ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 イカ缶

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 イカ缶
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)


フィリピン食材
まめ知識

イカはフィリピンではPUSIT(プシット)と呼ばれ、煮たり焼いたりフライにしたりと様々な料理に用いられる定番シーフード食材の一つです。

今回使用するのはそんなイカが入った缶詰。ラベルには「イカスミと一緒に調理されている」と表記されてあったのでイカスミ料理用なのかなと思いましたが、思ったよりも黒くなく煮物のような感じでイカが煮汁と一緒に入っていました。

フィリピンの方々はこれをそのまま食べたり、軽く炒めてご飯と一緒に食べたり、あまりアレンジして使用しないようです。個人的には色々な料理で使えそうな製品かも?と密かに思っていたりします。

今回はそんなイカの缶詰を使って、パパっと簡単に美味しいリゾットを作れるレシピをご紹介します。




缶詰で、パパっと本格!

イカのリゾット
IKA RISOTTO

●材料(2人分)

白米(残ったご飯可)..................................................300g
イカ缶..............................................................2缶(200g)
出汁.........................................................................360ml
にんにく(みじん切り).................................................1片
しょうゆ...................................................................大匙2
オリーブオイル........................................................大匙2
クリームチーズ...........................................................20g
塩胡椒......................................................................... 少々
葱..............................................................(トッピング用)
白ごま......................................................(トッピング用)


● 手順

イカの缶詰を開け、中身をミキサーでペースト状にする (この時、少々盛り付け用にイカを残しておく)

フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で香りを出していく

香りが出てきたら強火にし、ご飯を入れて軽く炒める

❶、出汁、醤油を入れ、全体になじむように広げる

水分が飛んできたらクリームチーズを投入。全体をさっくり混ぜ合わせる

❺を写真のように盛り付け、刻み葱、白ごま、残しておいたイカを載せて完成


●INGREDIENTS (good for 2 person)

RICE..........................................................................300g
SQUID CAN(2can)...............................................200g
DASHI WATER.....................................................360ml
GARLIC(minced)...................................................1tsp
SOY SAUCE(Kikkoman).....................................2tbsp
OLIVE OIL..............................................................2tbsp
CREAM CHEESE.......................................................20g
SALT&PEPPER............................................................bit

● STEPS

Empty the contents of the can into a food processor and make into paste. (Set aside a small amount of squid meat to be used for toppings)

Heat olive oil in a skillet. Sauté garlic until aroma rises.

Turn to high heat then add the rice and sauté lightly.

Stir in ❶, Dashi Water and Soy sauce and incorporate with the rice.

Once the moisture is gone, fold in the Cream cheese.

Transfer to a plate and top with chopped leak, white sesame, and bits of squid meat.


Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風
今回の食材 ●ローカル豆腐(TOKWA)
揚げ豆腐の油林鶏ソースがけ
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンで購入できる食材を用い、プロが直伝に今晩のおかずを紹介していくコーナー

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「ミニ四駆の大会に行ってきました!」です。
アマチュアの男性よりも非力なのに、クラブに上手く振られて飛ばす女子プロたち。一ノ瀬優希は学生時代によくタオルを振っていたという。「タオルの先を詰んで、フィニッシュで勢いよく首に巻き付くように振ります。簡単そうに見えて難しいですよ。軸のキープやヘッドの走らせ方など、スイングに必要なことが体感できるんです。
こんにちは、ハポンスリーの田中です! 今回は「またまたミニ四駆!〜日本人レーサーを増やしたくて、、」です。前回の動画に続きまたまたミニ四駆です!
今回は「初心にかえってトゥロトゥロ紹介」です。僕たちハポンスリーは2016年4月にフィリピンに来て、早、2年半たちました。フィリピンにきた当初はまだ物価や文化など全く分からず、フィリピンの街をうろちょろしてました。
こんにちは、ハポンスリーの井上です。今回はカルティマールに行きました!一年ほど前にカルティマールに行きました!という動画を出しました。カルティマールは日本食の売ってるスーパーが有名なのと、ペット関係のお店が多いので有名です!
学生時代のほとんどを海外各地で過ごされた青木さん。そんな国際的センスの持ち主がフィリピン市場に魅力を感じ、いよいよ6月にフィリピン初の店舗をオープン。日本式の測定、加工までを手がける技術を持つ販売員の育成に努める他、アプリの開発も手がけるなど、メガネ店の可能性をあらゆる角度から追求します。
「死蔵特許」と「有効特許」って何ですか?皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
フィリピンには7千以上もの島があります。ただ僕たちはまだマニラのあるルソン島とセブ島しか行ったことがありません。フィリピンに住んでるからには色々な島に行ってみたい!そしてせっかくなので王道のセブやボラカイ、パラワンではなく、まだ僕たちが聞いたことのない島に行ってみよう。そしてなるべく格安で行こう!
今回は「激辛ヌードルチャレンジ」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っています。 ユーチューブ動画で激辛ヌードルチャレンジを見てみると皆すごく辛そうに食べていますが、実際はそんなぬ辛くないんじゃないかと思い僕も挑戦してみる事にしました。
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel