ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.3 / 川江 知裕さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.3 / 川江 知裕さん
広告
広告





フィリピンのBPO
Gulliver Integrated Outsourcing Inc.

マーケティングマネージャー 川江 知裕さん
1986年9月12日生まれ 28歳
在比歴 1年9か月 既婚
普段のランチ:スカイプラザのフードコート(平均予算80~100ペソ)



お仕事の内容について

ネットショッピングのマーケティングを行っています。主に楽天・ヤフー・Amazonなどのサイト内での販売促進で、サイトのアップデートや商品の更新、イベントのプロモーションなどを企画運営しています。また、当店の販売する商品の競合価格チェック、在庫の管理なども行っています。




    

     フィリピンに来たきっかけは?

4~5年前にプライベート旅行でセブに行ったのがきっかけです。海はきれいだし、フィリピン人も温かいので、とても気に入りました。またその頃多くのテレビ番組で東南アジアの特集が組まれておりフィリピンの成長を知り、この国の可能性を感じました。そのようなところで、仕事もプライベートも充実できたら、すごく楽しいだろうとそのとき思いました。今でもセブのスミロン島やマクタン島にはよく行っています。



    

     仕事の好きなところ

ECサイトはリアル店舗と違い、商品のラインナップやレイアウトをすぐに反映できるところが好きです。接客はできませんが、その分自分の思うようにサイトを構築できます。デザインを考え、見せ方を工夫するだけで売り上げが数字としてすぐに反映され、良し悪しがわかります。売り上げが良くない場合は、プロモーションの効果などその理由をとことん追求します。他にも「アクセス数はどうか」、「サイトの転換率はどうだ」とか。もともと理系だったので、数字を追っていくことは楽しいです。

また、自分の好きな商品を取り扱うことができるのも魅力の一つです。私は「Bodum(ボダム)」というブランドのグラスが大好きで、実際に当店のサイトでも販売しております。このグラスは、二重のグラスなので、結露せず、熱くならない。そして軽いという特徴を持っています。それを販売してみて、使用する人に商品の魅力を実感していただけていると思うととても楽しいです。



    

     海外で働く際に求められるスキル

英語はできた方がいいと思います。他には、言葉だけでは伝えきれない微妙なニュアンスを伝えることができる能力。また、日本人とフィリピン人は考え方が違うからと言って、そこを知らぬ存ぜぬではだめだと思います。歩み寄ることが大切です。



    

     日本でやっておけばよかったこと

日本にいる際に、もっと現地を知っておけばよかったと思いました。家を借りるルールにしても、家賃3か月分の前払金が必要とは知りませんでした。自分の生活範囲のことを知っておかなければいけないと感じました。

その他に歯や目、悪いところは治しておいた方がいいと思います。こちらのお医者さんはどうしても不安になります。それは、うまく症状が伝えられるかわからないからです。「歯は抜きたくないからあまり目立たないように削って蓋をしてほしい!」ってなかなか言えないですよね。



    

     休日の過ごし方

洗濯や部屋の片づけ、スーパーへの買い出しなどで過ごしています。また、映画もよく見に行きますね、日本より2ヶ月くらい先に上映されるので「もう見たよ!」などとつい友人に自慢してしまいます。



    

     毎日欠かさず行うこと

「戸締り用心火の用心」といいますが特に戸締りです。戸締りだけはちゃんとしています。不安なのでカギを締めたか分からない時は、走って確認に戻ります。



    

     フィリピンでの失敗談

グリーンマンゴーの味を知らずにいっぱい買ってしまったこと。ります。



    

     フィリピンに来てよかったことは

一年中夏のような気候なので厚着をしなくて済むことです。また、フィリピン人の明るく、やさしい性格に癒されます。会社にあるガラス製のドアに気付かず頭をぶつけてしまった時も、フィリピン人スタッフは本気で心配してくれました。



    

     尊敬する人

尊敬する人はたくさんいますが、その中でも弊社の社長を一番尊敬しています。常に笑顔を絶やさず、とても前向きな方です。「無理」という言葉を使わず、どうしたらできるかを考え、アイデアを出しているところを尊敬しています。また、社員との距離も近く新人のスタッフにも時間を作り叱咤激励してくれます。



    

     成長したこと

日本にいた頃よりも業務の幅が広がったと思います。いろいろ仕事を任されていることに成長を感じています。そして、自分で決断することも増え、結果もついてきているように思います。また、結果だけを見るのではなく、その過程のプロセスを重要視できるようになったのも、成長したと感じる点です。





    

     カバンの中身拝見

ほとんどがオフィス内での仕事になるので、PC用の眼鏡を使用しています。また、自分の好きなコーヒーを飲むためにコーヒーの粉を持参しています。

    

     これからのキャリア

「カッコよく」なりたいです。自分の中で「カッコよく」とは、やりたいことをしっかりとできる人。そのためには、自分自身ですべてを選択すること。二択でもいいので自分にとって最善の選択をする。相手の選択に身をゆだねるのではなく、自分で選択し周りの人に左右されない。相手のアドバイスはあっても、最後に決めるのは自分なので。

そして、いい経験は顔に出てくると思います。怒ったり、笑ったり真剣になったりと顔の表情を豊かにし、顔の深みを増していきたいです。



広告
広告
広告

働く人図鑑

マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
自分の営業担当エリアであるマカティやバタンガスに行き、お取引のある企業に対して航空運賃のご説明やキャンペーンのご紹介などを行っています。

その他

『フィリピンでの労働紛争の解決手続はどうなっている?』今回は再びビジネスの話に戻り、フィリピン人を雇用したところ、給与の支払いや解雇など、様々な労働問題でもめてしまい……
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
みなさん、こんにちは。HPN3 の堀越、田中、井上です!HPN3の堀越は今、東南アジア最大のスラム街とも言われるトンド地区にホームステイさせてもらっています。なので今回はそのトンド地区のオシャレなピザカフェを紹介したいと思います。
日本だけでなくアジアを中心に人と物の交流に貢献し、お客さまへのサービス充実に努力する。そんな想いを持つ「日本航空株式会社」マニラ支店長の石田和宏さんにお話を伺いました。
今回はフィリピンのジャンクフードを紹介します!フィリピン人に「お菓子買ってきて」とお願いして実際に買って来てもらったものを紹介します!なので今回はオススメお菓子を紹介する訳ではありません。普段フィリピン人が食べているであろうお菓子を紹介します!
都心部であるTaguigに立地するPublicコース。Navy, Villiamorなどと軍隊が運営するコースと雰囲気は似ています。9ホールでパー33の設定。距離の短いコースです。練習場も併設されており、パッティンググリーンやバンカー練習場もあります。
真のグローバル化を掲げ、キャラクター、エンターテイメントビジネスで世界のリーディングカンパニーを目指す。バンダイフィリピンの社長、石井敦樹さんにお話をお聞きしました。
『フィリピンで交通事故にあったらどうするの?』 今回はフィリピンで車に乗っていて事故にあったときの手続等についてお話しさせていただきます。
今回は「釣った魚を食べてみよう!」です。いつもは、釣った魚はリリースするか現地の人に上げたりしていますが、今回は食べてみる事にしました!釣りをした場所は以前何回か紹介した、スターシティーの近くのマニラ湾です。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel