ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マンゴージュース (Mango Juice)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マンゴージュース (Mango Juice)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 マンゴージュース (Mango Juice)



南国の爽やかな甘さ香る♪

 

ポークカレーライス

Japanese Pork Curry Rice with Mango flavor

●材料(2人前)

豚バラ肉(スライス) 100 g
玉ねぎ 100g
リンゴ 100g
油 大さじ2
にんにく 5g
生姜 5g
マンゴージュース 70ml
牛乳 130ml
水 300ml
カレー粉 70 g
塩・コショウ 少々

 



●調理ポイント

すりおろした玉ねぎとリンゴはにんにくと生姜で弱火でじっくり炒めて下さい。そうすることでカレーの甘味とコクがアップします。水の代わりにココナッツミルクを用いると、より一層アジアンなテイストが楽しめます。肉類はお好みに応じて鶏肉でも牛肉でも合います。

 

フィリピン食材
まめ知識



東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。また生で食べるだけではなく、レストランなどでは冷たく甘いイエローマンゴーシェイク、そして早熟の甘酸っぱいグリーンマンゴーシェイクも楽しむことができます。日本では高級品として出回っていますが、フィリピンではごく一般的な庶民のフルーツ。どこでも、いつでも購入可能。また、ここフィリピンは料理の材料としても活用されていることが少なくありません。サラダのアクセントなどに用いられることはもちろん、カリフォルニアロールのような巻き寿司の材料として、そしてソースにも甘さや酸味をプラスする目的として使われることがあるようです。フィリピンではマンゴージュースも様々な種類が出回っています。ただ美味しく飲むのも良いですが、今晩はちょっぴりいつもの料理にアクセントを加えてみませんか?

 

 

● 手順(調理時間120分)

 

玉ねぎ、リンゴ、ニンニク、生姜をすりおろす。

鍋に油をひき、1を弱ー中火でじっくり炒める。

香りが出てきたら豚肉を入れ、一緒に炒める。

マンゴージュース、牛乳、水、カレー粉を入れる。

とろみが出てくるまで10分少々煮詰める。

最後に味を見て塩コショウで調節し、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 30min)


Sliced pork belly 100g
White onion 100g
Fresh Apple 100g
Cooking Oil 2tbsp
Garlic 5g
Ginger 5g
Mango Juice 70ml
Fresh Milk 130ml
Water 300ml
Japanese Curry Paste 70g
Salt and Pepper Pinch

● STEPS

Grate Onion, Apple, Garlic and Ginger.

Put Cooking oil on Pan. Saute 1 in middle fire.

After saute, it will come good flavor. Its time to put Pork, then saute with them.

Put Mango juice, Milk, Water and Curry paste.

Simmer for around 10min until soup becomes thick.

Put Salt and Pepper as final adjust taste.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

フィリピンで購入できる食材を用い、プロが直伝に今晩のおかずを紹介していくコーナー

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。

その他

今回は「フィリピンの家庭料理を作りました!パート3」です! 僕たちもフィリピンにきて早一年ちょっとたちました。 食事はフィリピンのローカルレストランなどでよくフィリピン料理を食べます。来た当初は口に合わない料理などもありましたが、今はとても美味しく感じるようになりました。
今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
よく言われることですが、練習場の平らなマットの上から打つのとコースの凹凸のある芝の上から打つのでは違いますし、天候などにも大きく影響を受けますし、なによりプレッシャーがかかりますラウンドから学ぶことは多く、且つ重要ですが、だからといってラウンドだけでは上達にも限りがありますので、やはり練習は欠かせません。ということで今回は練習場紹介をさせて頂きたいと思います。
今回は「スービック観光」です。 前回もスービックに釣りに行きましたが、今回はスービックに観光にいきました。 スービックはマニラからバスで三時間ぐらいのところで、綺麗な海があります。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
今回はコース紹介から離れて、ゴルフコンペの話。コンペとは競技会を指すコンペティションの略称ですが、ゴルフにおいては順位付けをしながらも参加者同士の親睦を深めるような主旨のものを指すことが多いでしょう。
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
アイアンの意識はレベルブロー。理想はターフを取らずに、クリーンにボールをとらえることです。でも、ボールを最後までしっかり見ようとする意識が強いと、体が止まって手打ちになる。左肩が上がってあおり打ちになりやすいんです。なので私は、左肩が上がらないように腰と肩を回す意識を持っています。
皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel