ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.11 / P&Aグラントソントンさん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.11 / P&Aグラントソントンさん
広告
広告

会計だけじゃない会社経営のオールインワン・パートナー
P&Aグラントソントン

P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。経験豊富な人材を揃え、品質の高い会計サービスの提供を通じて、クライアントから高い評価を受けています。

氏名:伏見 将一 (Shoichi Fushimi)

出身地: 東京都多摩市
来比歴: 2年
業務内容: 全般
ランチの予算と場所:予算300ペソ、グリーンベルト or日本食レストラン orフィリピン人スタッフとローカルフード
以前は何を?: 8年間日本の監査法人で勤務

    

     仕事で求められるスキル

 

    会計事務所の業務、特に会計監査では、公認会計士は独立した立場で監査をすることが求められているため、クライアントの皆様は、会計事 務所との距離を感じている方も多いかと思います。

    一方で、フィリピンの税務上のルールの中には、白・黒はっきりしないグレイなルールも多くあり、会計事務所の視点だけでなく、経営者の視点も加えて、クライアントにアドバイスするということが、強く求められています。

    会社の規模、税務署やPEZAとの関係、親会社のコンプライアンスに対する意識等から、会社が取るべき判断が異なってくることがあるため、会社の状況の理解に努めるとともに、必要に応じて、親会社担当者と直接連絡を取りながら、適切なアドバイスをするように心がけています。

氏名 :川原田麻美 (Asami Kawaharada Remedio)

出身地: 神奈川県横須賀市
来比歴: 9年
業務内容: 税務(会社設立、租税条約適用等)、アドバイザリー、マーケティング
ランチの予算と場所:300~500ペソ前後、 マカティ レガスピビレッジ近辺
以前は何を?: フィリピン国内で法人営業を5年程

    

     フィリピン人スタッフとの連携

 

    日系のクライアントが期待する柔軟かつスピーディーな対応にフィリピン人スタッフが充分に応えられないときもあります

    日本人とフィリピン人の考え方や、時間の感覚が異なるのは当たり前ですので、コミュニケーション量を多くして、そのギャップを埋める努力しています。

    具体的には業務内容やスケジュールに関して、クライアントの日本人マネジメント、フィリピン人スタッフ、私達、日本人スタッフ、フィリピン人スタッフの4者で協議、合意した上で、業務をスタートします。その後の業務の進捗を日本人スタッフが随時管理するとともに、必要に応じて、日本人スタッフが直接手を動かして業務に参加しています。また、業務完了の段階では、発見された論点の解説等の報告を行うため、再度4者でのミーティングを実施しています。

氏名:松下周平 (Shuhei Matsushita)

出身地: 兵庫県明石市
来比歴: 2ヶ月
業務内容: 監査、アウトソーシング
ランチの予算と場所:150ペソ、自宅もしくはファストフード
以前は何を?: 伏見と同じ日本の監査法人で勤務していました。

    

     フィリピンの印象は

 

    フィリピンでは、日本の上場会社でされも適用されていない国際会計基準の適用が求められていたり、税務ルールの改正が頻繁に行われていたり、ほぼ全ての会社が会計監査を受けなければならない等、日本の会計に詳しい私でも、その煩雑さに驚いています。

    一方で、クライアントの窓口となってくださっている日本人マネジメントの方は、日本で経理を専門的に担当されていなかった方や、経理の経験があっても海外の会計基準や税制に明るくない方も多くいらっしゃいます。そのような方にも、会計・税務の論点を理解していただけるように、会計・税務ルールの形式的な説明だけでなく、その趣旨や背景、日本との違い等を踏まえて、わかりやすい説明を心がけていきたいと思います。

 

御社の特徴について教えてください


    P&Aグラントソントンは、フィリピン証券取引所に上場している296社のうち35社の監査を行うほか、フィリピンでトップクラスの会計事務所であり、また、グラントソントンは、グローバルでは6位にランクされる国際会計事務所です。私たちの特徴・強みは、国際基準の「高い品質」、Big4でも、小さな会計事務所でもない、Only oneのユニークな組織規模を生かした「機動力」や「柔軟性」です。

    また、グローバルなサービスが求められる今だからこそ、私たちは、きめ細やかなコミュニケーションや、高いチームワーク力から生まれるマーケットおよびクライアントからの信頼感を大切にしています。もうひとつの特徴としては、価格の面での優位性も挙げられます。イメージとしては、大手事務所のクオリティを中堅事務所の価格で受けられるといったイメージでしょうか。

    P&Aグラントソントンジャパンデスクは、より多くのフィリピンの経営責任者の方々に知って頂く為に、日本語での対応はもちろん、親会社とのコミュニケーションもカバーするような、日本企業が必要としているサービスを充実させることに力を入れています。加えて、クライアント企業の立場にたったアドバイスするように心がけています。

 

 

P&Aグラントンソンのご紹介はこちらから:
http://primer.ph/business/consulting_service/p_and_a_grantthornton/

広告
広告
広告

働く人図鑑

「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。

その他

比国に進出して50年以上、比国をASEAN地域における中核市場として位置づける「ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション」社長の柴田彦三郎さんにお話を伺いました
バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
フィリピンの大人気ビールといえばサンミゲルビール! 常夏のフィリピンで最高の飲み物です。 ただサンミゲルビールといってもたくさん種類があります。 ということで今回僕たちは「利きサンミゲル」をしてみました!
PGA Sompoは日系企業のパートナーとしてフィリピンに進出し四半世紀。小さな市場に60社もの損害保険会社がひしめく群雄割拠の中、近年はローカルを含めた非日系企業にも日本クオリティのサービスを提供して存在感を増しています。市場の潜在性は非常に高く、これからが楽しみな一方、「宵越しの金は持たない」国民性の比人に向け保険の周知活動にも取り組んでいます。
Wack Wack G&CCはマニラゴルフ同様、都心部に位置する名門ゴルフ場。チャンピオンコースでプロトーナメントも開催されるEast Courceと比較的やさしいWest Courceの2コースからなる計36ホールです。36ホール設計のためかマニラゴルフほど都会の箱庭感はないですが、それでも周辺のビル群に囲まれてのプレーは独特の雰囲気で特別感があります。新宿御苑でラウンドしているようなイメージでしょうか。
こんにちは、ハポンスリーの堀越です!ちょっと時期がズレてしまいましたが今回は 「トンドで年越し」です。フィリピン三年目の僕たちは過去二回の年越しは日本でした。三年目の今年、念願のフィリピンでの年越しができました。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
フィリピンの庶民に最も親しまれている日本ブランドと言っても過言ではないヤクルト。ヤクルトレディや今後の展望などについて、小野瀬 祥副社長にお話をお聞きしました。
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel