ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 チキンキューブ

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 チキンキューブ
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●チキンキューブ


フィリピン食材
まめ知識



日本の家庭料理でよく使われているコンソメスープの素。粒状やペースト状のもの、また中華や和風ベース等、様々な風味を家庭で取り入れられる便利な調味料ですよね。

スーパーの調味料売り場を覗いてみると、日本では見かけないユニークな調味料を見つけることができます。例えば、フィリピンの定番家庭料理であるシニガンやアドボの素。これはマーボー豆腐の素のように、決まった材料とこれらを使って調理すると、簡単にその料理が作れるというもの。日本への変わり種のお土産としても良いかもしれません。さて、今回紹介するのはチキンキューブと呼ばれている鶏ガラスープの素。

日本のコンソメの素と同じ要領で、広く料理に使うことのできる万能アイテムです。他にもポークとビーフの素もあるので使う材料によって使いわけると、料理の幅も広がります。

今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!


 

 

 

 


いつもの食卓に一手間かけて♪

鶏もものサヨーテみぞれあんかけ
Pan grilled Chicken with Grated Sayote sauce

●材料 (2人前)

鶏もも肉....................................................................300g
サヨーテ.......................................................................1個
人参..............................................................................20g
ほうれん草..................................................................20g
椎茸...............................................................................1個
チキンキューブ........................................................1/2個
水溶き片栗粉.............................................................. 適量
油.........................................................................(. 調理用)



●調理ポイント

今回はフィリピンの野菜売り場でよく見かけるサヨーテを大根に見立て、みぞれあんを作ってみました。サヨーテ自体はウリ科なので大根と多少風味や食感は違うものの、これはこれで色々と料理に使えそうです。サヨーテはの皮は表面がデコボコで厚めですが、ピーラーを使えばきれいに剥くことができます。水分が多いので、調理時よく水を飛ばすように調理してください。

 

● 手順

フライパンに油を敷き、鶏肉を皮目から焼いていく

  あまり動かさず、焼き目がついたらひっくり返して裏側も火を通していく

火が入ったら皮を剥いてすりおろしたサヨーテを入れる

人参、椎茸、ほうれん草、チキンキューブも入れ、一煮立ちさせる

水溶き片栗粉を入れ、丁度良い具合にとろみがついたら器に盛り付け完成

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Sayote....................................................................... 1pcs
Carrot..........................................................................20g
Spinach.......................................................................20g
Shiitake mushroom............................................... 1pcs
Chicken cube............................................... 1/2 potion
Starch and Water
Cooking Oil

● STEPS

Pan grill Chicken starting from skin part.( Do not move much until make brown)

After got brown, turn round and cook again.

Put grated Sayote.( without skin and seeds)

Put sliced Carrot, Shiitake, Spinach and Chicken cube.

Cook few minutes, then after put Starch and water to make tick sauce.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
さっぱりシャキシャキ♫暑い日が続き、食欲も減退してきてはいませんか?  今回はそんな日にぴったりの、栄養たっぷりグリーンパパイヤ使ったさっぱり食べられるレシピをご紹介します!
みんな大好き、ほっこり一品♪ 揚げ出し豆腐。 今回は家庭料理の定番食材「豆腐」を使った揚げ出し豆腐のご紹介です。
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。今回はフィリピンでモデル活動をしている友達の佐和空彌(さわくうや)くんがラグーナにオムライス屋を出店したということで行ってきました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!モールで買い物していたらワゴンセールをやっていて見たことがないものがあったのでそれを紹介します!今回は第1弾として正式な名前は分かりませんが、眉毛整え道具で8種類の眉毛が作れるという優れものです!
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
真のグローバル化を掲げ、キャラクター、エンターテイメントビジネスで世界のリーディングカンパニーを目指す。バンダイフィリピンの社長、石井敦樹さんにお話をお聞きしました。
The Manila Southwoods G&C。頭にManilaと付きますが実際のロケーションはマニラ市内から30分ほど南下したSLEX Southwoods出口付近。MastersとLegendsの2コース計36ホールからなるゴルフ場で、マニラ近郊の他ゴルフ場に比べてアップダウンの少ない平坦なコース設定。
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。
2016年にミライフィリピンの社長に就任した本永修さん。アパレル業界での仕入れや販売を経て、未来樹脂に転職。新規事業としてリサイクル材を使用した梱包、輸送用資材の開発に携わり、フィリピンで事業拡大を進める。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel