ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 食パン( Sandwich Bread)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 食パン( Sandwich Bread)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 食パン( Sandwich Bread)



しっとりフワフワ!

 

マヨコーンフレンチトースト
FRENCH TOAST, JAPANESE MAYO AND CORN ON TOP

●材料(2人前)

食パン........................................4枚
卵..............................................1個
牛乳...........................................60ml
コーン缶.....................................30g
マヨネーズ..................................30g
パセリ........................................一つまみ

 



●調理ポイント

フレンチトーストらしく厚切りの食パンを使っても美味しいですが、薄切りの食パンを二枚重ねて焼くことで中心にも早く卵液が染みこみ、漬け込み時間無しでフワっと仕上がります。トースターは調理時からタイマーを動かして温めておくとこちらも時短につながります。

 

フィリピン食材
まめ知識



フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。朝食、お昼後のおやつ、夕食後の夜食。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。また、街中や市場などでは一般の方々が袋一杯にパンを買って帰る光景をよく見かけます。ショーケースを覗いてみると、日本にあるような形のものや、変わった形のものまで。驚きなのは値段です。フィリピン国民の代表的なパンの一つであるパンデサル(小ぶりな丸いパン)は数ペソで売られているお店もあります。食べてみるとほのかに甘く、素朴な味で意外に美味しいです。他にはエンサイマダという細切りのチーズが乗ったブリオッシュのようなパンも日本人の口に合う優しい味付けのパンです。スペイン統治時代に、パンの文化がフィリピンへ渡り、今でもその習慣が受け継がれているのかもしれませんね。さて、今回はそんな中でも一番消費が多いパンである食パンで、パパっと美味しいフレンチトーストをご紹介します。

 

 

● 手順(調理時間12分)

 

卵と牛乳をよく混ぜる。

1に食パンをくぐらせる。

コーンとマヨネーズを合わせ、重ねた食パンの上に乗せる。(二枚ずつ)

オーブントースターで10分程焼く

お皿に移し、彩りにパセリを散らして完成。

 

●INGREDIENTS SAUTED PORK WITH GINGER SOY SAUCE

(/Cooking time: 20 min)


White Bread................................4slice
Fresh Egg...................................1pcs
Milk............................................ 60ml
Sweet Corn.................................30g
Japanese Mayo..........................30g
Parsley.......................................1pnch

● STEPS

Mix Egg and Milk.

Dip and coat bread with 1.

Mix Corn and Mayo, then put on bread(stock bread 2pcs each)

Grill in oven toaster for 10min.

Decorate on plate, Parsley toppings.


 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているのかもしれません。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。

その他

今回はフィリピンにあるレストランの中で一番長いと噂のバーベキューを食べに行きました! 日本ではバーベキューといえば外でやる焼肉的なやつを想像しますが、フィリピンではバーベキューといえば豚バラの串焼きです!
今回は日本人があまり行かない島第2弾という事でカグバレット島に行って来ました! 場所はルソン島の東側。 前回行ったポリリオ島の下の方にあります。 バス、ジープ、船でマニラから約7時間の旅を経ていざカグバレットへ!
日本を代表する総合商社、三菱商事が戦後マニラに拠点を置いてはや60年。世界を舞台に活躍し、現在マニラ支店で陣頭指揮をとる天野善夫支店長にお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンの国民食といえばフライドチキンとご飯!これです!僕もたくさん食べてきました。そしてほとんどのファストフード店にはチキンとライスのセットがあります。
今回は「フィリピンの手遊びパッカヌーンが流行っているか検証して見ました。」です。パッカヌーンと最近良く耳にするので、意味を聞いたところ、「いいね」と言う意味らしく今フィリピンでは流行り言葉になっているようです。それが手遊びゲームになったみたいです。日本で言う「せっせっせのよいよいよい」みたいなものです。
皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
マレーシアで大ヒットの「蚊よけ塗料」を、もうじきフィリピン国内で販売する関西ペイント。こちらの商品を販売し、デング熱患者を減らすことでフィリピンの人々の役に立ちたい。そんな想いを持つ、KANSAI PAINT PHILIPPINES,INC.の山本さんにお話しを伺いました。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel