ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.4 / 平野隼斗さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.4 / 平野隼斗さん
広告
広告






フィリピンの飲食店
横浜ミートキッチン

レストランマネージャー 平野隼斗さん
1981年8月25日生まれ
在比歴 半年 独身
普段のランチ:お店のまかない (平均予算100ペソ)



お仕事の内容について

マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。次に顧客の管理。常連のお客様は必ず覚えます。今後は電子ポイントカードを実施して、情報管理やお店からの発信、お客様との交友イベントなどに活用していきたいと思っています。そして宣伝活動。まだまだ知名度が高くないと思うので、色々と積極的に!




    

     フィリピンに来たきっかけ

社長と昔からの知り合いで、以前バーテンダーとして働いていたレストランによく来てくれていたんですね。そこで、「今度フィリピンで事業をやるから、一緒にやらないか」と誘われたのがきっかけです。以前の会社を辞める予定があったので、それに合わせて言ってくれたのかなと思います。「おもしろそうですね!」と即答でした。フィリピンでなくても、どこの国でも行ったと思いますね。海外で働くことは自分のキャリアアップにもなると思っていたので。「楽しそう!」それだけです。



    

     フィリピンのここが好き!

フィリピン人スタッフのあたたかさですね。すごく親身になってくれますよ。言語があまりできない分、身振り手振りで必死に伝えようとするんですが、フィリピン人も必死になってそれを理解してくれようとするんです。それに、リスペクトがある人に対しての態度もはっきりしていますね。楽しむ時は全力で楽しむところも好きです。(笑)  こういったあたたかさは、日本もないわけではないですが、忘れてしまっている人が多いのでは?



    

     海外で働く際に求められるスキル

言語以外なら、笑顔とコミュニケーション。言語を話せるに越したことはないですが、まずは自分という人間を分かってもらうこと。僕はもともと人と話すのが好きなので、人を見ながら話し方を考えて変えています。



    

     日本でやっておけばよかったこと

特に無いです。実は、もともと準備をあまりしないタイプなんですよ。(笑) だからほとんど準備はしてないんです。今までやってきたバックボーンを最大限活かす感じです。話を聞いても自分で見ないとわからないですしね。



    

     休日の過ごし方

外でお酒を飲んだり、1人でバー巡りをしたりしています。常に刺激あるものを探していたくて、いいなと思ったレストランは書き留めてます。あと、音楽を聞きますね。中学生の頃からブラックミュージックが好きなんですが、最近は直感的に「かっこいいな」と思った音楽を幅広く聞いています。



    

     フィリピンでの失敗談

始めの頃、材料をどのくらい発注すればいいのか分からなくて、バナナリーフを20kgも頼んじゃったんですよ。そしたらものすごい量が来て「なんだこれは!?」と。半分以上捨ててしまいましたね…。今は300gで注文してます。(笑)



    

     尊敬する人

本当に多いですよ。刺激を与えてくれる人は全員尊敬しています。特に、社長。自分より上の世代ですが、刺激をまだまだ求めているんです。安定よりも新しいことやっていきたいという向上心があって。社長はそれをどう実現していくかもよく考えているし、構想を人に伝えるタイミングも的確なのですごく勉強になります。自分はまだまだだな、と刺激をもらえますね。



    

     人生のモットー

「やるなら、今しかない。」やろうと思った時にやらなかったら自分自身が後悔しますよね。もし失敗したとしてもいい経験だと思うので、とにかく一回動いてみるべきだと思っています。



    

     これからの目標

横浜ミートキッチンとしては、5年以内に3店舗出店して、他国(ASEAN)にも進出したいです。日本にも逆輸入できたらいいなと思います。イメージはもうできているので、そのイメージを実現していくところですね。最終目標は、自分のバーをもつこと。バーで1番大切なのは「人と話すこと」ですから、そのキャパシティーを今広げられていると思います。





    

     カバンの中身拝見

はい、正露丸常備です(笑) もし、お腹が痛いときに街中で僕に会ったら「正露丸ください!」と声をかけてください。いつでもあげられます。(笑)

広告
広告
広告

働く人図鑑

「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
主に楽天・ヤフー・Amazonなどのサイト内での販売促進で、サイトのアップデートや商品の更新、イベントのプロモーションなどを企画運営しています。

その他

「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
今回僕たちはパシグリバーフェリーに乗ってきました。 パシグ川といえばゴミが多く、水も汚い、そしてなんといっても臭いが強烈なイメージです。実際にパシグリバーフェリーも臭いなどの理由から運行、運休を繰り返しているそうです。運休させるほどの臭いとは一体どのようなものか!を確かめに僕たちは行ってきました。
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。
フィリピンの街中にはサリサリストアというお店が至るところにあります。 サリサリストアの向かいにサリサリストア。 その横にサリサリストア。 そのすぐ隣にもサリサリストア。 なんて事もざらにあります。
常夏フィリピンではお天気に無頓着だけれど、日本では毎朝天気予報をチェックするという人も多いはず。お天気によって左右される私たちの行動パターンは実は経済に深く関わっています。日頃あまり意識しないお天気と経済の関係を専門的な見地から語ってくれた興梠さん。ヨットマンから気象の世界への転身を経て今後目指す道とは?
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
皆さんこんにちは!ハポンスリーの井上です! 今回お仕事で日本に帰らせて頂いたので 僕の出身地広島にある平和公園を紹介したいと思います。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel