんどん活用してみてください。注意する点はやはり品質でしょうか。原始的ではありますが、購入時に肉の臭いを嗅いで品質を確かめるのが一番確実かもしれません。ローカルで賑わっているスーパー(マカティではCash&Carry等)や良質な輸入肉が売られているスーパー(BGCではS&R等)で購入すると安全です。今回はそんなスペアリブを使って食べ応えのある一品をご紹介します!

 

 

● 手順(調理時間120分)

 

スペアリブを軽く湯通しする。

下茹で用の材料を炊飯器へ入れ、スイッチオン。(鍋で作る場合は約一時間半茹でる)

テフロンパンにBBQソースの材料を入れ、温める。

火が通り、柔らかくなった2を3に入れ、中火にし、絡めながら表面を焼き付けるように調理する。

ほんのり焦げ目がついたら完成。皿に盛り付け、温めたチーズをかける。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 120min)


Pork Spareribs 800g
Mozzarella cheese 50g (for toppings)
Mix Vegetables (for side dishes)
[email protected] [email protected]
Water 1L
Garlic 1pcs
Green onion 10g
sliced ginger 10g
Cooking Sake 100ml
Vinegar 20ml
[email protected] BBQ [email protected]
Tomato ketchap 80g
Bulldog Tonkatsu sauce 40g
Honey 40g
Soy sauce 20g
Vineger 20g

● STEPS

Under boil Pork for just minutes

2.Put all ingredientsA in Rice cook. Then push “start cook” (Boil for 1.5H if you cook by cooking pan)

Mix and heat B in tefron pan.

When Pork became tender, transfer to 3. Mix and pan grill.

After they were grilled, finish cooking. Decorate on the plate with melted Mozzarella and side dishes.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。

その他

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
パイロットになりたい!そんな子供の頃の夢をフィリピンで実現できるかもしれません。自らもパイロットとしてのキャリアを持つ佐藤さん。病気のためメディカルライセンスを失った後も地上職として飛行機の仕事に関わり続けました。これまでの仕事の集大成と語るAAAでは飛行機免許取得のサポートを。自身もセスナの免許取得を目指します!
今回は知り合いのフィリピン人の子供がキリストの洗礼式(binyag)をするという事で参加してきました!
今回は「フィリピンの家庭料理を作りました!パート3」です! 僕たちもフィリピンにきて早一年ちょっとたちました。 食事はフィリピンのローカルレストランなどでよくフィリピン料理を食べます。来た当初は口に合わない料理などもありましたが、今はとても美味しく感じるようになりました。
フィリピンの大人気ビールといえばサンミゲルビール! 常夏のフィリピンで最高の飲み物です。 ただサンミゲルビールといってもたくさん種類があります。 ということで今回僕たちは「利きサンミゲル」をしてみました!
フィリピンで生活する上で気をつけなくてはいけない事の一つに狂犬病があります。狂犬病とは狂犬病ウイルスを持ったイヌ、ネコ、コウモリなどに噛まれり引っ掻かれた時に傷口から侵入し、発症すればほぼ100%死ぬ病気らしいです。恐ろしすぎます。
『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はフィリピンはオロンガポにあるスネークアイランドに行ってきました!!フィリピンといえば島なのでマップを見て適当にオロンガポらへんの島に行ってみよう!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel