ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑Vol.16 / 関 悠里

フィリピンで働く人図鑑Vol.16 / 関 悠里
広告
広告

ogawaayaka15

これから進出する日系企業をサポート フィリピンの今を伝える
JETRO Manila

関 悠里さん (セキ ユウリ)
1985年7月31日生まれ
出身地 埼玉県所沢市
在比歴 11ヶ月
ランチの予算/場所:自炊しているので0ペソ/オフィス

 

お仕事の内容について

JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。またフィリピンは外資規制があるので、それを考慮してアドバイスをしています。しっかり歴史を知った上で今のフィリピンを伝える必要性を感じますので、多くの方にお話を伺うようにしたいと考えています。

 

フィリピンに来たきっかけは?

 

 入社して、まず東京の本部で勤務しました。その後、地方勤務として、私の場合は静岡の事務所に約3年半おりました。浜松にはスズキやヤマハ発動機などの有名メーカーがあります。その他にも様々な企業があり、アジアを目指しているところが多かったです。そのような企業の方々と接する中で、これから海外に行くならアジアが良いなと思うようになりました。静岡はとても住み良い街ですし、頑張る中小企業さんを静岡に残って応援したい気持ちもあったので離れるときは辛かったです。
その後は東京に戻り、ASEAN担当の部署で勤務しておりました。そのとき、フィリピンに行ってみないかと言われまして、実はフィリピンは自分にとってサプライズでした。仕事で多少係ることがあっても、旅行でも訪れたことがなかった国だったので、正直、危ないというイメージしか持っていませんでした。その頃、実は海外に行かないという選択肢もありました。駐在のタイミングに関して、特に女性は悩むと思います。私は来た話は何でも引き受けてみたら世界が広がるだろうか、仕事をずっと続けていたいかどうか、などとひたすら自己分析をしました(笑)。多くの方にお話を聞いて、最終的には「海と太陽と、美味しい果物がある!」ということを支えにフィリピン行きを決めました。

 

    

     フィリピンの好きなところ

 

 フィリピン人が根気強く話を聞いてくれるところですね。難しい注文を出しても、説明が長くても、遮らず辛抱強く聞いて理解してくれます。それから話がしやすいですよね。歳の近いスタッフは彼氏の話まで詳しく教えてくれます(笑)。

 

    

     海外で働く際に求められるスキル

 

 日本人は先々のことを深く考えてしまいますが、考え過ぎないことです。日本だと10まで終わる仕事が、ここでは6くらいしかできないことがあります。そのようなときでも「6できたから良かった」、「今日はこういう日なんだ」と発想の転換をすることが大事です。目の前のことを解決できれば良し、と思える感覚が必要ですね。正直、私も訓練中です(笑)。

 

    

     フィリピンへ来る前に日本でやっておけばよかったこと

 

 もともと観光業に興味があったので、東京オリンピックに向けて日本をPRするための通訳案内士になりたいと思い、日本にいるときに日本史を学び始めていました。資格を取れれば、土日に海外の方を観光地に案内できるというものです。そのための日本史の本を読み始めたところで駐在の話が来ましたので、時間があったらもっと深堀したかったです。こちらに来てからも、フィリピンと日本の間の戦争のこと、そこからどうやって2つの国が再び仲良くなっていったのかなど知りたいと思い、コレヒドール島はじめ、フィリピンでの仲間と一緒に色んなところに出かけます。

 

    

     プライベートの過ごし方

 

 食材を買い出しして、料理を作りおきしたりしています。日本から友達が遊びに来てくれるときは、ここぞとばかりに一人ではいけない場所に遠出してダイビングやシュノーケルを楽しみます。一方、最近、日本が恋しくなってきたので、日本のテレビドラマを観たりもしています。

 

    

     フィリピンに来てやってしまった!な失敗談や面白話

 

 部屋は綺麗にしているのに、あの虫が…。虫がすごく苦手なんです。私がいないときに、コンドミニアムの管理人に水回りの修理をお願いしたことがありました。その日のうちにテキストが送られてきて、「Cockroach”es”を駆除するために、ペストコントロールをお勧めします。」と・・・・。”es”って、一匹だけじゃなくて複数いたんだ!と、すごくショックでした。今でもビクビクしながら生活しています(笑)。

 

    

     尊敬する人は?

 

 静岡で仕事をしているときに出会った方で、浜松市の三ヶ日町でみかんのペーストを作っている社長さんです。みかんで町興しをしようということで、みかんを使った商品を海外に輸出したいとご相談いただきました。ペーストにすればお菓子やパンに使え、商品の幅が広がります。三ヶ日みかんハイボールなども世に送り出されました。どうすれば町が元気になるかを真剣に考えている真っ直ぐな人で、会うたびにパワーをもらいます。

 

    

     人生のモットーは?

 

 「きっと楽しい」です。不安だったり難しそうなことでも「きっと楽しいだろうな」と思って取り組むようにしています。

 

    

     今までの中で一番成長を感じたこと

 

 イライラすることが少なくなりました。ドライバーが道を間違えても「生きてたどり着けたから良し」と考えられるようになりました(が、やっぱりイライラすることも・・・)。

 

    

     これからの目標

 

 せっかくフィリピンに来られたので、ずっとフィリピンと接点を持ち続けながら仕事をしたいです。仕事もプライベートも、二つは切り離せないので、両方大事にして楽しむことが目標です。

 

    

     カバンの中身拝見

 

 薦められた『炎熱商人』と『バギオの虹』は、日本人会図書館で借りて読んでいます。お腹が減ったとき用にドライフルーツを携帯しています。ジャンクなものにならないよう気をつけています。それから、リラックスできるアロマオイルが好きなので、自分で調合したものを持ち歩いています。

 

 

 

これからフィリピンで働こうと思っている人へのメッセージ

 

「なんて良い国なんだろう」と思うのでぜひ来てみてほしいです。みんな明るくて、職場でもクリスマスパーティーやアウティングなどでワイワイとしているので寂しくならないと思いますよ。フィリピン人はなぜかグループでつるむと上手く機能しないこともあると思うのですが、一対一で話すと必ず心のこもった反応をしてくれるので感激します。またマニラには女性の日本人駐在員も多く、悩みを共有できるので救われています。フィリピンに来てみて本当に良かったです。

広告
広告
広告

働く人図鑑

26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。

その他

マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
フィリピンには7千以上もの島があります。ただ僕たちはまだマニラのあるルソン島とセブ島しか行ったことがありません。フィリピンに住んでるからには色々な島に行ってみたい!そしてせっかくなので王道のセブやボラカイ、パラワンではなく、まだ僕たちが聞いたことのない島に行ってみよう。そしてなるべく格安で行こう!
『フィリピンの刑事裁判はどう進行するの?』
今回は起訴がされた後にどう進行するのかについてお話しさせていただきます。
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
マニラの観光名所イントラムロスはスペイン統治時代に造られた要塞都市で非常に古い歴史を持つ場所です。その周囲を囲む壁や堀を利用して作られたのがイントラムロスゴルフコース。
特許侵害事件で賠償金90億円って本当なの? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
今回は僕たちが普段お世話になっているフィリピンのテレビ局「abs-cbn」を紹介します。abs-cbnはフィリピンでとても有名なテレビ局です。フィリピンのテレビタレントは各々テレビ局に所属して、そのテレビ局の番組しか出演ができないんです!日本にはない仕組みで、テレビ局専属のタレントになります。
1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel