ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.1 / 上小牧拓馬さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.1 / 上小牧拓馬さん
広告
広告





フィリピンの人材紹介業
Reeracoen ネオキャリアグループ

代表 上小牧拓馬さん
1989年8月5日生まれ
在比歴 8ヶ月 恋人いない歴 2年
普段のランチ: オフィスの前の弁当屋で購入(平均予算は90ペソ)



お仕事の内容について

人材ビジネスをこの国で立ち上げるため、既に日本やインドネシア、ベトナムで事業を展開しているネオキャリアグループの関連会社代表として来ました。現在は、人材紹介会社Reeracoenの代表として、会社全体のマネージメントはもちろん、登記、経理、人事、営業、広報もやります。全部、僕がマネージャーという状況です。




    

     フィリピンに来たきっかけは?

新卒で入社したネオキャリアで、西澤社長が海外展開を検討しているといった話を聞いたときに、僕も興味が出始めました。一方的に指示されたのではなく、僕と社長の頭にフィリピン進出の思いがあり、それが合致したという感じです。



    

     英語はどうやって身につけた?

学生時代に約16カ国をバックパッカーとして周遊した経験があり、自然と英語が身につきました。フィリピンは2014年に仕事で来たのが初めて。暑くてジャングルみたいで、生活がしづらい、街中にきれいなインコが飛び交っているような場所かなと思っていたら、ものすごいイケてる、発展している。来るまではすごく不安だったんですけど、来てからこれ絶対やれるな、チャンスあるなって思いました。



    

     苦労する点は?

予想外に日本人とフィリピン人が似ていること。例えば「お客様のところに面接に行ってくださいね」って求職者を連れていきます。タイだと「明後日行くの嫌だ、行かない!」って断るんですよ。でもフィリピンでは言ってくれないんです。「On the way(今向かっている途中です)」とかって言うんです。そうすると、約束時間を過ぎてお客様から「予定してた面接者、来てないけど大丈夫?」って言われて謝りに行って。嫌とは言えないシャイな感じというか。その気質は日本流というか。今は面接30分前にうちの会社に来てもらって推薦書を渡して、取りに来ない人はキャンセルにしますというシステムを作って解決しました。

あと、自分の経歴を良く見せようと嘘をついちゃうところ。フィリピンだけですよね、メディカルクリアランス(健康診断書)やポリスクリアランス(無犯罪証明書)を要求して正社員にするって。

そして、係数感覚がほかの国と比べて低い。算数が弱いんですよね。営業の売り上げを計上しなきゃいけないときに違う数字がぽろっと出てきたりしまいます。



    

     仕事のやりがい

フィリピンって、今失業率が7.3%で東南アジアは一番高い。求人倍率30倍で、企業側はやりたいことがいっぱいあるのに求職者が付いてこないっていう人材マーケット。その国で人材紹介をして、紹介した求職者さんが入社してから1か月後に求職者さんや企業さんに連絡するんですけど、その時に「おかげさまですごく頑張ってくれててうちの会社も右肩上がりでうまくいってます。」っていう声を聞いたときに、やっててよかったなって思いますね。



    

     フィリピン人採用のコツは?

僕が一番大事にしているところは素直さですね。自分で自分の失敗に気付けるだとか謝ることができる、そういう子はやっぱり採りますね。そういう子って一緒に仕事していてもすぐに僕が注意する前に自分の失敗に気付いて変えていけることができるので。そういう人は信頼できますよね。



    

     休日の過ごし方

プライベートはほぼないです(笑)。時間のあるときは休日にマーケットに行って、ビールをひっかけて、そのままサウナでガッと汗を流しているくらいでしょうか。あとは部屋の掃除。きれい好きなんです。



    

     尊敬する人

ネオキャリアの西澤社長。身内なのであまり言わないようにしているんですが、一緒に仕事する人の中で一番尊敬していますね。熱血って感じではないんですが、仕事のレベルがすごい。色々な案件がある中ですごく細かい部分まで覚えている。一週間くらい前に話した小さい話を「上小牧君、あれどうなったの」「あそこはどういう風にするって判断したの」とか、がんがん来て、すごくつめられたりしました。今はやっと事前に準備して、答えられるようになりました。



    

     これからのキャリア

やっぱり西澤社長をすごいなって思っているうちは、僕は起業してもだめだなって思っているんで。今はやっぱり人材紹介会社ナンバーワンですね、フィリピンで。何なら今期中にでもやりたい気持ちでいます。今後、世界的に人材供給の拠点になっていく国だとは思うので。早くそのようなフィリピンを作るためにも、まずはうちがナンバーワンを目指しますね。





    

     カバンの中身拝見

ノートPC、会社資料、手帳は必須。エナジードリンクコブラも多いときは二本カバンに入っています。手紙は日本にいた頃の同僚からフィリピン転勤前にもらったもの。ふとした時に読み返しては元気をもらってます!

広告
広告
広告

働く人図鑑

自分の営業担当エリアであるマカティやバタンガスに行き、お取引のある企業に対して航空運賃のご説明やキャンペーンのご紹介などを行っています。
主に楽天・ヤフー・Amazonなどのサイト内での販売促進で、サイトのアップデートや商品の更新、イベントのプロモーションなどを企画運営しています。
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。

その他

今回は「〜Kami ay pumunta sa kamay ni Hesus〜 私たちはカマイニヘスースに行きました」です。マニラからバスとジープニーで約5時間Quezon provinceのLucbanというところにある場所です!
みなさん、こんにちは! HPN3の堀越です。突然ですが、僕は野球が大好きです。 見るのもプレーするのも好きです。 そんな野球好きは日本にはたくさんいます。
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
今回僕達はフィリピンのルソン島の北にある、バギオという所に行ってきました! マニラからだとクバオからバスで 値段450ペソ、6時間位です。 車だともう少し早いかもしれません。 バギオは山の上ということもあり、マニラに比べるととても涼しい所でした。
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
特許侵害事件で賠償金90億円って本当なの? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
今回はパサイにある「upsidedown museum」に行ってきました! ここには様々なトリックアートがあり。 子供から大人まで楽しめます。 日本だとみんな照れながら遊びそうですが フィリピンでは子供も大人も大はしゃぎで遊んでいました!
『フィリピンの相続とは?』
今回はビジネスの話を離れて、フィリピンでの相続の制度はどのようになっているのかについてお話しさせていただきます。
日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel