ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 エデンチーズ(eden cheese)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 エデンチーズ(eden cheese)
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)


フィリピン食材
まめ知識



輸入品のチーズは値が張るので、なかなか気軽に買うことができないと思います。フィリピン人大好き、フィリピン産のエデンチーズは安価でスーパーや市場どこでも見かけることができます。スーパーでは乳製品売り場ではなく、パンの近くに常温で置いてあります。常温で一年近く持つためスーパーの無い田舎でも重宝されています。お馴染みの甘いバナナケチャップスパゲッティの上にふりかけたり、ハンバーガに挟んで食べるのがフィリピン人のお気に入りの様です。通常はブロックで箱に入って売っており150gで45ペソ程度、今回は使い勝手のいいスライスタイプのものを使用しました。日本の一般的なスライスチーズに比べると、味はかなり濃厚で塩味も濃く主張が強いのが特徴です。少し甘みもあり、フィリピン人の心を掴んでいるのが理解できます。




調味料いらず、レンジで5分!

ミルフィーユポテトのグラタン風
Layered Potato with Eden cheese

●材料

エデンチーズ................................................................2枚
じゃがいも.................................................. 150g 小2個
トマト............................................................ 50g 小2個
ベーコン........................................................ 30g  2枚



●調理ポイント

エデンチーズは塩味が強いので、調味料はチーズのみです。
器は耐熱性なら何でもOKですが、今回は1人前なのでご飯茶碗を使用しました。スライサーでスライスしたジャガイモは水に
浸し、水分を拭き取らず使用してください。ジャガイモが反っているので並べる際は軽く押しながら行ってください。一番最初にトマトを並べるとひっくり返した時にくっつきにくいです。加熱後、他のお皿にひっくり返しますが、非常に熱いので火傷に気を付けてくださいね。大人も子供もも喜ぶ、ホクホクトロ~りグラタンがレンジで5分で簡単に出来ます♪仕上げに粗びきのブラッ
クペッパーをかけるのも◎

 

● 手順

じゃがいもをスライサーでスライスし、水にさらす

トマトをスライスし、ベーコンを適当な大きさに切る

写真のように、容器にミルフィーユ状に重ねていく

 レンジで5分加熱する

別の皿にひっくり返して盛り付ける

 

●INGREDIENTS

Sliced Eden cheese.............................................2slices
Potato.......................................................................150g
Tomato.......................................................................50g
Sliced Bacon..............................................................30g

● STEPS

Slice Potato thin slice, soak it in water.

Slice Tomato, Cut Bacon by bite size.

Stock ingredients like picture.

Cook it in a microwave for 5minutes

 Decorate on the plate.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵
いつもの食卓に一手間かけて♪ 鶏もものサヨーテみぞれあんかけ。今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
今回の食材 ●ロミ(ローカルヌードル)
ロミの焼きうどん風

その他

幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。
フィリピンではその地区ごとで週に2,3回ほどバレーボールをしているみたいです。 メンバーは主婦の方たち。 いわゆる「ママさんバレー」です! チーム数も多くいつも白熱しています!
住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
2005年ユネスコのサポート機関から「世界で最も美しい湾のひとつ」と認定された美しいリアス式のプエルトガレラ湾をはじめ、小さながらも素晴らしいホワイトサンドのビーチもたくさん点在しています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel