ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ローカル豆腐(TOKWA)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ローカル豆腐(TOKWA)
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●ローカル豆腐(TOKWA)


フィリピン食材
まめ知識

スーパー等で日本産、韓国産と何種類かの豆腐が売られていますが、今回はタガログ語で『TOKWA』と呼ばれているローカルのものを使用しました。

原材料の大豆は畑の肉と呼ばれるように良質なタンパク質、資質含有量が多く含まれ、豆腐は様々な病気の抑制につながるとされ長寿食品、健康食品として日本の食卓には欠かせない食材です。フィリピンでも豆腐は馴染みが深く、露店で『タホー!タホー!』と売られている豆腐には黒蜜をかけ、市販で売られている豆腐は揚げて醤油につけてたり、野菜炒め等の肉の代用品として食されます。TOKWAと表記され、日本と同じ大きさの350g程度で30ペソ前後で手に入ります。日本の木綿豆腐よりさらに水気が少なく、酸味が強いのが特徴です。

お肉の変わりに代用し健康食はいかがでしょう?




サクサク豆腐に熱々ソース!

揚げ豆腐の油林鶏ソースがけ
Fried Tokwa with Yurinchi Sauce

●材料(2人分)

豆腐(TOKWA)..................................................一個300g
長ネギ..............................................................50g
トマト.........................................................................100g
醤油.................................................大さじ2
酢...................................................................大さじ2
砂糖...................................................................大さじ1
ごま油...................................................................大さじ3
小麦粉...................................................................100g
油(フライ用)



●調理ポイント
豆腐の水気は、揚げる際に油が跳ねやすくなってしまうので、十分に拭き取ってください。今回は酸味を効かせる為にトマトを使用しましたが、玉ねぎ、セロリなど代用可能です。ごま油の風味に甘酢っぱさが特徴の油林ソースは揚げ鳥や揚げ魚に合わせても美味しい万能調味料。ソースは甘めや、酸っぱめなど分量はお好みで調節可能です。 合わせ調味料の代用品として「味ポン」を使うとさらにお手軽に作ることができます。

● 手順

豆腐を食べやすい大きさに切り、キッチンペーパーで水気を取る

豆腐に小麦粉を付け小麦色になるまで揚げる

ごま油でみじんにした長ネギ、トマトを炒め、醤油、酢、砂糖を入れる

揚げた豆腐を皿に盛り付け、③をかける


●INGREDIENTS

Tokwa 1pack..........................................................................300g
Onion leak...............................................50g
Tomato.....................................................100g
Kikkoman...................................................tbsp2
Vinegar...................................................tbsp2
Sugar...................................................tbsp1
Sesame...................................................tbsp3
Flour...................................................100g
Cooking oil...................................................(for fry)

● STEPS

Slice Tokwa by bite size、squeeze water by kitchen paper.

Put flour with all part of tokwa, and fry in pot.

Sauté chopped onion leaks and tomato with sesame oil and put Kikkoman, sugar and vinegar.

Decorate fried tokwa on the plate, and drizzle sauce (③).


Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)
日本風味の揚げピーナッツ
今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風

その他

焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ
アマチュアの男性よりも非力なのに、クラブに上手く振られて飛ばす女子プロたち。一ノ瀬優希は学生時代によくタオルを振っていたという。「タオルの先を詰んで、フィニッシュで勢いよく首に巻き付くように振ります。簡単そうに見えて難しいですよ。軸のキープやヘッドの走らせ方など、スイングに必要なことが体感できるんです。
Southlinksはアラバンエリアに立地するパブリックのゴルフコースです。最近ではSLEXから分岐する高速道路MCXが開通したため週末に混雑するアラバン内を通らずにアクセスすることも可能で大変便利です。また、パブリックのためメンバー同伴無しでプレーすることも可能です。他ゴルフ場でも言えることですがフィリピン在住者と旅行者でプレイフィーが異なりIDの提示が求められるため注意が必要です。
前回に引き続き筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。 今回はメンバーになりたいコース・ランキングです。それぞれのコースに共通するのは初心者から上級者までが楽しめるということで選ばせて頂きました。
今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
フィリピン住みます芸人の堀越です。 今回僕はたまたまマニラに遊びに来ていたベトナム住みます芸人ダブルウィッシュ井手と一緒にプエルトガレラに行ってきました!
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel