ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.5 / 佐藤実希子さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.5 / 佐藤実希子さん
広告
広告





フィリピンの旅行会社
H.I.S.(Philippines) Travel Corp.

営業&プランニング職 佐藤実希子さん
1982年10月4日生まれ
在比歴 4年5ヶ月 未婚
普段のランチ:Market! Market! のフードコート(P100~150)



お仕事の内容について

「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。一昨年くらいまではアウトバウンドを担当し、今はインバウンドの仕事をしています。具体的には、ホテルの方との取引や、空室状況・料金の確認、見積もり作成など。インバウンドでは今ボラカイやエルニドが注目されていて、日本以外にもマレーシア、シンガポール、香港、タイなどからフィリピンに来るお客様も多いんですよ。




    

     初めてフィリピンに来たのは?

大学2年のとき、HABITAT(アメリカ発、世界で住宅支援を行う国際NGO)での大学のボランティアサークルの活動を通じてフィリピン・サマール島を訪れたのがきっかけでした。サマール島では、HABITATの活動とは離れて、子どもの教育を中心として活動しました。幼稚園の校庭を整地して裸足でも遊べるようにしたり、ごみを捨てることをお芝居を通して教えたり。図書館を作成したり。



    

     当時の印象

最初マニラに一泊した時は、「何だここは…帰りたい」と思ったんですけど、サマール島では人々が本当に気さくで、知らない人でも友達のように話しかけてくれたんです。特に子どもたちの笑顔はとても印象的でした。大学時代って、自分自身のことで煮詰まったり、考え込む時期ですよね。でも、フィリピンで、貧しい生活を強いられている状況でも、笑って楽しんでいる人々の姿を見て「もっと自分らしくいられればいいのかな」と思えたんです。それ以来、自分探しをするようによく来るようになって、大学時は1年に2~3回来ていました。フィリピンが元気にしてくれたと思ってます。



    

     フィリピンで働くきっかけ

小さい頃から、英語や海外というワードに関心があったので、いつか海外で働きたいという思いは漠然とありました。大学を卒業してから3年間は東京でIT関係の仕事をしていたんですが、その時も日本で3年がんばったら海外で働こうと思っていたんです。その後、知人を通して今の会社を紹介してもらいました。



    

     仕事の好きなところ

自分の好きな土地の「イイ!」ところを伝えられるところ。日本の支社がマニラを紹介するフリーペーパーを発行しているんですが、そこで「私だったらこうマニラを楽しむ!」というマニラのおすすめを紹介できて、自分の撮った写真も誌面に載ったときは嬉しかったです!あとは、自分の作ったツアーやプランが実際に商品になって、お客さんに楽しんでもらっているのを見られるところ。以前に比べてフィリピンに来る人の層の変化(若年層が増えた)に気づいたときも、ちょっと貢献できてるのかな!?って嬉しかったですね。



    

     海外で働く際に求められるスキル

パフォーマンス力。日本では、誰かよりも目立つことがダメで、標準を良しとする風潮がありませんか?でも、海外では自分のユニークさをアピールできないと、「あいつおもしろくない」とみられます。その点、フィリピン人はすごいですよね。例えば、「歌って」って無茶ぶりしても、全力で歌い返してくる(笑)。普段は真面目な経理さんも、クリスマスパーティーではダンスとか手品とか、何かしらの特技を全力で披露してくれます。



    

     これだけは言っておきたい!

フィリピンでは、怒ると負けます。関係性が一気に悪くなってもう自分に対して仕事をしてくれなくなるんですよね。H.I.S.も日本の会社ですが、ここはフィリピンだから、フィリピンで仕事を「させてもらってる」って事は忘れちゃいけないなと思いますね。



    

     尊敬する人

母親と、映画のフォレスト・ガンプ。母親は、苦難があってもずっと涙を流さずフォレスト・ガンプのように走り続けてきた人なんです。「人生はチョコレートの箱。開けてみるまで中身はわからない」って。



    

     人生のモットー

笑顔!辛いときや怒りがこみ上げてくるようなときに、そのムードが伝わると周りの人も嫌な気持ちにさせてしまって、仕事の士気が全体的に落ちてしまいます。逆に、自分が笑顔にしていれば、仕事もスムーズにいくのかなと思います。私も、仕事を楽しんでるフィリピン人のスタッフを見て元気をもらうことありますよ。うんざりするくらい電話がかかってきて忙しい状況だったのに、「よっしゃー!電話、来いっ!」って、人一倍笑顔で余裕を見せようとする姿勢には、なんて仕事を楽しんでいるんだろうと、、、スタッフを見て関心しました(笑)。



    

     これからの目標

旅行業に携わりながら、フィリピンと日本の魅力をお互いの国に広める仕事をしていきたいですね。もっと大きなプロジェクトで。今、日本へ観光に行くフィリピン人がすごく増えていて、その逆の、日本人がフィリピンに訪問する人数も今後5~10年でもっと増えていくと思っています。





    

     カバンの中身拝見

男梅、買い占めています。大好きなんです!Ollo clipもおすすめですよ。iPhoneに取り付けて使うと、魚眼や、ミクロの写真が撮れて楽しいんです!マニラの「イイ!」・面白いところを常に写真で撮ってます。

広告
広告
広告

働く人図鑑

クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。

その他

フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
The Manila Southwoods G&C。頭にManilaと付きますが実際のロケーションはマニラ市内から30分ほど南下したSLEX Southwoods出口付近。MastersとLegendsの2コース計36ホールからなるゴルフ場で、マニラ近郊の他ゴルフ場に比べてアップダウンの少ない平坦なコース設定。
アイアンの意識はレベルブロー。理想はターフを取らずに、クリーンにボールをとらえることです。でも、ボールを最後までしっかり見ようとする意識が強いと、体が止まって手打ちになる。左肩が上がってあおり打ちになりやすいんです。なので私は、左肩が上がらないように腰と肩を回す意識を持っています。
前回の遺産分割協議の説明の際にもご説明いたしましたが、フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがって遺産分割がなされ、有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel